RNA農薬の危険性

RNA 農薬は、虫や植物の遺伝子を壊し、生きられないようにするものです。

自然界には必要とされる大切な虫、ミツバチなども存在しますがRNA 農薬は、遺伝子を変化させしまう、とても恐ろしい物です。


昆虫においてRNAiはどのように機能するのでしょうか?


RNA干渉(RNAi)は、二本鎖RNA(dsRNA)を提供することによって引き起こされる遺伝子サイレンシング機構であり、昆虫に摂取されると、標的害虫の死を引き起こしたり、生存能力に影響を及ぼしたりする可能性があります。昆虫特異的標的遺伝子のdsRNAバージョンを発現するトランスジェニック植物は、新世代の抵抗性植物です。


👆虫が生存出来なくする穀物を人間が食べれない。
虫が喜んで食べてくれるほど美味しく安心して食べれる。


虫に🍉スイカを餌で与えたら
虫が死ぬ様な🍉スイカは食えない。🤣🤣🤣



RNAi は何を破壊しますか?


RNAi/PTGS の発生中、二本鎖 RNA (dsRNA) 分子は、最初に誘導因子分子をより小さな断片に切断し 、最終的には細胞またはウイルスの同族 mRNA 分子 (標的と呼ばれる) を破壊します が誘導因子として機能します。またはこのプロセスの活性化因子。


農業におけるRNAiの役割は何ですか?


RNA干渉(RNAi)は、内因性遺伝子発現を改変することによって植物を改良するため、また植物内(すなわち、宿主誘導性の遺伝子サイレンシング)および/または局所適用(たとえば、スプレー誘導性遺伝子)の両方で害虫および病原体の遺伝子を標的にするために開発および活用されています。消音)。


RNA干渉の原因は何ですか?
RNA 干渉経路
👇
動物、植物、真菌を含むさまざまな生物において、RNAi は二本鎖 RNA (dsRNA) によって引き起こされます。


RNAi中、長いdsRNAは、「ダイサー」と呼ばれる酵素によって長さ約21ヌクレオチドの小さな断片に切断または「細切り」されます。
👆👆👆


そんな物を人々が食べたらどうなるでしょうか?
子供が生まれなくなる可能性?
死んでしまう可能性?
人間にも影響する可能性?👈


👇

RNA 農薬は我々が食べる穀物まで、もう直ぐそこまで来ています。

RNA農薬

農薬不散布玄米に、核酸関連物質(RNA)👈を大量に生産する特殊麹菌(菌種登録済)を作用させた後、粉砕したものです。
核酸関連物質の他、ミネラル・アミノ酸を多く含んでいます。



RNA農薬

https://www.pnas.org/doi/10.1073/pnas.2024033117


👆GMOと比べ価格も控えられRNA農薬が良いみたいに書かれています。😤



リボ核酸(RNA: Ribonucleic acid)は、リボースを糖成分とする核酸である。 リボヌクレオチドが多数重合したもので、一本鎖をなし、アデニン、グアニン、シトシン、ウラシルの四種の塩基を含む。 一般にDNA(デオキシリボ核酸)を鋳型として合成され、その遺伝情報の伝達やタンパク質の合成を行う。


リボースはRNA(核酸)の材料として重要な単糖類の中の五炭糖のひとつで、DNA(デオキシリボ核酸)やRNA(核酸)を構成するヌクレオチドの構成成分です。 また、体内のエネルギー源となるATP(アデノシン三リン酸)の構成物質でもあり、エネルギー生産活動を活発にします。


ATPとはどういう意味ですか?


アデノシン三リン酸(ATP)は、アデノシンという物質に3つのリン酸基(P)が結合しています。 ATP分解酵素の働きによってATPが加水分解すると、ひとつのリン酸基(P)がはずれてADP(アデノシン二リン酸)になり、その際にエネルギーを放出します。 このエネルギーを使って筋の収縮が行われます。



ATPの簡単な説明は?
ATP(Adenosine tri-phosphate) アデノシン三リン酸とは


TPとは、すべての植物、動物および微生物の細胞内に存在するエネルギ分子です。 ATPは、細胞の増殖、筋肉の収縮、植物の光合成、菌類の呼吸および酵母菌の発酵などの代謝過程にエネルギを供給するためにすべての生物が使用する化合物です。


RNA干渉GMOとは何ですか?


RNA干渉(RNAi)は、標的遺伝子の配列の一部と一致するリボ核酸(RNA)の短い配列を挿入することによって遺伝子機能をブロックする方法であり、これによりタンパク質が生成されなくなります。



これがどれだけ危険な事なのか?わからない人が多過ぎる


二本鎖RNA、GMOと同じくらい怖い by Jeffrey Smith



Double Stranded RNA, Just As Scary As GMO's by Jeffrey Smith



 [オーガニックでは無い限り避けるべき作物。ハワイ産または中国産パパイヤ、ズッキーニと黄色カボチャもいくつか ココナッツだけでなく黄色カボチャも スライスしたときに茶色にならないように加工された、スライス済みのリンゴとスライス済みのジャガイモ これらは別の技術から作られています


現在では二本鎖RNAと呼ばれていますが、挿入された遺伝子によって生成される二本鎖RNAは、最大22ヌクレオチドの長さで、リンゴやジャガイモのDNA内の対応する同じコードと一致し、それらが結合され、遺伝子が沈黙させられます。


沈黙が得られる それは少し技術的ですが、それが起こることです 問題は、同じコードが私たちのDNAとリンクしてジーンズを沈黙させることができるということです 


彼らはこのコンセプトをマウスでテストしたところ、確かにそうです、彼らは食物ベースのRNAを食べることができ、それが遺伝子発現を変えたことがわかりました


肝臓の細胞でミツバチを使ってテストしたところ、二本鎖RNAを一食だけミツバチに与えたところ、それはミツバチの食事の一部ではなかったし、含まれたこともなかったものからの二本鎖RNAでしたミツバチの DNA を分析するため、彼らは、それが 1 回の食事の後、数週間は影響を示さない対照になるだろうと考えた 1400 本以上のジーンズの発現レベルが変化する 1 回の食事でミツバチに含まれるジーンズの数の 10% について私は話した要するに、政府には二本鎖RNAの影響を評価する余裕がないということで内部告発をしようとしたと述べた政府科学者に対して、彼はその職を追われ、追放されたため退職したため、農務省の政府科学者でさえも警告した。


二重標準RNAまたは無視され、市場に出回っているジャガイモとリンゴは避けてください。私たちのDNAを再プログラムする可能性があります。すでに市場に出ているすべての種類のGMOよりも悪い可能性があります。


グリホサートラウンドアップは、直前に非GMO作物にも使用されています。熟成剤として収穫し、小麦、大麦、ライ麦、オーツ麦、基本的にすべての穀物、レンズ豆、ジャガイモ、サツマイモ、柑橘類の果樹園、ヒマワリ畑、サトウキビ、EPAはこの慣行に対応するために、160を超える作物のグリホサート残留許容レベルを引き上げています。


オーガニックにするためにGMOを避けているとき、作物に時々使用されるラウンドアップやその他の有毒化学物質は避けましたか? 


オーガニックしか手に入らない場合は、それが非GMOであることを確認し、非GMOであることを確認してください shoppingguide.com非腫瘍ラベルの中で最も重要な非GMOプロジェクトによって検証されたものをリストします。]



個人が危険を察知しても大学の教育が大きな問題を抱えています。👇


日本の大学のSDGsの取り組みが一番の問題

日本の大学の教育がおかしくなっている実態


インパクトランキング2022で日本の大学による 持続可能な開発目標 (SDGs)に向けての進歩が鮮明に👇



RNA農薬で人口削減

簡単に捉えればRNA農薬は人口削減計画SDGsも同じ
SDGsに参加している企業や大学は一般人の敵
こうなったら政治家だろうが戦うしかないんだね


RNA農薬がわからない人は食べてみれば良い
もう仕方が無い


ワクチンも同じですね。説明してもわからないのだし
もう仕方が無い


まして、おじいちゃんやおばあちゃんでは
ちんぷんかんぷん
🤣🤣🤣


日本人は醤油を良く使う
きゅうり🥒の毒を醤油や味噌が消してくれる作用があるみたいに思えるけど
これは自分が思うこと。ワサビも良いみたい


しかしRNA農薬は、そんな物では無いんだ。


GMOよりも恐ろしい🤮🤮🤮


ムラゴン人気の無い記事👇



アメブロで人気の記事👇




更新記事👇