COVIT-19にはペンタカルボニル鉄が含まれる【ナノ粒子】

トリメチルアミン N-オキシド (TMAO) は基板の機械的安定性を強化します。単一分子磁気ピンセットで調査

抽象的な
トリメチルアミン N-オキシド (TMAO) は、さまざまなメカニズムを通じて折りたたまれたタンパク質を安定化させるよく知られた浸透圧調節物質です。タンパク質の機械的強度はその安定化の重要な決定要因であるため、TMAO はタンパク質の折り畳みダイナミクスを促進したり、機械的安定性を強化したりすることで関連する役割を果たしている可能性があります。この疑問に対処するために、我々は、構造的に異なる 2 つの基質、プロテイン L とタリンに対する TMAO の効果を調査するために、単一分子磁気ピンセット実験を実施しました。我々は、TMAO がこれらのタンパク質のアンフォールディング力を増加させることにより、これらのタンパク質の機械的安定性を増加させることを観察しました。さらに、我々は、TMAO が展開速度を遅らせる一方で、力が加わった状態での再折り畳み速度を加速することを実証することができました。それは最終的にエネルギーの状況を折り畳まれた状態に向けて傾けます。興味深いことに、この TMAO によって強化されたタンパク質のフォールディングは、最大 67 zJ までの機械的仕事出力を生成し、より高い力の領域でのタンパク質のフォールディングを可能にします。全体として、この TMAO によって強化された機械的安定性は、タンパク質のフォールディングによって誘導される構造安定性に重要な意味をもたらします。


Trimethylamine N-oxide (TMAO) enhances substrate mechanical stability probed by single molecule magnetic tweezers | bioRxiv


ペンタカルボニル鉄は有毒なので、無害にするにはトリメチルアミン N-オキシド (TMAO)を利用すると無毒化されると思う。


TMAO

リメチルアミン-N-オキシド(英: trimethylamine N-oxide, TMAO)は、化学式が(CH3)3NOの有機化合物である。 無色の固体で、二水和物の形で見られる。 トリメチルアミンの酸化生成物であり、動物の一般的な代謝中間体である。



トリメチルアミン N-オキシド (TMAO)は、赤身肉に多く含まれる
TMAOは消化中に腸内細菌によって生成され、また赤身肉に多く存在する栄養素の一部からもたらされる食物由来の副生成物である。


ワクチンを打ってしまったら赤身肉を食べること脂肪の多い肉は食べないこと


お肉を食べると元気になり、免疫力を上げる
注目は赤身の牛肉です。赤身牛肉は良質のタンパク質源であるだけではなく、鉄や亜鉛といった微量ミネラルがたくさん含まれています。タンパク質は私たちの体を作る大切な栄養素。


鉄や亜鉛は免疫に関係しています。免疫というのはウイルスや細菌から、体を守る防御システムのこと。免疫力を向上することで、感染症や病気の予防につながります。コロナウイルスの予防には免疫力を高めることが大切です。


赤身牛肉を食べて免疫力をUPさせましょう!


あとは発酵食品を取ってください。



調べた結果、ペンタカルボニル鉄には恐らく
魚を食べると逆効果なのです。



こいつは事実を知っていますね!
最低な野郎だ


こいつ



トランプはコーヒーではなくCo-V-Fe-Feと言っていた。#お金がかかるなあと思うこと | TAKAの忘備録