化学物質の入ってる物それで作られた物一切摂取しません。

支配者層は遺伝子組換えはおろか化学物質の入ってる物またはそれで作られた物は一切摂取しません。👍

人によってはアレルギー検査を受けて体に害がある物も摂取しません。
そして石油由来、人工物質で作られた薬品の摂取しません。


味の素のL-グルタミン酸ナトリウムの様な科学物質
GDH遺伝子の機能
グルタミン酸デヒドロゲナーゼ (GDH) は、 NAD(P) +を NAD(P)H に還元しながら、グルタミン酸のα-ケトグルタル酸およびアンモニアへの可逆的変換を触媒する六量体酵素です。


酵素は、タンパク質のひとつ。 タンパク質というと、肉や魚を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、酵素は、人間の体内で作られるタンパク質です。 
この酵素は、体の中で起こるさまざまな化学反応をスムーズにする役目があります。 そのため、人間にとって不可欠な物質です。


フェニルアラニンをチロシンに代謝するフェニルアラニン水酸化酵素、あるいはその補酵素の先天的な異常が原因で先天性代謝異常 フェニルケトン尿症になる
フェニルケトン尿症( PKU ) は先天的な代謝異常であり、糖尿病や胃腸炎の発生率が 170% 高くなります


インスリン依存性糖尿病
フェニルケトン尿症(PKU)に代表とされるフェニルアラニン(Phe)の代謝経路の障害によって引き起こされる疾患群は、先天性アミノ酸代謝異常症の一種である。
「インスリン依存型(I型)糖尿病」は、ウイルス感染や自己免疫により膵臓が破壊されておきる糖尿病です。



1型糖尿病 1型糖尿病では、膵臓からインスリンがほとんど出なくなる(インスリン分泌低下)ことにより血糖値が高くなります。 生きていくために、注射でインスリンを補う治療が必須となります。 この状態を、インスリン依存状態といいます
糖尿病を患うと、つねに高血糖の状態が続くため、自律神経に悪影響が生じ、血管障害とともに勃起機能が低下します。 また、性的欲求や感度も弱まってしまいます。



クロストリジウム ディフィシルは、不可逆反応を通じて l-グルタミン酸α-ケトグルタル酸に変換するNAD 特異的グルタミン酸デヒドロゲナーゼ (GDH) を生成します。酵素 GDH は、C. ディフィシル関連疾患患者の便サンプルから検出され、C. ディフィシルを検出する診断ツールの 1 つとして機能します


クロストリジウム ディフィシル
difficile感染症(CDI)は, 抗菌薬使用等によって消化管微生物叢が撹乱された状態(dysbiosis)で発症することが多い消化管感染症である。 加齢や基礎疾患などの宿主側因子が発症に影響し, 高齢者での罹患が多い


クロストリジ ウム-ディフィ シル感染症は、 すべての年齢層 で見られます が、65歳以上の 高齢者や免疫機 能が低下している人たちでの発生が多くなりま す

グルタミン酸ナトリウム


つまり味の素のL-グルタミン酸ナトリウムの様な科学物質により様々な病気を引き起こす原因となるスイッチになり抗菌薬などの影響で高齢者は被害に合うリスクが高くなると言う事です。


スーパーなどの店頭に置いてあるアルコールスプレーなども
非常に危険因子です。



抗菌薬
👇

抗菌薬


酵素代謝回転が減少し、レボドパ誘発性ジスキネジア (LID)を引き起こす事にもなるので高齢者は特に注意が必要になる。


ジストニア



現代は子供の頃からコンビニ食品などで化学物質を添加した食品が売れるので食品大手企業は平然とあれやこれやと新商品を開発します。メディアはそんな商品の広告をイメージ良くして、やたら出すので子供まで騙されてしまう。それで子供の頃から糖尿病になったりするのです。



親から離された被災地の子供達は何を喰わされているのか?わからない。今はとても食品が危険です。