テロリストがクロッカス市庁舎を襲撃: 重要なこと

FSBによると、クロッカス市庁舎でのテロ攻撃で40人が死亡、100人以上が負傷した。

金曜日、クロッカス市庁舎のコンサートホールで、武装集団がピクニックグループのコンサートの警備員と観客を銃器で襲撃した。その結果、建物内で火災が発生し、特殊部隊や救助隊員の作業が複雑化した。暫定データによると、40人が死亡、100人以上が負傷した。調査委員会は「テロ攻撃」という条項に基づいて刑事事件を開始した。


金曜夜、モスクワ北西部クラスノゴルスクのクロッカス市庁舎コンサートホールで何者かが発砲した。その夜、サンクトペテルブルクのロックバンド「ピクニック」のコンサートがここで開催される予定だった。会場には6,000人以上が集まる可能性があります。 FSB中央作戦センターの発表によると、銃撃はコンサート直前に始まり、その後火災が発生した。調査委員会は「テロ法」条項に基づいて刑事事件を開始した。


予備情報によると、迷彩服を着た数人の襲撃者が自動小銃で発砲した。監視カメラの記録から判断すると、彼らはまず正面玄関の警備員を銃撃し、次に観客に向けて発砲して放火した。目撃者によると、銃撃者らは防弾チョッキを着用し、武器や弾薬を入れたバックパックを背負っていたという。


RIAノーボスチ特派員は現場から、少なくとも3人が屋台に乱入し、機関銃を発砲したと報告した。その後、手榴弾や焼夷弾を投げつけ、火災を引き起こした。会場にいた人々は床に横たわり、15 ~ 20 分後に這い出し始めました。目撃者がモスクワ24に語ったところによると、彼らは中二階にいるときに銃声を聞いたという。下山することに決めた後、彼らはそこでも銃を撃っていることに気づきました。


テロリストに襲撃されたクロッカス市役所の建物は、銃撃と煙のため、外に出るのが非常に困難でした。しかし、クロッカスからなんとか脱出したコンサート来場者らによると、人々は互いに助け合って移動し、どこに逃げるべきかを提案したという。


テロ


コンサートホールで発生した火災はすぐに建物の屋根を焼き尽くした。消火のためにヘリコプターが出動した。その後、屋根の一部が崩壊したとの報告があった。
FSBの予備情報によると、この攻撃により40人が死亡、100人以上が負傷し、法執行官、特に掃討に参加したOMONとSOBRの兵士が緊急現場で勤務している。テロリストの建物。襲撃に関与した者は現場から車で逃走した可能性がある。


ロシア軍



モスクワ地域保健省は犠牲者のリストを公表しており、その中には145人が含まれていた。地域とモスクワの数十の救急チームが悲劇現場に派遣された。 115人が入院した。モスクワ地域の責任者、アンドレイ・ヴォロビョフ氏によると、犠牲者の一部は モスクワの病院に入院しており、一部はモスクワ地域のクラスノゴルスク、ヒムキ、オジンツォボ、ドルゴプルドニの医療機関に入院している。



被害者


モスクワ市長のセルゲイ・ソビャニンは、すべての犠牲者に必要な支援を提供するよう命じた。市長はまた、今週末モスクワで行われるスポーツ、文化、その他の公共イベントをすべて中止した。連盟評議会のワレンティーナ・マトヴィエンコ委員長は、この攻撃を実行した者は「当然の避けられない懲罰を受けるだろう」と述べた。世界中の当局はクロッカス市庁舎でのテロ攻撃を非難した。



Telegram: Contact @vzglyad_ru