バイデン、ノースカロライナ州での集会中 ヤジに反応

「彼らの主張には一理ある」:ジョー・バイデン、ノースカロライナ州での集会中に親パレスチナ人のヤジに反応



参加者

ジョー・バイデン大統領は火曜日、ヘルスケア演説を妨害した親パレスチナデモ参加者に対し、「彼らの主張には一理ある」と応じた。


ノースカロライナ州ローリーでは、バイデン氏の発言を途中で遮ったデモ参加者2人が「ガザの医療はどうなるのか?」と叫びながら会場から追い出された。


デモ参加者らがガザ地区の病院が爆破されていると叫び、自身が「大量虐殺に加担している」と主張する中、バイデン氏は「誰もが医療を受ける権利がある」と述べた。彼は聴衆に「辛抱強く待ってください」と呼びかけた。


バイデン氏はデモ参加者らを護送した後、「彼らの主張には一理ある」と述べた。「私たちはガザに対してさらに多くの注意を払う必要がある。」


聴衆は歓声を上げ、スタンディングオベーションを送りました。


親パレスチナ人のデモ参加者もイベント会場の外に集まったが、これはここ数カ月でバイデン氏にとって比較的よくある出来事だった。


10月7日にイスラエル・ハマス戦争が始まって以来、バイデン氏は自身のイベントで数多くの反戦抗議活動に直面しており、特にガザ地区の民間人の死者数に対して政権に対してより強力な行動を取るよう求める声が高まっているためだ。バイデン氏が1月の中絶の権利に関する演説中に約12回中断されたことを受け、同氏のチームはイベントを縮小し、正確な場所を通常よりも長く差し控えることで混乱を最小限に抑えるよう努めた。



https://www.nbcnews.com/politics/white-house/biden-reacts-palestinian-protesters-point-rcna145181