チクタク時間です チャールズ戴冠式

WHO 新型コロナ「緊急事態宣言」終了を発表


who



バイデン氏、突然の「重大会見」予告で混乱生む


バイデン




チャールズは、このメッセージを見て恐怖を感じたにちがいない❗ずっと不安そうな顔だった意味はこれだ❗


芽がうつろ



チャールズ 3 世の戴冠式の間、バックグラウンドでちらつきました。





入り口で何か歩いているよね。😅なんだろうな?


ウクライナの国旗見えた?




trump


Not my king!"Not my king!"Not my king!"🤣🤣🤣



🦎👇👀


バイデン


ドナルド・J・トランプ
@realDonaldTrump。 2時間
ジョー・バイデンはチャールズ3世の戴冠式に出席するべきだった。それは本当にそんなに尋ねることですか?英国の人々は大いに侮辱されています。世界中で支持を失っているのも不思議ではありません。
アメリカを再び偉大にしよう!!!


ロイター通信:プーチン大統領はチャールズ国王の戴冠式に招待されなかった


英国は、5月6日のチャールズ皇太子の戴冠式への招待状を、ロシア、ベラルーシ、イラン、ミャンマー、シリア、アフガニスタン、ベネズエラの首脳に送らなかった、と英国の情報筋はロイターに語った。


情報筋によると、北朝鮮やニカラグアの上級外交官までもが式典に招待されたという。
3 月 30 日、国王カルロス 3 世は、ドイツ議会での歴史的な演説で、ウクライナでのロシアの戦争をヨーロッパの民主主義的価値観に対する脅威と呼びました。


彼は、「戦争の惨劇がヨーロッパに戻ってきた。ウクライナに対する侵略戦争は、非常に多くの罪のない人々に想像を絶する苦しみをもたらした」と述べた。
チャールズ 3 世国王は、2 月 20 日に英国で英国および各国の軍人による訓練を受けているウクライナ軍と会談した。


2 月 8 日、ヴォロディミール・ゼレンスキー大統領は、ルルワース キャンプで英国軍のメンバーによってチャレンジャー 2 主力戦車を操作するよう訓練されたウクライナの戦車兵を訪問しました。
ゼレンスキーはまた、バッキンガム宮殿で国王チャールズ 3 世と面会しました。
ゼレンスキー国務長官は、「ウクライナと英国の関係の歴史において、聴衆を前に英国国王から表彰された最初のウクライナ大統領であることを光栄に思う」と述べた。