世界経済フォーラム肉革命 牛舎 火災 補助金

日本の 連続家畜火災、牛舎火災は 補助金目当て?培養肉は 食べては危険


世界経済フォーラムでのマーストリヒト大学のマーク・ポスト氏によるインビトロ肉についての講義「肉革命」



世界経済フォーラム

培養肉は、再生医療で先駆けられた組織工学技術を使用して生産されます。ジェイソン・マセニーは、培養肉生産に関する論文を共著し、体外肉研究に特化した世界初の非営利団体であるニュー・ハーベストを設立した後、2000 年代初頭にこの概念を普及させました。


培養肉は、気候変動を緩和する可能性があることに加えて、食肉生産、動物福祉、食糧安全保障、人間の健康が環境に与える影響に対処できる可能性を秘めています。


🤮🤮🤮


日本の培養肉に取り組む企業👿


インテグリカルチャーは細胞培養で「純肉(クリーンミート)」を創り出し、食糧生産の超省資源化を実現する


🤮🤮🤮



会社名 インテグリカルチャー株式会社
代表取締役 羽生 雄毅
資本金 1億円
設立年月日 2015年10月23日

羽生 雄毅


病院

培養肉は食品なのに病院🤮🤮🤮
日本はアメリカよりキモイ


馬鹿じゃないの気持ち悪い何の肉だよ🤮🤮🤮



日本でもコオロギアイスやパンが販売されている様に世界経済フォーラムはマジですから
培養肉も世に登場するはずです、肉には注意が必要です


ウジ虫のバターもそのうちに。。。


表示がされていないのでからわからないのが困ります。


ファミマでは絶対に買わない。行かない。


ビルゲイツ

https://dainikbidyaloy.com/2023/02/24/study-reveals-bill-gates-fake-meat-causes-turbo-cancers-in-humans/


ビル・ゲイツの偽肉が人間の「ターボがん」を引き起こすことが研究で明らかに

ビル・ゲイツの研究室で栽培された肉は、それを摂取した人間にガンを引き起こすという、気がかりな新しい研究結果が発表された。合成肉は、ビル・ゲイツとWEFのグローバリストエリートによって、いわゆる気候変動の解決策として大いに推進されてきた。しかし、この偽の食品は、その製造に使用された不死化細胞株を介して癌を引き起こすことが現在証明されています。


ゲイツ氏は、役立たずのおばあちゃんを死刑審査会に送る一方で、mRNAワクチンで心臓を毒することに満足せず、夕食のテーブルに座って彼の不快な味の合成肉を食べてほしいと望んでいるが、それは偶然にもあなたを不治の癌に悩ませることになる。



国は酪農の経産牛を4万頭減らすことを決めたみたいです。一頭減らせば15万〜20万貰えるみたいです。ますます廃業される方々も増えるでしょう。畜産業界の危機でもあり、食料危機へ向かってまた一段と加速するかもしれません。

2022/11/14の動画





その8か月後には世界中の牛舎は火災になり始める

計画的な補助金目当ての牛舎の火災であると思えます。


世界の牛舎火災


特殊な検索方法で見てみます👀

酪農家の仕業がバレバレですね!

特殊


日本の連続 牛舎火災の実態





畜舎での火事は、人目のないタイミングで発生しているケースが多く、食料危機をねつ造するために、意図的に誰かが放火しているのではないかといった様々な憶測を呼んでいます。



火災家畜


世界的に家畜の火災が同時に起きるはずがありません
酪農家が補助金目当てで自ら放火して生活をしているのかな


そもそも火災の起きた酪農家は日本人なのかな
北海道には最近はやたら中国人が多いから日本人では無い可能性もある



偽ウポポイも居るほどだから犯罪の臭いもプンプンしますね😎



USDAが米国初の実験室で栽培された肉を承認、しかし科学者や食品安全専門家はこれを認めていない


さぁどうなる?いよいよかな


培養肉