中国製?クリームで重い皮膚障害

中国製?クリームで重い皮膚障害 国民生活センターが注意喚起。中国のなんて信じたら駄目。

顔に張り付けるパックみたいなのも毒入りだよ
日本には、いっぱい中国の危険な物があるんだ。


中国

国民生活センターは13日、インターネット通販で購入した中国製とみられるクリームで重い皮膚障害を負うケースが4件あったと発表した。センターは商品名を公表し、使用や購入をしないよう注意喚起した。


【写真まとめ】「人生が狂うかと」…レーザー治療のやけどの痕


 このクリームは、ほくろやしみ、いぼなどが取れるとうたった「点痣膏(てんしこう)」。全国の消費生活センターなどに5件の相談があり、このうち4件で皮膚障害があった。


 70代の女性は、額のほくろにつけたところ赤く腫れ、皮膚の色が変わり潰瘍ができた。別のケースでは、塗ると焼けるような痛みを感じて皮膚科を受診したところ、治療に1年以上かかると言われたという。


 センターが調べた結果、クリームは酸化カルシウムと水酸化ナトリウムを含むとみられる強いアルカリ性(pH14)で、国際的な化学品の基準で、皮膚への腐食性があり不可逆的な損傷を起こすとされるレベルだった。被害はいずれも化学反応による熱傷とみられるという。


 センターによると、商品は容器や外箱の表示から中国製とみられる。被害者は、SNS(ネット交流サービス)のインスタグラムや動画投稿アプリのティックトックなどのネット広告から販売サイトにアクセスして購入、海外の事業者から送られたという。


 センターは「ネット通販で医薬品や化粧品を購入し、海外から商品が直送されてきた場合は個人輸入にあたる。有効性や安全性の確認が不十分なものがあり、健康被害を受ける危険性がある」として注意を呼びかけた。【下桐実雅子】