ビル・ゲイツが気候変動説を撤回

なぜビル・ゲイツは気候破滅の物語から突然方向転換したのか?

Why Did Bill Gates Make Sudden U-Turn On Climate Doom Narrative?

bill


マイクロソフトの共同創設者、慈善家、気候変動活動家のビル・ゲイツ氏が、「気候破滅」の予言を撤回した。この文章は、差し迫った気候破滅を長年擁護してきた政治家や金融エリートたちの壁に書かれており、大衆はその茶番劇を見抜いていると認識している。


2021年、ゲイツ氏は以前、2050年までに世界が正味二酸化炭素排出量ゼロを達成できなければ終末的な結末が訪れると警告していた。また、自身の新著「気候災害を避ける方法」(恐怖は売る)を宣伝した。


木曜日、ゲイツ氏は気候変動の破滅論を突然転換し、現在は「温帯の国が住めなくなることはない」と予想している。


彼はまた、地球を救うために植樹することを否定し、「我々は科学者なのか、それとも愚か者なのか?」と疑問を呈した。彼は言った。「私たちはどちらになりたいですか?」


ゲイツ氏の最新のコメントは、わずか数年前に「フォックスニュース・サンデー」の司会者クリス・ウォレス氏に警告した時とは大きく異なっている。


「内戦のためにシリアからの移住が見られましたが、これは多少天候に左右されましたが、赤道直下地域は住めなくなるため、移住者数は10倍になるでしょう。」


ゲイツ氏のUターンは、ブラックロックの最高経営責任者(CEO)ラリー・フィンク氏が 「ESG」(環境、社会、ガバナンス)という用語を放棄したことを受けて起きた。そして「グリーンバブル」は崩壊しつつある。



そしてもちろん、ゲイツ氏は賢い。彼は、プロパガンダがもう機能していないことを理解しており、「バッドライト」を防ぐために大多数の共感を得る必要がある。