中国は国民に戦争の準備をさせる

アジア諸国が中国の侵略と拡大主義に対してバランスを取り戻す中、中国は国家への危険を理由に国民の動員を開始

中国


調べてはいるけど、どうしても「国境」と言うキーワードが出て来る。どうなるのかわからない。



正確な情報は出て来るものではない。



中国共産党(CPC)の安全保障状況の評価は、脅威に対する認識が高まっていることを示している。中国の政策方向性を読み解くバロメーターとなる全国人民代表大会と中国人民政治協商会議の「二会期」において、中国のエリート層は公に懸念を表明した。習近平国家主席は、中国を包囲し抑圧しようとする米国主導の西側同盟によって直面した厳しい課題について語った。秦剛外相は再び米国に責任を課し、米国が現在の道をやめなければ、より大きな対立と紛争につながる可能性があると警告した。中国に対するこうした「リスク」に直面して、習主席は党の信条は、決意を固め、安定を通じて団結し、達成に向けて努力すること、そして重要なことに、紛争に対する勇気を持つことである。


第20回党大会での習主席の演説は、2027年までに人民解放軍(PLA)を近代化し、2027年までに世界クラスの軍隊に変革するという緊急性を強調している。近年の人民解放軍の近代化が勢いを増すにつれ、インドと中国の間での侵略が加速した。東シナ海と南シナ海の境界線も高くなった。台湾海峡で繰り返し演習を実施し、島政府にメッセージを送り、独立を求める動きを阻止しようとした。米国は東アジアにおける同盟関係を再活性化することで中国の挑戦に対応してきたが、中国はナショナリズムと「屈辱の世紀」という物語(18世紀半ばからの期間を指す)のプリズムを通して状況を異なって見ている。世紀から 19世紀にかけて、いくつかの西側諸国と日本が中国に軍事介入しました。


軍隊の動員




軍部の新聞「人民解放軍日報」の記事は、日本の岸田文雄首相と韓国の尹錫悦大統領の今年の最近の訪問を引用し、10年以上の空白期間を経た韓国と日本の関係改善の背後に米国の関与があるとしている。さらに尹氏も米国を訪問した。ジョー・バイデン大統領。学者の張元勇氏と陳岳氏は、人民解放軍は「極度の警戒」をすべきだと述べ、米国、日本、韓国の間で頻繁に行われる軍事演習や訓練が地域の安全保障に対する脅威となっていると警告した。研究者らは軍事協力が起こると予想しているアジアにおける米国、日本、韓国間の協定は、米国、オーストラリア、英国、カナダ、ニュージーランド間の「ファイブアイズ」情報共有協定の前身である。したがって、中国の戦略家らは、米国がちょうど英国圏におけるものと同様に、アジアにおいてもNATOのような三国間軍事圏と情報共有体制を強固にするだろうと信じている。


⚠️❗第三次世界大戦情報 – 「中国は国民に戦争の準備をさせている。中国共産党の最終局面は明らかだ。」 - ニッキー・ヘイリー

「中国共産党の最終目標は明らかだ。中国は国民を戦争に向けて準備させているのだ。」


大統領候補で元米国国連大使
@NikkiHaley
によると、 #CCP政権は#Taiwanと米国に戦争をもたらす準備をしているという。






中国紙「日本は虎の手先になるな」の言葉がすべて 林外相の中国訪問



日中外相会談は見送り “中国側が直前にキャンセル” 林外相


キャンセル




中国「戦狼外交」の象徴、外務省報道官が異動 国境担当へ



中国の秦外相、6月末から動静不明 インターネットでうわさ飛び交う