55万人以上のアメリカ人がワクチン接種後に死亡している

55万人以上のアメリカ人が、新型コロナワクチン接種後に死亡している

ピーター・マッカロー博士は、新型コロナワクチンが導入されてから既に18,655人のアメリカ人がワクチン接種後に亡くなっていることがCDCによって証されている。



ワクチン接種会場で亡くなった人を含め、1,150人が接種当日に、1,200人が接種翌日に亡くなっている。



これらのデータは、FDAの証言によると、実際は30倍過小評価されていることから、現在までには55万人以上のアメリカ人がワクチン接種後に亡くなっているのだ。



#新型コロナワクチン #ワクチン禍 #ピーター·マッカロー


新型コロナワクチンは、空前絶後の健康被害。


もうワクチン推進派は、「ワクチンは、より多くの命を救った」と逃げるしかない。

多くの命を救って、これですか? 
— 藤江@日本人、謎の大量死※コロナでは説明できない (@JINKOUZOUKA_jp)

死亡