日本の科学者がmRNAワクチン接種者からの輸血に警告

日本の科学者らはプレプリントの中で、mRNAワクチン接種者からの輸血に対して警告し、mRNA新型コロナウイルス感染症ワクチン接種を受けた人々からの輸血にはさまざまな合併症が起こる可能性があると主張している。



mrna


すべての死亡例と重篤な副作用が確認されているにもかかわらず、アメリカ赤十字社は依然として献血者に、mRNA 新型コロナウイルス感染症ワクチン接種を受けたからといって献血ができなくなるわけではないことを知ってもらいたいと考えている。オーキー・ドーキーのファクトチェッカーは、同社のウェブサイトに「本当です:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン接種後に献血できる」と記載されていることを確認した。それに加えて、赤十字社は「新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を受けた人からの献血は輸血に安全である」と主張し、そのウェブサイトで「米国のすべての採血者と同様に、[赤十字社も]輸血を行う必要がある」と述べている。食品医薬品局(FDA)が定めた適格ガイドラインに従うこと。」それは慰めになるように思えるかもしれないが、遺伝子に損傷を与える新型コロナウイルスワクチンについてFDAを信頼することは、FDAのいたずらを誇示する誤った情報キャンペーンであることが判明した。ありがたいことに、日本の専門家は、mRNA 新型コロナウイルス感染症の注射を受けた人から輸血を受ける危険性について非常に懸念しています。2024年3月14日付けのプレプリントで、著者らは次のように警告している。



「これらの遺伝子ワクチンが血液製剤に及ぼす影響や、それによって引き起こされる実際の被害は現時点では不明です。したがって、これらのリスクを回避し、血液汚染のさらなる拡大と状況の複雑化を防ぐために、遺伝子ワクチンによる予防接種キャンペーンを中止し、できるだけ早く害益評価を実施することを強く要望します。


私たちが繰り返し述べてきたように、遺伝子ワクチン接種によって引き起こされる健康被害はすでに非常に深刻であり、リスクを特定し、それらを管理し解決するために、各国と関連機関が協力して具体的な措置を講じる時期が来ています。」



紛争の現時点では、ファイザー・ビオンテックとモデルナが開発した遺伝子注射は「ワクチン」としての資格を持たず、その使用にはジャブ後の血栓症の可能性など、いくつかのリスクが伴うことが広く認められている。心血管合併症、および神経系を含むすべての臓器やシステムに影響を与える幅広い病気。赤十字社が献血者を新型コロナウイルスワクチン接種の状況で分類していないことも周知の事実だ。これらの憂慮すべきデータを考慮すると、遺伝子ワクチン接種者からの輸血には実際に重大な危険が伴うという事実を見落とすのは無責任でしょう。この脅威を無視することは容認できません。mRNAワクチン接種者由来の血液製剤を使用した輸血に伴う重大なリスクを医療専門家に警告するために、研究者らは「遺伝子ワクチン接種者由来の血液製剤の輸血に関する懸念と具体的な対策の提案」と題する記事を発表した。



Cureus ジャーナルに掲載された研究によると、mRNA COVID-19 ワクチンは、命を救ったよりも多くの死者を引き起こしました。



東京医科大学病院、旭川医科大学、京都のMCLコーポレーション、岡村記念病院、東京理科大学、日本のこころ医療法人に関係のあるプレプリントの7人の研究者は、日本の心臓病に関連するさまざまな合併症の可能性があると主張している。 mRNA COVID-19 ワクチン接種を受けた人々からの輸血。防腐処理業者が、刺された人の死体を検査した後、驚くべき発見のリストの中で血液の異常が上位にランクされていることは驚くべきことではありません。記事では次のように言及されていました。




「遺伝子ワクチン接種者由来の血液製剤の輸血による二次被害が発生するかどうかは現時点では不明ですが、医療機関や行政機関が連携して対応、調査する必要があるため、さまざまな可能性を念頭に置いて対応していく必要があります。スパイクタンパク質自体の毒性と、免疫応答に対する LNP および修飾 MRNA の影響は完全には解明されておらず、まだ研究中です。
MRNAワクチン接種者における新型コロナウイルス感染症のPVS(ワクチン接種後症候群)のかなりの部分は、有毒なスパイクタンパク質と、これらのタンパク質内の受容体結合ドメインにプリオン病を誘発する可能性のある構造が含まれていることが原因であることが強調されるべきである。特に憂慮すべきことだ。」



全身に浸透する修飾mRNAと脂質ナノ粒子の免疫応答への影響は「まだ研究中」であると強調した研究者らに感謝する。現在行われている強制的な世界規模の臨床試験によって、ディープステートの詐欺師たちが危険なmRNA技術をいじくり回して、いつか私たちの食品を含むあらゆるものにmRNAを組み込むことを可能にしていることを考えると、その観察は疑いなく真実である。


免疫機能不全は、mRNA COVID-19 注射を受けた人々の血液の使用に関する大きな懸念事項です。遺伝子損傷ワクチンには、免疫インプリンティング、抗体依存性の増強、免疫グロブリンのクラススイッチの変化などの免疫学的影響のリスクがあることは疑いありません。これらの出来事は、その後の感染に対する免疫系の反応に影響を与え、特定のウイルスや自己免疫反応に対する脆弱性を高める可能性があります。興味深いことに、スパイクタンパク質は注射後数か月経っても注射された個人の体内で依然として検出されるため、免疫学的インプリンティングの危険性はおそらく従来のワクチンよりも大きいでしょう。


mRNA注射によって血液が汚染されると、非常に危険な病気のリストに神経学的問題が追加されます。研究者らは、「遺伝子ワクチン接種後に神経症状や精神症状を訴える人が増えている」と指摘した。mRNAのジャブによって生成されるスパイクタンパク質には神経毒性があり、血液脳関門を通過する可能性があるという証拠が増えているにもかかわらず、なぜFDAはこの問題について沈黙を保っているのでしょうか? この恐ろしい事件は、慎重な観察と評価の必要性を明らかに強調しています。



研究者らは、献血前に広範な検査プロトコルを実施することを提唱しているが、これは特定されているリスクを考慮するとすでに導入されているはずである。これらのプロトコルには、悪影響を検出するための免疫マーカー、スパイクタンパク質、ワクチン成分、および潜在的な神経毒性指標のスクリーニングを含める必要があります。mRNA によって汚染された血液の収集、処理、保管、輸血を管理するには、正確な法規制を導入する必要があります。また、そのような血液の使用から生じる問題を監視するための長期的な監視と監視も必要です。研究者は、mRNA遺伝子に損傷を与える免疫関連疾患、輸血、ワクチン接種の危険性について、一般の人々の知識を増やす必要があると断言した。研究者らは、致死性のmRNAワクチンが人類にもたらす複雑な問題と、世界保健機関(WHO)の偏った立場(将来のパンデミックの際により大きな権威を獲得しようとしている)に注目した。


「これまでの薬害とは対照的に、遺伝子ワクチン接種が世界規模で同時にかなりの数の人々に実施されたため、状況はすでに複雑になることが予想されます。これは、コロナウイルスのパンデミックと同様に、あるいはさらに重要なことに、血液製剤の管理に関する二国間および多国間協定を明確に説明する法律や国際条約が緊急に必要であることを意味します。これらの法的枠組みは、血液製剤の取り扱いを管理する規制を明確にし、罰則や禁止を含む、血液製剤に関連する問題や危険に対する政府の補償と対応のための手順を確立する必要があります。たとえば、2005 年の国際保健規則 (IHR) は役立つかもしれませんが、WHO が遺伝子ワクチンを強力に推し進めていることを考えると、別の枠組みが必要になるかもしれません。」