モデルナ DNA汚染 癌の原因となる可能性認める

‼️モデルナは、DNA汚染ががんの原因となる可能性があることを認めている

モデルナ


 新たな査読により、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)mRNAワクチンバイアルに数十億個の残留DNA断片が存在することが判明した。言い換えれば、バイアルは DNA で汚染されています。これらの調査結果は一般には公開されませんでした。



さらに、ファイザーは規制当局への文書で、ワクチン中のSV40配列の存在に関する情報を省略した。
そのため、DNA断片で汚染された新型コロナウイルス感染症ワクチン接種は、DNA損傷に関連するあらゆるものを引き起こす可能性があり、特に先天性欠損症やがんが挙げられる。


‼️スコットランドの子どもたちは、これまでに見たことのない割合で死亡している 1歳未満の死亡者数は、2020年全体と比較して第45週にスコットランドで2倍になった 2020年合計 = 146 2023年合計 第44週は154人。 2023年合計 第45週は162人。これらの数字は、ワクチン接種が高度に行われているすべての国で同様です。


🇺🇸議会
コロナワクチンによる傷害について
特別証人を招いての公聴会


1人目
これまでに8,000件の妊娠に携わってきた産婦人科医のキンバリー・ビス氏
「コロナワクチン導入後に流産率が年々倍増した」


2020年→4%
2021年→8%
2022年→15%


2023年も高いままだった
つまり影響はまだ続いている


2人目
マット・ゲーツ下院議員
「なぜこの公聴会が必要だったのか?」


委員会のメンバーの多くが、大手製薬会社(ファイザー、モデルナなど)に買収され、お金をもらっているからである
上下両院でこれらの役職を率いる人々を調べ、彼らが大手製薬会社のロビイストや大手製薬会社の資金源から得ている金額を並べてみれば、私たちがなぜこの公聴会を開いているかは一目瞭然である


3人目
ロン・ジョンソン上院議員
「これまでに検閲されまくってきたVAERS(ワクチン有害事象報告システム)のデータ紹介、これはCDCとFDAが独自に発表した数字」


『28年以上』にわたって報告されてきた5つの薬と『コロナパンデミック以降』に報告されてきたコロナワクチンとレムデシビルの「有害事象、死亡、年間死亡」の比較


最近報告され始めたばかりのコロナワクチンだけ飛び抜けて報告数が多く(160万件)、28年以上集計されているイベルメクチンやヒドロキシクロロキンなどは少ない