うつ病とは落ち込むこと、病気では無い

誰でも気分が落ち込む時はある、医者が薬を売って儲けるために付けられた病名がうつ病である

誰でもが気分が落ち込む時は普通に存在します
自分だけでは無いです



気分が落ち込む「うつ病」かも知れない
病院に行くと強い薬を処方します
うつ病の薬を飲むと
一時的に気分が高揚し良くなった感じになる
中毒になりやすい強い薬です
うつ病の薬 
精神薬にはフェニルアラニンが使用されていますフェニルアラニンはヒトプラセンタ
女性の胎盤
一時的に気分が高揚し最後には死亡する恐れ


厚生労働省により、ヒトプラセンタ注射・内服を行った人は、それ以降の献血を禁止されています。


つまりフェニルアラニンは、パプアニューギニア人肉食と関係があります
痴呆症にも関連性があるのです。アナフィラキシーを引き起こす可能性もあります
痴呆症になると手遅れで最後には死を迎えます


前立腺癌の抗がん剤治療の薬にもフェニルアラニンが含まれています

拒絶反応で顏は火照りアナフィラキシーを引き起こします
その顏の火照りが一般的には何故なのかわからない
医者に聞けば、薬が合っているから飲み続けましょうと言われます
どうなるのか、わかりますか?


医者は薬を売れば儲かる
人が死ぬのは病院では日常的で何とも思ってはいません
いちいち人が死亡したから医者が悲しむことなど無いです日常的なこと


前立腺癌の死亡者推移


前立腺がん


フェニルアラニンが如何に危険なものなのかわかりますよね
医者の言葉を信じてはならない


コロナワクチンにもフェニルアラニンが含まれています


コロナ


癌を治療では無く
抗がん剤治療は殺人医薬品


うつ病の医薬品も同じく飲んだらダメです


うつ病なんて病名が詐欺