チャールズ皇太子とトニー・ブレアの母校が児童性的虐待で捜査される

ドーン!スコットランドの私立学校6校のうち、チャールズ皇太子とトニー・ブレアの母校が児童性的虐待で捜査される。

どうやらこの話題がSNSで人気である事が最近のデータからわかりました。

チャールズ


なのでブログでも取り上げましょうね


チャールズ皇太子とトニー・ブレアの母校が大規模な公的性虐待捜査で調査される

チャールズ

これらは虐待が行われたとされる100以上の場所の中に含まれており、寄宿学校のほか、宗教教団や地方自治体が運営する施設も調査対象となっている。


リストにはチャールズ皇太子の出身校であるモレイシャー州ゴードンストン校や、トニー・ブレア元首相も通った「スコットランドのイートン校」として知られるエディンバラのフェッテス大学も含まれている。


レディ・スミス委員長がエディンバラでの予備公聴会で、調査は完全に独立したものになると述べ、詳細が月曜日に明らかになった。


調査対象


彼女のコメントは、調査委員会の前委員長であるスーザン・オブライエン氏が、SNP閣僚らにその職を強制されたとの主張の中で、50万ポンドを求めて訴訟を起こしていることが明らかになった中で出された。


尊敬されているQCは昨夏、自分が弱体化されていると主張し、政治的介入を非難して辞任した。


しかし、後任のレディ・スミス氏は、「私は捜査が独立して行われるよう努める。中央政府、地方政府、警察、検察機関、そしてここスコットランドに拠点を置くかどうかに関係なく、他のいかなる組織からも独立して行われるようにする」と語った。または他の場所でも。


「もし私がその能力に懸念を抱いていたら、この任命は受けなかったでしょう。」


ゴードンストンとフェッテスのほかに、エディンバラのマーキストン・キャッスル・スクール、イースト・ロージアンのマッセルバラのロレット・スクール、パースシャーのクリフにあるモリソンズ・アカデミーなどが調査対象となっている。



調査対象となっている信仰に基づく組織には、ベネディクト会、ナザレのシスターズ、クリスチャン・ブラザーズなどの修道会が運営する組織が含まれる。この捜査では、カトリック教会とこれらの修道会との関係も調査されている。


スコットランド国教会が運営する3つの施設も対象となる。


スコットランドの児童虐待調査は4年間続く予定で、保護されている子どもに対する過去の虐待疑惑を調査しており、昨春から証人から陳述を受け付けている。




レディ・スミス氏は国会議事堂での公聴会で、調査は「起きたあらゆる組織的欠陥の真相を突き止める決意」であると述べ、関連する証拠を持っている人は誰でも名乗り出て調査に発言するよう呼び掛けた。


彼女は、「私たちは、保護されている子どもたちに、どこで、どのように、そしてなぜ何が起こったのか、真実を明らかにする決意をしています。


「私たちは、なぜ虐待が防止されなかったのか、なぜ止められなかったのか、そして将来、保護されている子どもたちを守るために何をする必要があるのか​​を知りたいのです。」


この調査は2015年10月に設立されて以来、問題に悩まされており、すでに350万ポンド以上の費用がかかっている。



この公聴会は、トレーニングセッションで不適切な発言をしたとされるオブライエン氏を解任する動きにより、オブライエン氏の立場が維持できなくなったと主張し、オブライエン氏が契約違反で損害賠償を請求していることが裁判所文書で明らかになった中で行われた。


同氏は昨年7月、委員会メンバーのマイケル・ラム教授が調査の独立性に対する「度重なる脅迫」を理由に辞任してから1か月後、その職を辞任した。


スコットランド政府報道官は、閣僚らは「常に適切に行動し」、「調査の独立性に引き続き努めてきた」と述べた。


ゴードンストンとフェッテスの学校が性的虐待調査で取り上げられる | 英国 | ニュース | Express.co.jp


関連記事

チャールズ皇太子の旧寄宿学校で教師の机でセックスした生徒が退学処分

チャールズ



チャールズ皇太子が以前通っていた寄宿学校の生徒2人が、音楽教師の机で性行為をしたとして退学処分となった。



このスキャンダルは、除外された少女の一人の母親が主導し、ゴードンストンを告訴しようとした3年間の運動の後に明らかになった。


彼女は、16歳の娘が注意欠陥多動性障害(ADHD)を患っており、障害者差別を理由に不当に退学させられたと主張し、年間3万6000ポンドの学校を法廷に提訴した。


しかし、スコットランドの追加支援ニーズ裁判所は、彼女がADHDであることを認めたにもかかわらず、障害者ではないと主張した。



その後、母親はこの訴訟を裁判所に起こし、裁判官は学校側に有利な判決を下した。


彼女は、「M」とのみ呼ばれるが、かろうじて安全に道路を横断することができず、「衝動性」に悩まされていたと主張した。


しかし教師らは、少女は海でセーリングするのに十分な能力があり、「外洋ヨット」のレッスンを受けていたと主張した。


レディ・スミス判事は判決を言い渡し、「夕方、Mは教師の机で男子生徒と性交した。彼らの面会は計画されていた。


「1年以上前に遡る電子メールには露骨な性的やりとりが暴露されており、以前に性的接触があったとの言及もあった。


「衣服を脱いでいる状態を職員が発見した。二人とも即刻停職処分となった」


チャールズ皇太子は、以前所属していた寄宿学校に、冬には冷水シャワーと窓を開けるという厳格な体制から、「キルトを着たコルティス」というあだ名を付けました。



少女は2013年3月の事件を受けて退学を余儀なくされた。


「M」さんは、彼女が音楽机の上で大騒ぎする計画を立てたとき、他の女の子たちが「彼女に興奮していて」、その後彼女を祝福したと語った。


法廷では、彼女が他の生徒と性行為をしたのはこれが初めてではなかったことが審理された。


裁判官は、「彼女(Mの母親)は、2012年のイースターに自宅にいた副校長に対し、男子生徒に処女を奪われたと話した。


「彼女は当時、ADHDがMの性行為に何らかの役割を果たしていたとは示唆していませんでした。」


裁判官は「Mさんはまったく普通のやり方で日常生活を送っていた」と指摘し、母親の上告を棄却した。


ASDA従業員がチャールズ皇太子の目の前で失神


Asda employee faints in front of Prince Charles



注意欠如・多動症(ADHD)とは

発達水準からみて不相応に注意を持続させることが困難であったり、順序立てて行動することが苦手であったり、落ち着きがない、待てない、行動の抑制が困難であるなどといった特徴が持続的に認められ、そのために日常生活に困難が起こっている状態です。12歳以前からこれらの行動特徴があり、学校、家庭、職場などの複数の場面で困難がみられる場合に診断されます。




注意欠如・多動症 大人のADHD 

マンガでわかる大人のADHDコントロールガイド
マンガでわかる大人のADHDコントロールガイド
法研
大人のADHDの認知行動療法<本人のためのワークブック>
大人のADHDの認知行動療法<本人のためのワークブック>
日本評論社
最新版 大人の発達障害[ASD・ADHD]シーン別解決ブック 実用No.1シリーズ
最新版 大人の発達障害[ASD・ADHD]シーン別解決ブック 実用No.1シリーズ
主婦の友社
Digital Ebook Purchas