ロシアの 睡眠障害 研究 動物の冬眠と関係か?

セラピストは、晴れた日の数の減少が睡眠障害の原因であると述べました

ロシア



研究: 冬が近づくにつれ、ロシア人はより多くの睡眠障害を抱えるようになる



SBER EAPTEKA は、SberHealth オンライン医療サービスと共同で調査を実施し、冬の始まりと日照時間の減少に伴い、ロシア人の間で睡眠の問題がより頻繁になることを発見しました。「Gazeta.Ru」は調査結果を知りました。


そのため、この秋の睡眠薬の売上は夏の期間と比較して 35% 増加し、睡眠専門医への電話件数はほぼ 4 分の 1 (21%) 増加したことがわかりました。また、鎮静作用のある鎮静剤の需要も1.5倍に増加。11 月は特に力強い成長が見られ、今月の睡眠薬の売上は 43% 増加し、睡眠専門家への訪問は 22% 増加しました。


睡眠障害は、女性 (53%) と男性 (47%) の両方が等しく経験しています。ほとんどの場合、23 歳から 34 歳の若者が睡眠医に相談します。これは、過去 1 年間のすべての電話のほぼ 4 分の 1 (22%) です。45~60 歳 (19%) と 35~44 歳 (18%) の人々は、睡眠障害を訴える頻度はやや低めです。最も健康的な睡眠は、18 ~ 24 歳の若者 (12%) でした。


「 ロシアの秋と冬は、夏に比べて晴れの日が少なく、暗くなるのが早い。ホルモンの背景は、冬眠したいという私たちの欲求を目覚めさせます。これは、いわゆる「睡眠ホルモン」であるメラトニンが夜に分泌されるためです。晴れた日はセロトニンが多く分泌されます。このおかげで、人々は元気になり、より活動的になります。また、たとえば目の網膜に当たる太陽光線は、目覚めを助けるなど、体の多くのプロセスを引き起こします」と、SberHealth 医療オンライン サービスの心理療法士である Viktor Nurdaev 氏は、睡眠障害の考えられる原因について説明しました。


眠気を克服するために、医師は継続的に睡眠衛生を維持することをお勧めします - 就寝の2時間前にガジェットを使用しないでください。休息のみに関連する快適な睡眠エリアを作り、出発の4時間前に有酸素運動負荷に注意してください。ベッドに。不眠症が 4 週間以上続く場合は、メンタルヘルスの専門家である心理学者や心理療法士に連絡する必要があります。


とても不思議な記事でしたので取り上げてみました。

ロシアでの研究は昔から凄いのです。確かに場所的にも寒い国です
人間にも影響が出ても変ではありませんね


日本で言えば北海道です。沖縄の温暖な気候とは正反対の北海道はどうなのでしょね
沖縄の方は長寿だったりもします。


動物の冬眠は生きて行く上では自然な現象なのでしょうね。
日照時間、睡眠ホルモン、メラトニン。なるほど不思議ですね


人間は脳からいろんなものが分泌され出ている事が最近の研究で分かったのです


悪口を人から言われるだけでも脳から分泌されているのです



恐らく褒めれば脳から良い分泌物が出て体にも良いのだと思います。


笑顔が出ると言う事は長生きをするのだと僕は思います。😊


この動画には、400以上のインプレッション数があり、様々な意見が多く寄せられています


一見、動物に薬物?虐待の様にも見えてしまいます。😅


それだけ人間の睡眠について学術研究は進んでいるのです。
ロシアの人々に直接影響があるのが分かったのでしょうね。


ロシアの一般の方々のディスカッションは素晴らしいです。
何万人もの方々が興味を持ち様々な意見交換をされていらっしゃります。
それにしてもワンちゃん可愛い❤