ムラゴン ブログ 始め TOKYO!

2024 みんなおいでよ ムラゴン ブログへ! 日本人のための新しい日本を作ろう


仲間のフリをする 九条の会・幸福の科学・参政党には要注意!文春。。。ヤバ過ぎではないかしら😱今迄 気付か無かった!調べ無かったが正しいかしら💦庭野日敬(にわのにっきょう)、長沼妙佼(ながぬまみょうこう)によって創立された在家仏教団【法華経】😱😱でしたわ。/////// 労働者不足と言うのはウソです。ハローワークは行列

WHO条約不成立でバイデン氏直接アフリカ諸国へ

WHO条約不成立でバイデン氏直接アフリカ諸国へ。キングストン・レポート

グローバル財団、ガビ・ビル&メリンダ・ゲイツ財団、そしてバイデン大統領は、「新世界保健安全保障戦略」に従ってアフリカ諸国に数十億ドルの資金を投入した。


2024 年 4 月 18 日:私の尊敬する同僚であるジェームス・ログスキー氏らのたゆまぬ努力のおかげで、WHO IHR (国際医療規制) は深刻な失敗に陥っています。ジェームズ氏は、アフリカグループおよび公平グループの72カ国と作業部会(米国、EU諸国、NGOの影響力など)との間の交渉がいかに非常に物議を醸したかを暴露した。


IHR 修正案に対する課題が含まれています。生物監視の透明性の欠如、知的財産の共有と医療対策の生産(つまりワクチンとワクチンの利益)の欠如、国内法および国際法の違反、パンデミック資源(資金)へのアクセスの欠如、人権侵害、およびその他の注目すべき理由。 (アフリカ諸国はパンデミックの利益を求めているを参照)。


バイデンとビル・ゲイツはアフリカ諸国に彼らが望むものを与えている

2024 年 4 月 16 日、バイデン大統領は「新世界保健安全保障 (GHS) 戦略- 世界保健安全保障を強化するための政府全体の科学に基づくアプローチ」を発表しました。


2024 年の GHS 計画に対する冒頭声明の中で、バイデン大統領は次のように述べています。


「…私​​たちはパートナーと協力して、さらに多くの命を救い、経済的損失を最小限に抑えるためにさらに50か国を支援しています。私たちは、Gavi、ワクチン アライアンス、流行対策イノベーション連合への支援を通じて、健康上の緊急事態において命を救う薬やワクチンをより迅速に利用できるように取り組んでいます。そして私たちは、世界銀行グループがパンデミックの予防、準備、対応のための融資を拡大することを確実にするための取り組みを主導しています。私たちは長期的な効果を確保するために、他国、民間部門、市民社会からのこうした取り組みへのより大きな支援を結集していきます。」 - ジョー・バイデン大統領、2024 年の世界保健安全保障戦略


アフリカ諸国への財政的約束には以下が含まれます。


アフリカのCDCはアフリカのワクチン製造アクセラレーターのために米国とGAVIから10億ドルの資金提供を受けた


米国、米国大統領エイズ救済緊急計画(PEPFAR )を通じてアフリカの生産者からHIVキットなどの医療対策を購入-アフリカは2025年までに1500万個のHIVキットを生産する計画


PEPFARを通じて7億ドルの健康物資がアフリカ諸国に贈られる


プロジェクト ラスト マイルは、USAID、ビル&メリンダ ゲイツ財団、世界基金、およびコカ・コーラ コーポレーションとのパートナーシップにより、ワクチンの配布と摂取の向上を確実にします。


米国からのワクチン寄付


「パンデミック発生時に調整された適切なタイミングでの融資を可能にする」世界銀行に対する米国の影響力


米国は歴史の重要な転換点にある


バイデン氏は、「私たちは歴史の転換点に立っており、今下す決断が今後数十年の将来の進路を決定することになる」と正確に宣言して声明を締めくくった。


バイデン


箴言 1:10-16
息子よ、もし罪人たちがあなたを誘惑するなら、決して同意しないでください。
もし彼らが「私たちと一緒に来て、血を流すために横になって待ちましょう。理由もなく罪のない人々のために密かに潜伏しましょう。私たち全員に一つの財布を持たせましょう。「息子よ、彼らと一緒に邪魔をしないでください。彼らの道から足を遠ざけてください。彼らの足は悪に走り、血を流そうと急いでいるからである。



詳しくは👇こちらのリンク先からご覧ください




WHO条約不成立でバイデン氏直接アフリカ諸国へ