日本のプレプリント研究 mRNAワクチンの中止を求める

日本のプレプリント研究、血液銀行汚染の恐怖の中、mRNAワクチンの中止を求める

日本のプレプリント研究


医療専門家は、長期間にわたって新型コロナウイルス感染症を経験している人や、mRNAワクチンを含む遺伝子ワクチンの接種者である人の血液製剤を使用した輸血に伴う潜在的なリスクを考慮するよう求められている。この警告は、そのようなワクチンが血液製剤に与える可能性のある未知の影響と、それに伴う健康リスクの可能性に対する懸念が高まる中で出されたものである。


旭川医科大学(北海道)の上田淳氏率いる研究チームが今月初めにPreprints.orgで発表した画期的な研究は、遺伝子組み換え型の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン接種を受けたドナーからの輸血の安全性について世界的な議論を巻き起こした。ワクチン。


世界保健機関は2020年3月にコロナウイルスのパンデミックを宣言し、前例のない世界的なワクチン接種の取り組みにつながった。このワクチンは、SARS-CoV-2ウイルスと戦うように設計されており、スパイクタンパク質をコードする修飾mRNAを利用して免疫応答を誘発する。


これらのワクチンはパンデミックの制御に重要な役割を果たしてきましたが、新たな証拠は、輸血の安全性に影響を与える可能性のあるワクチン接種後の潜在的な合併症を示唆しています。


論文では「スパイクオパシー」と説明されているこの理論は、輸血中にスパイクタンパク質が存在すると、血栓症(血栓)、心血管疾患、複数の臓器に影響を及ぼすさまざまな全身疾患など、さまざまな健康上の問題を引き起こす可能性があると主張している。


この研究は既存の文献を注意深くレビューし、ワクチン接種者の血流におけるmRNAや脂質ナノ粒子(LNP)などのワクチン成分の残留など、ワクチン接種後の現象について報告している。


これらの成分がドナーの血液中に残るだけでなく、輸血を通じてレシピエントにも伝わり、予期せぬ健康被害を引き起こす可能性があるという懸念が浮き彫りになっている。



ゼロ・ヘッジは次のように報告した

ワクチン接種を繰り返すと、人々が新型コロナウイルス感染症に対してより脆弱になる可能性があると同報告書は述べた。血液にスパイクタンパク質が含まれている場合、投与前にこれらのタンパク質を除去する必要があるが、現在そのような技術は利用できないと著者らは書いている。


当初の予想に反して、遺伝子ワクチンの遺伝子とタンパク質はワクチン接種者の血液中に「長期間」残留することが判明した。


さらに、「遺伝子ワクチンに起因するさまざまな有害事象が現在、世界中で報告されている。」 これには、血液や血管に関連する幅広い疾患が含まれます。


一部の研究では、mRNAワクチンに含まれるスパイクタンパク質には神経毒性があり、血液脳関門を通過する可能性があると報告されているとレビューでは述べられている。「したがって、遺伝子ワクチンの抗原として使用されるスパイクタンパク質自体が有毒であることには、もはや疑いの余地がありません。」


さらに、mRNAワクチンを複数回接種した人は、短期間に同じ抗原に複数回曝露される可能性があり、 その結果、「その抗原に対する優先的な免疫反応が刷り込まれる」可能性があります。


その結果、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種者は「新型コロナウイルス感染症にかかりやすく」なりました。



この研究では、遺伝子ワクチンが血液製剤に及ぼす影響や、遺伝子ワクチンが引き起こす可能性のある損害に関する包括的なデータが存在しないことを強調し、警戒を高めるよう呼びかけている。


この研究の著者らは、徹底的な害と便益の評価が行われるまで、遺伝子ワクチンを使用したワクチン接種キャンペーンを中止することを強く主張した。


これを考慮して、この研究は、解決策が見つかるまでそのような血液製剤をすべて廃棄することを提案しています。著者らは、デング熱ワクチン接種者から血液を受け取った個人における脳炎の最近の報告との類似点を指摘し、血液製剤を管理する現在のシステムが不十分であることを強調している。



Gateway Punditは以前、アメリカ赤十字社が献血者の新型コロナウイルス感染症ワクチン接種状況に基づいて献血を分けていないことを報じた。


アメリカ 赤十字社のウェブサイトは 、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種後の献血資格に関するFDAのガイダンスに従うと述べ、自らの立場を明確にしている。延期時間は、投与されるワクチンの種類によって異なる場合があります。AstraZeneca、Janssen/J&J、Moderna、Novavax、または Pfizer の不活化ワクチンまたは RNA ベースのワクチンを接種されたドナーは、通常、症状がなく、献血時に体調が良好であれば、延期されません。



しかし、この秘密録音により、赤十字社がワクチン接種状況に基づいて血液を追跡したり分離したりしていないことが明らかになった。これは、輸血を必要とする患者が、知らず知らずのうちにワクチン接種を受けたドナーから血液を受け取る可能性があることを意味する。


赤十字社: 「いいえ。そのため、2年前にワクチンを受けていても、依然として何らかの症状を経験している人もいます。だからこそ、私たちはそれに関して特に尋ねます。たとえば、私は電話を受ける前にドナーが1人いたことがありますが、彼女がワクチンを接種した後、医師は彼女がその後の耳鳴りと直接の相関関係があることを発見することができました。そして私たちはそれを症状として見ています。つまり、何かが異常であり、それが今日まで続いているのです。したがって、彼女には本質的に寄付する資格がありませんでした。だからこそ、どんな種類の症状であっても、私たちは尋ねなければなりません。必ずしも発熱や吐き気などの症状だけに限定されるわけではありません。


9月、ある母親が ゲートウェイ・パンディットに 、生後1か月の乳児が輸血中に「新型コロナウイルスワクチン接種を受けた血液」を投与されたことによる血栓で死亡したと語った。


「彼はワクチン接種の血液を輸血した後に死亡した」とハーツラー氏は主張した。「彼は輸血を受けた直後に血栓を起こしました。抗凝血剤では解決できない血栓です。」


アレクサンダーは、手術でしか治療できない喉の問題を抱えて生まれました。ハーツラーさんは、彼女の息子がワシントン州スポケーンのセイクリッド・ハートの医師から彼女または夫の許可なしに血液を投与されたと主張した。


「彼は生まれつきの喉の問題を解決するために手術を受けました。手術中に輸血は必要なかった。ほとんどの赤ちゃんはそうではありません。」


「その後、私たちの許可が期限切れになった後(手術中の緊急事態の場合にのみ輸血を許可しました)。彼のヘモグロビン値が少し低かったため、医師は彼に輸血を与えました。私たちはこれについて許可を出していませんでしたし、医師は私たちが血栓の心配があるためワクチン接種を望まないことを知っていました。輸血の翌日、彼らは血栓を発見した」とハーツラー氏は語った。


また、 ゲートウェイ・パンディットは 2022年、ニュージーランドの高等裁判所判事が、手術のための「ワクチン接種済みの血液」の輸血を両親が拒否した男児の後見人を求めた保健当局の側に立ったと報じた。


テ・ワトゥ・オラとしても知られるニュージーランド保健局は月曜日、乳児が手術を受けられるよう児童手当法に基づく後見権の譲渡をオークランド高等裁判所に申請した。


両親はニュージーランドの放送局リズ・ガンとのインタビューで、赤ちゃんのウィル君には重度の肺弁狭窄症があり、「すぐにでも」手術が必要だが、「特に医師が使用する血液を心配している」と語った。 。


ワクチン接種を受けていない献血者候補者が20名おり、献血に意欲的だったと伝えられているが、ニュージーランド政府はこれを承認しなかった。


https://www.thegatewaypundit.com/2024/03/japanese-preprint-study-urges-halt-mrna-vaccines-amid/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=japanese-preprint-study-urges-halt-mrna-vaccines-amid