「チャイナ」がウクライナの場所である「白ウサギ」

そして私たちは「チャイナ」がウクライナの場所であることを知っています。そして「チャイナ」ウイルスの起源。そして、アドレノクロムの化学組成は、不思議の国のアリスの象徴である「白ウサギ」であると考えられています。

「白ウサギ」

チャイナ アリババ アドレノクロム

アリペイ ペイペイ 



日本特許 JPS52118466A - アドレノクロムの合成

概要
目的】アドレナリンを過硫酸塩で酸化することにより、ヘモサチックの中間体として有用なアドレノクロムを調製する際、特定の金属化合物を存在させることにより、反応速度を高め、暗色の副生成物の生成を防止することができる。