カナリア諸島でも森林火災

これはもう戦争状態と同じでは無いかな


テネリフェ島の火災状況は刻一刻と悪化し続けています。炎は現在、ラ・オロタバの町に危険なほど接近している。


また長い夜が始まるだろう。


カナリア諸島










カナリア諸島の人種は?
グアンチェ族(グアンチェぞく、英語: Guanches)はかつてスペインのカナリア諸島に住んでいた先住民族である。 2017年に初めて行われたゲノムワイド関連解析により、グアンチェ族は北アフリカ系の起源を持ち、遺伝子的にはアフリカ大陸北部のベルベル人に最も近似していることが判明した。


カナリア諸島はどこの国のもの?
カナリア諸島(スペイン)旅行・ツアー・観光特集~大西洋に ...
大西洋に浮かぶ7つの火山島、カナリア諸島。 スペインに属しますが、位置は、スペインから約1,000キロメートル、モロッコから約100キロメートルと、実はアフリカ寄りに位置しています。


カナリア諸島の治安は?
カナリア諸島は基本的に、治安がよく安全な島々です。 私たち家族が移住を決めた理由のひとつでもあり、生活をしていて日々感じるありがたいことのひとつです。 女性の1人旅や、シニア世代のご旅行、ご家族旅行、どの方にも安心しておススメさせていただけます。


カナリアが炭鉱に入るのはなぜ?
昔、イギリスとアメリカの炭鉱員が地下に降りるとき、行列の先頭がカナリアのカゴを持って炭鉱に入った。 カナリアの歌声が止まったり、力を失って死ぬなら、炭鉱内にメタンガスのような有害ガスが多いと判断し、炭鉱員をいち早く危険地域から逃げさせる役割を持たせた。


カナリア諸島の首都はどこですか?
スペインは、1852年にサンタクルス・デ・テネリフェ市(テネリフェ島)をカナリア諸島 の首都とし、自由貿易港制度を発足させ、カナリア経済の基盤がここに整えられた。


カナリア諸島のカナリアとは?
人口は諸島全体で約 217 万人(以下人口は 2021 年 1 月現在)。 カナリアの名前は、その昔多くの犬が居たことからラテン語の犬(CANIS) が語源となったと言われ ており、鳥のカナリアはカナリア諸島が原産であることから名前がついた。



“大西洋のハワイ”も山火事 延焼拡大中 スペイン・リゾート地 世界で山火事相次ぐ

ハワイのマウイ島の山火事は、110人の死亡が確認されたが、現在も1,300人以上と連絡が取れていない。


こうした中、新たにスペインのカナリア諸島でも山火事が発生し、多くの住民が避難している。


山の道路脇に上がる火の手。

スペイン・カナリア諸島のテネリフェ島で発生した、山火事の映像。


アフリカ北西の沖合に位置し、“大西洋のハワイ”とも呼ばれるカナリア諸島。

その中で最も大きいのがテネリフェ島で、ビーチリゾートとして人気の島。


現地メディアによると、8月15日に火災が発生し、17日現在も燃え広がっていて、付近の住民らは、避難を余儀なくされている。


同じカナリア諸島では7月、ラ・パルマ島でも山火事が発生。

少なくとも4,000人が避難する事態となった。


世界中で相次いでいる山火事。


8月8日には、ハワイのマウイ島でも発生し、島の中心街ラハイナが炎に包まれた。


ハワイ州当局はこれまでに、110人の死亡が確認されたことを明らかにしている。


16日朝、これまで規制されていたラハイナへ向かう道路の通行が再開された。


FNNの取材班は火災後初めて、甚大な被害が出たラハイナの街に入った。


あたりに広がる住宅はすべて焼け、電柱が崩れ落ち電線が垂れ下がっていた。


あたり一面が焼け焦げた街。

住宅は、壁や柱だけが残された状態。


取材中に出会ったのが、ラハイナに住んで15年という日本人の青木花容子さん。


自宅が火災の被害を免れたこともあり、被災者支援センターに向かい、衣服など物資の寄付を行っていた。


すると、突然走り出した青木さん。


火災後、連絡がつかなくなっていた職場の同僚と再会できた。

自然と涙があふれていた。


ラハイナ在住・青木花容子さん「ずっと連絡が取れなかった。同じく学校で働いている先生なので、よかったです」


青木さんは、買い出しなどで車を利用するが、窓から見る変わり果てた街の様子に、ショックを隠せなかった。


ラハイナ在住・青木花容子さん「ちょっと言葉が...」


ラハイナでは、捜索を終えた地域が対象の38%にとどまっていて、今なお1,300人以上の安否が確認できていない。