うつ病の医薬品は「痴呆症」になる

ニューロン系の処方箋には「痴呆症」になる要素が隠されている


アルツハイマー病など神経疾患の解明の鍵となるか——進むプリオン病の研究

この下の記事を良くご覧になり👇タンパク質がどの様に医師により悪用されて来たのかを
自分からも良く考えるべきなのです。この方は医師ですよね。


人口削減を可能にするために既に知っていた。


ですから食品にも多数のタンパク質が悪用され混入させる事が出来るのです。



人類が経験したもっとも悲惨な病気の1つ「プリオン病」の実態


要するにパプアニューギニアの人肉食で人がタンパク質により痴呆症になる。最後には死ぬ。この事実を知っていれば人口削減は可能です

うつ病の医薬品には「痴呆症」になる薬が処方されている事実を突き止めました。
初期には気分が高揚しますが、いずれ「痴呆症」になる医薬品です。


ミルタゼピン
もしもこの医薬品を処方されていたら危険です。


H302 (100%): 飲み込むと有害 [警告急性毒性、経口]
H336 (100%): 眠気やめまいを引き起こす可能性があります [警告特定標的臓器毒性、単回暴露。麻薬効果】
H361 (30.51%): 生殖能力または胎児に悪影響を与える疑いがある [警告生殖毒性]
H373 (59.32%): 長期または反復暴露により臓器障害を引き起こす可能性がある [警告特定標的臓器毒性、反復暴露]
H411 (33.9%): 長期にわたる影響を伴う水生生物への毒性 [水生環境への有害性、長期的な危険性]

ミルタゼピン

毒性の概要
ミルタザピンは、中央のシナプス前α(2)受容体のアンタゴニストとして作用し、シナプス前神経への負のフィードバックを阻害し、NE放出の増加を引き起こします。


セロ作動性ニューロンに含まれるヘテロ受容体であるアルファ(2)受容体を遮断すると、 5-HTの放出が促進され、 5-HT受容体と5-HT 1受容体の相互作用が増加し、ミルタザピンの抗不安効果に寄与します。
ミルタザピンはまた、5-HT1受容体では弱いアンタゴニストとして作用し、5-HT2(特にサブタイプ2Aおよび2C)および5-HT3受容体では強力なアンタゴニストとして作用する。これらの受容体の遮断により、不安、不眠症、吐き気などの副作用の発生率が低下することが説明される可能性があります。ミルタザピンはまた、H1 受容体に対して顕著な拮抗作用を示し、鎮静をもたらします。ミルタザピンは、NE または5-HTの再取り込みに影響を与えず、ドーパミン作動性受容体およびムスカリン受容体に対して最小限の活性しか持ちません。


健康状態と症状

過剰摂取の症状には、見当識障害、眠気、記憶障害、頻脈などがあります。


人は無料の情報提供を勝手に軽視をしてしまう
特徴があることを私は知っています。


このままですと子供も「痴呆症」になります必ず。
食品に多く使用されている事実を知っています。
なるべく多くの日本人に知らせたいのが願いです。
それにはどうしたら良いのか?


DNAの混入したワクチンが危険だと言っても
打つ人は打ってしまう。
困った世の中だな。子供があぶない