世界的な孔子学院閉鎖からの変貌 CCP スパイ学校

孔子学院が新たな名前で再登場、日本にスパイ学校が既にあった。日本に忍び寄るCCP

CCP



中国政府が資金提供する「孔子学院」として知られる言語文化センターは、連邦捜査局、米国国務省、米国議会、州議会からの圧力を受けて、過去4年間に全米で急速に閉鎖されてきた。中国の大学への影響。


米国に存在した孔子学院118校のうち、104校が2021年末までに閉鎖、または閉鎖中である。


全米学者協会による米国の孔子学院(CI)に関する新たな広範な報告書によると、多くの教育機関が中国政府への返金を余儀なくされ、その額は時には100万ドルを超えることもあったという。米国のキャンパスにあるすべての孔子学院の閉鎖を求める2019年に米国上院が透明性の向上や閉鎖性の向上を求める前に。しかし、同協会が最近発表した報告書「孔子学院のその後:米国の高等教育に対する中国の永続的な影響」によると、


「一度消滅した孔子学院の多くは、その後、別の形で再び出現した」という。さらに、「各機関がCIを閉鎖する際に挙げる最も一般的な理由は、CIを新たな中国パートナーシッププログラムに置き換えるためである」と付け加えた。 米国の教育機関は「中国の大学と新たな姉妹大学協定を結び、廃止された孔子学院をモデルにした『新しい』センターを設立し、孔子学院に資金を提供したのと同じ中国政府機関からの資金提供を受け続けている」と同紙は述べた。




「(104の教育機関のうち)どの大学も孔子学院を完全に閉鎖したと分類できる自信はありません。」


ブランド変更と置き換え


「全体として、中国政府が米国の大学に慎重に働きかけ、孔子学院を維持するか、それができない場合は別の名前で同様のプログラムを再開するよう説得しようとしていることが判明した」と報告書は述べた。


米国の大学も、孔子学院を他の形態の中国との関わりに置き換えることに熱心であるようで、「しばしば孔子学院の主要な問題を模倣した形で」報告書は述べている。「最も成功した戦術の一つは、孔子学院のようなプログラムを別の名前でリブランドする取り組みだ。」


約28の教育機関が、閉鎖された孔子学院を同様のプログラムに置き換えた(そして12の教育機関が置き換えようとしている)。約58人が元CIパートナーと緊密な関係を維持している(5人は維持している可能性がある)。約 5 社(おそらく 3 社)が孔子学院を新しいホストに移転し、「それによって CI を存続させています」。


孔子学院を設立した中国の政府機関である漢班は、教育省言語教育協力センター(CLEC)と改名し、別の組織である中国国際教育財団(CIEF)を分離し、現在は孔子学院と孔子学院に資金を提供し、監督している。代替品の多くは、海外の CI に対する否定的な認識に対抗することを目的として、2020 年 7 月に行われたブランド変更の一環として行われました。

👇

「実際には、中国政府とその分派組織との間の境界線は紙のように薄い。CIEFは中国教育省の監督下にあり、中国政府から資金提供を受けている」と報告書は述べている。


CIと米国の大学との間の多数の契約を精査した報告書によると、多くのCIスタッフが同じ大学のCI代替プログラムに移行したという。さらに、一部のCI教科書や資料はCIを閉鎖した機関のキャンパスに残っていると付け加えた。


中国政府は孔子学院をあからさまに擁護することで反応しているが、報告書はまた、「孔子学院を別の名前でブランド名を変更し、その概要を世間に分かりにくくし、大学内でうまくカモフラージュするというごまかしの技術にも頼っている」と指摘している。 ”。


レポートでは、CI の置き換え、CI との何らかの方法でのパートナーシップの維持、または CI の新しいホームへの移転という 3 つのタイプのアクションが特定されました。


CI の置き換え


多くの大学が、今では有害になった「孔子学院」という名前を捨てようとしているが、資金提供や中国の機関との緊密な関係は維持したいと報告書は指摘している。


「少なくとも28の大学が孔子学院を同様のプログラムに置き換え、さらに12の大学が同様のプログラムを導入した可能性がある。場合によっては、これらの代替プログラムが CI に非常に厳密にモデル化されているため、名前を変更して孔子学院と呼びたくなることがあります。」


CI の置き換えは、米国の教育機関が「孔子学院の重要な部分を、独自のキャンパス内に、独自のプログラムの一部として、別の名前で保持している」ことを意味します。これには、孔子学院と提携していた中国の大学と新たな代替プログラムを形成した機関も含まれる」と報告書は述べている。


この中には、孔子学院のスタッフや孔子学院のプログラム、あるいはハンバンの後継組織であるCLECやCIEFからの資金提供を受けて、新たに中国に特化したセンターを設立した機関も含まれる。


例えば、ミシガン大学などは、孔子学院の閉鎖後も漢班への資金提供を維持しようとした。報告書が引用した連邦政府の開示情報によると、ちょうど孔子学院が2019年6月に閉校となった2019年5月と6月に同大学がハンバン社から30万米ドル以上を受け取っていたが、報告書はこれらの開示情報はその後教育省のウェブサイトから削除されていると指摘している。


パートナーシップの維持


一部の中国のパートナーはCI閉鎖の通知にショックを受け、米国の大学ホストとの間の他のすべての関係を断つと脅したことさえあったが、中国の機関と新たなパートナーシップを築くことが最も頻繁に挙げられる唯一の理由である。報告書によると、孔子学院を閉鎖したことに対して米国の教育機関から罰金が与えられたという。


104 機関のうち 40 機関 (38%) が、孔子学院を新しいパートナーシップ (多くの場合、孔子学院と非常によく似たもの) に置き換えると述べています。「他の多くの国は、孔子学院の閉鎖を発表する声明の中でそのことを述べていなくても、実際には中国との代替的な関与を取り決めている」と報告書は述べている。


中国政府は、米国の大学が孔子学院への入学を申請する際、まず中国の大学と姉妹大学関係を結ぶよう奨励することが多かった。例えば、アリゾナ州立大学(ASU)は四川大学と姉妹大学となったが、「そうすることがCIの誘致に役立つと信じ込まされた」と報告書は指摘し、ASUが実際に四川大学とCIを設立したと付け加えた。大学と姉妹大学の関係はCI閉鎖後も存続しています。


孔子学院の閉鎖に際し、一部の米国の大学は中国のパートナー大学と新たな提携関係を築いたり、CI 以外の既存の提携関係を維持したりした。また、孔子学院が実際に閉鎖したのではなく、場所を変更したことを確認して、CI を別の機関に移管した者もいた。いくつかの大学は、これらの戦略のいくつかを一度に実施しました。


この報告書は、米国で閉鎖された 104 の CI のうち 75 の情報を追跡しました。75校のうち、28校がCIを同様のプログラムに置き換え、さらに12校がCIの置き換えを模索し、58校が中国の提携大学との関係を維持した。


ジョージア州立大学、ウィリアム・アンド・メアリー大学、ミシガン州立大学、ノーザン州立大学のように、多くの大学が別の名前で孔子学院に実質的に似たものを設立しました。


ウィリアム アンド メアリー大学は、その CI を、以前の CI パートナーであった北京師範大学と提携した W&M-BNU 協力パートナーシップに置き換えました。2021年6月30日のCI閉校の翌日、両大学はプログラムを確立する新たな「姉妹大学」協定に署名した。


中国の大学も孔子学院と同様のプログラムを提案しているが、その資金は中国の大学自身が負担している。たとえば、南中民族大学(SCUN)の学長であるジンリン・リー氏は、ウィスコンシン大学プラットビル学長のデニス・J・シールズ氏に書簡を送り、「大学レベルで協力して中国語の単位コースと中国語の提供を継続する」と示唆した。カンフープログラム」。同氏は「SCUNは今後もこの作戦に喜んで資金提供を続ける」と付け加えた。


別の大学プログラムへの代替


CIの閉鎖を知らされた際のハンバンの反応は、「最初はショックと憤り、次に単なる後悔、そして最終的には大学を新たな提携に結びつけるためのよく調整された努力によって特徴づけられた」と報告書は述べている。


テキサス大学ダラス校のリチャード・ベンソン学長は、報告書に引用された書簡の中で次のように書いている。「我々は、相互に有益な取り組みを継続するために、サウスイースト大学と新たな二国間協定を締結する予定である。」


ベンソン氏は続けて、「新しく設立されたテキサス大学ダラス中国研究センター」について説明した。このセンターには、孔子学院がかつて運営していたプログラムの多くが収容されることになる。孔子学院の元所長がこの新しいセンターの所長を務めている。


23の大学が孔子学院を独自の学内プログラムに置き換えると発表した。しかし、そのうち13社は、CIを中国企業との新たな提携に置き換えるとも述べた。


23 機関のうち 10 機関が、独自の代替プログラムを開発する計画を発表しました。しかし、アイダホ大学、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン大学、モンタナ大学、パデュー大学の少なくとも 4 校が、実際には、以前の CI パートナーと提携してこれらのプログラムを運営していました。


ファイファー大学、サンディエゴ州立大学、メリーランド大学、アリゾナ大学、ワシントン大学、ウェスタンケンタッキー大学の6大学は、CIを他の場所に移転することで新たな拠点を見つけるつもりだと述べた。


CI を縮小する理由


孔子学院をめぐる批判のほとんどは、国家安全保障への脅威、学問の自由の侵害、検閲の問題に関するものだ。しかし、大学が孔子学院の閉鎖計画を発表する際に、これらの理由が挙げられることはめったにない。報告書によると、最も頻繁に挙げられる理由は、中国との代替的なパートナーシップの発展と米国の公共政策の変化だという。中国政府と孔子学院との関係について懸念を表明したのは、104 機関のうち 5 機関だけであり、この 5 機関のうち 2 機関は、すべての国家的警戒は他の大学


による孔子学院の管理ミスによるものであると宣言した。


各機関が中国政府または中国の提携大学に送った書簡を引用。米国政府機関に送られた手紙、スタッフ、教員、キャンパスコミュニティへの内部発表。報告書は、孔子学院自身のウェブサイトやメディアで発表された声明を総合すると、孔子学院を中国の新たな提携に置き換えるのが閉鎖の理由として最も多かったが、次に多かったのは米国の政策だった。多くの人は理由を何も言わなかった。


孔子学院閉鎖の理由として公共政策を挙げている大学33校のうち、19校が連邦資金の損失の可能性を挙げ、11校が特に国防権限法を挙げている。、孔子学院のある大学への国防総省からの特定の補助金の支給を禁止した。3大学は米国国務省から受けた警告を挙げた。


中国政府が孔子学院を支援する裏の動機について広く国民の懸念が広がっているにもかかわらず、こうした懸念に言及した大学はわずか5校のみだった。2人は中国政府の介入による問題の可能性を説明したが、自分たちの大学ではそのようなことはなかったと結論付けた。


ウィスコンシン大学プラットビル校のデニス・J・シールズ学長はCLECとCIEFに宛てた書簡の中で次のように述べた。国内的にも世界的にも、高等教育機関に対する中国政府の影響力…


「残念ながら、米国連邦政府と公務員によって提起された最近および継続的な懸念、および最近制定された法律のため、私はこの問題を終わらせるという難しい決断に達した」カリフォルニア大学プラットビル孔子学院です。」


しかしシールズ氏は、ウィスコンシン大学はハンバンに関して良い経験を積んでいると強調した。


7つの教育機関は孔子学院に集まる学生が少なすぎると述べ、その他の教育機関は閉鎖の理由として資金不足を挙げた。


中国政府は孔子学院の大規模な設立を急いでいる。これらの研究所は、「ソフトパワー」戦略の柱として、海外の大学で中国語と中国語の文化を教えています。しかし近年、中国共産党宣伝部による教育現場への介入への懸念から、孔子学院を閉鎖するケースも出ている。これに対し、日本では孔子学院との関係を見直す動きはない。大手大学にも警戒感なく合格している(編集者:早川敏之)








こっそりとこんなものを作ったのかCCP



こどもからスパイを育てるのか?凄い計画だな。



東大の隣にCCPのスパイ学校が新たに作られる。



日本ではそんなのが認められるのか!
よほどCCPが好きなんだな。



なんだこの国🤣🤣🤣👆



岸田じゃ仕方が無いな。





孔子学院





孔子学院は閉鎖、しかし大学キャンパスでは中国の影響による活動は続く



一体一路構想の下での政治研修:アフリカ初の中国共産党の党学校の様子


一体一路


タンザニア