mRNA 未接種 血液が求められる時代へと変わり行く世界

輸血を必要とする赤ちゃんを助けるために血液を望んでいるのですが親はワクチン接種を受けたドナーからの輸血を拒否。


<<ムラゴン ブログ 始め TOKYO! の人気ブログ記事>>


TOP


手術必要な乳児、裁判所が後見に ワクチン接種者からの輸血を両親が拒否 NZ

nz


手術必要な乳児、裁判所が後見に ワクチン接種者からの輸血を両親が拒否 NZ(CNN.co.jp) - Yahoo!ニュース


mRNAワクチンの未接種の血液を望んでいます。


これだけ多くの突然死があるのですから拒否をするのも当然の事だとも言えます。


mRNAワクチンは自然免疫をシャットダウンさせてしまい病気に掛かり易く軽いウィルスにも抵抗力が弱く重症化になり易い体に変化してしまったのです。


一部の財閥はmRNAワクチン未接種の血液バンクを作られているそうです。
恐らくこの財閥は計画をしていたのでは無いのかなと思えます。
確かアメリカのフォックスニュースで記事を拝見したと思います。



mRNAワクチン未接種の血液・精子・卵子までも需要が高まる傾向に世界は変わり行くのかと思われます。


当然に結婚についても今後は、お見合いには、mRNAワクチン未接種の血液が前提となりつつある傾向と言えるのでしょう。


差別をする訳ではありません。しかしmRNAワクチン未接種であるならば自然で安心と言えるのでしょう。結婚をして赤ちゃんが産まれるのですからね。


以前はワクチン接種済の献血は行ってはいませんでした。現在赤十字の献血はどうなっているのでしょうか?こんど行って確認してみようと思います。


新型コロナワクチン接種後死亡6人に一時金 因果関係否定できず
新型コロナワクチン接種後死亡6人に一時金 因果関係否定できず | NHK | 新型コロナウイルス
コロナワクチン接種後に死亡、20代女性ら5人に一時金支給 厚労省
コロナワクチン接種後に死亡、20代女性ら5人に一時金支給 厚労省 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
接種後死亡、20代救済を初認定 コロナワクチン、計15人に
接種後死亡、20代救済を初認定 コロナワクチン、計15人に:東京新聞 TOKYO Web


変な世の中になってしまいました。


昨日は良い行いをしました

ワクチンを打たれてしまったご高齢のお年寄りですが2名の方に真実を伝え理解して貰えました。


最後の分れに伝えたことは、あなたが理解されたなら他の方へ伝えることがとても大切なことです。自分だけの事ではありません。宜しくお願い致します。


あなから伝えられたので良かったです。と喜んで頂けました。



グローバルネットワークを展開する 未接種 血液 お見合いサービス


スイスの非営利団体は、世界中の献血者とワクチン未接種の献血者をつなぐという短期的な目標を掲げて、ワクチン接種を受けていない個人の広大なネットワークを構築しています。メンバーシップがクリティカル マスに達した場合、Safe Blood Donation は mRNA ワクチンを使用しない血液バンクを作成したいと考えています。


血圧


スイスの自然療法医であるジョージ・デラ・ディエトラ氏は、彼が研究したとされるワクチン接種された血液に「恐怖を感じ」、「ワクチン接種全体」は主に「人々をコントロールすること」であると確信し、静脈を流れる血液の種類について人々に選択肢を提供しようとしています. .


ディエトラ氏はVice Newsに、「私たちは、献血者の自由な選択を望む人々のためのプラットフォームになりたいと思っています..彼らが本当の陰謀論が進行中であると考えているかどうかにかかわらず、新世界秩序が[起こっている].または、何らかの理由で単に「私はそれを望んでいない」と言う場合.


特に、ディートラの組織はワクチン接種を受けた人がメンバーになることを禁止しないため、これは難しい注文かもしれません. 結局のところ、現在は供給が限られています。


New York Timesによると、世界人口の約 71.1% が COVID-19 ワクチンの投与を受けています。


Vitalant Research Institute の Dr. Michael Busch は、「私たちが収集した血液の 10% 未満が抗体を持っていない」ことを示しました。


Journal of the American Medical Association に掲載された2021 年 9 月の研究では、献血された血液の 83.3% が感染とワクチンによって誘発された抗体を組み合わせていたことがわかりました。


その結果、ドナー候補の圧倒的多数は、物議を醸しているワクチンまたは以前の COVID-19 感染によって、血液が良くも悪くも影響を受けています。


Newsweek は昨年の夏、COVID-19 ワクチンの接種を断念した一部の患者が、ワクチン未接種のドナーからのみ輸血を要求したと報告しました。


ニュージーランドの夫婦が、生後4か月の息子の命を救う心臓手術の前に、予防接種を受けていない人々から血液を受け取ることを主張したために、親権を失う可能性がある.


少年の両親のように、患者は現在、ワクチンを接種した血液か、ワクチンを接種していない血液かを選択することはできません。


ImpactLife の最高医療責任者である Louis Katz 博士は、Kaiser Health Newsに対し、2021 年 8 月の時点で、「そのような要求に応じた人は誰もいないことを知っている」と語った。


この「ワームの缶」が開けられたとしても、血液センターはドナーのワクチン接種状況に関するデータを保持しておらず、食品医薬品局によって義務付けられていないため、血液の選択は現在知らされていません.


この問題に対する Safe Blood Donation の明白な答えは、ワクチン接種を受けていない匿名のメンバーの検索可能なデータベースです。メンバーは地域からも検索できます。


組織は、「(血液の申請、採取、処理のための)十分な医療パートナーが集まり次第、調停を開始する」と主張した。


機能的とはほど遠い


Safe Blood Donation はFAQの中で、血液銀行になるという目標の実現にはほど遠いものであり、「政治家やロビイストが私たちを真剣に受け止めることを避けることができない」ようにするには、まずさらに 10 万人のメンバーを獲得する必要があると述べています。


それまでの間、組織は、ワクチン接種された血液を避けたい人にアドバイスをしています.


非営利団体はメンバーに対し、缶詰の血液を受け取ることに反対することを意志で規定するようにアドバイスしていますが、ワクチン接種について言及しないことも推奨しています。 、誰もあなたを助けることに興味がありません。」


「さらに、同じ血液型で、すぐに連絡がとれる(または予定された手術に直接立ち会える)潜在的な献血者として、親族(いる場合)を示すことを書いてください。親族がいない場合、病院があなたの計画にゴーサインを出したらすぐに私たちに手紙を書いてください - それから私たちはそれを見つけます」とFAQ.


Kaiser Health News は、輸血が必要な人は事前に自分の献血を行うこともできると述べています。


Safe Blood Donation は当面の間、秘密裏に活動するつもりのように見えますが、いつの日か、メンバーが血液型に関する指示を記載した会員カードを作成し、彼らの要求を尊重できるようになることを期待しています。


Vice は、この非営利団体には少なくとも 16 か国にメンバーがいると報告していますが、Safe Blood Donation のウェブサイトによると、世界中の 60 か国以上にメンバーがおり、米国では少なくとも 25 か国で献血を行っています。


最初の入会費は約 50 ドルで、その後は年間約 20 ドルです。

Unvaccinated blood matchmaking service developing global network - TheBlaze








厚生労働省が福島先生にコテンパンに怒られる動画はこちら👇👇必見です。