新型コロナワクチンの有効性や安全性について

帝国を崩壊させるはずだったワクチン研究

ナノ


私が数年前にこの研究を発見し、それについて次のような長大な記事を書いたとき、この研究は青天の霹靂であり、完全に壊滅的な衝撃でした。


それはまだあります。


ワクチン帝国全体を打倒するには十分すぎるほどだ。


研究の共著者であるアントニエッタ・ガッティ博士の功績を称えて、キャサリン・オースティン・フィッツは次のように書いています。家に帰るという、あまりにも常套手段の脅迫手段だ。」


それが「科学的追跡調査」でした。


一言で言えば、ガッティ博士の 2017 年の研究では、従来のワクチン全体に信じられないほどの量の汚染が存在することが示されました。汚染は小さなナノ粒子の形をしており、ほとんどが金属であり、明らかに非常に有害で危険でした。


その研究の要約と分析を読む前に、ここに数日前に受け取ったガッティ博士からの最新の連絡があります。それは、彼女、彼女の仕事、そして彼女の研究室に何が起こったのかを、赤裸々かつ不穏なやり方で説明している。これはぞっとする:


「昨年末、私たちの研究室には研究を続ける経済的余裕がなくなりました。個人から依頼された数件の分析から得られた収益は、研究にかかった費用よりもはるかに少ないものでした。その場合、可能性は 2 つありました。すべてを閉鎖するか、スポンサーを見つけることを期待して私たちの所有物をすべて寄付して財団を設立するかです。結局のところ、すべての取り組みは、たとえ最も奇妙なものであっても、金銭的に貢献する意欲のある人を見つけます。なぜ健康に関する基礎研究を行う財団を設立しないのでしょうか? そこで私たちは後者の選択を選択し、ナノ診断財団が誕生しました。」


「しかし、ほぼ1年が経ちますが、1セントも届きません。要するに、どの企業も、どの民間人も、どの機関も積極的に貢献しようとはしないのです。」


「多くの人が結果を求め続け、施設や医師から答えがない質問をし続けますが、お金を手放すという問題であれば、沈黙は絶対です。」


「私たちの仕事が数十億ドル規模のビジネスに対する脅威であることは明らかですが、少なくともほとんどの人にとっては明確ではありません。このため、最も不条理で信じられないほどの中傷がでっち上げられ、私たちに不利益をもたらします。


私たちの科学的結果に異議を唱えることができず、財団が誰のものでもないことが知られているはずなのに、私たちが巨額の金を稼いでいるということを通常は匿名で公表し、財団が私たちのものであるかのような印象さえ与えている人たちがいます。そして誰もそれらから利益を得ることはできません。そしてこのとき、私たちは自分たちの所有物すべてを寄付し、無料で働くことができます。」


「もう一つの戦術は、嘘で私たちを孤立させ、信用を失墜させようとするものです。ボローニャ大学が数日前に行ったこと、私が卒業し、その後専門的に教えていた大学はその小さな例です。」


「数か月前、その大学は私たちに、卒業論文を一緒に準備してくれる学生を受け入れてもよいかどうか尋ねてきました。私たちは学生と今後の進め方について合意し、同意しました。数か月が経過し、数週間前、大学当局がその学生が私たちと協力することに気づいたとき、私たちに数行のメッセージを送り、私たちが何をしているか(そして私が教えたこと)を知らせました。 (その大学では)彼らは興味がありませんでした(これはある意味真実ですが、大学の使命からは非常に遠いです)。言うまでもなく、説明を求めて学長に宛てた私の手紙には返答がなかった。」


「また、私たちが得続けている結果を出版することがいかに難しいかということも、言うまでもありませんが、その結果は経済的に医学雑誌を維持している人たちには好まれず、その科学的性質については私はコメントしたくないのです。記事(ワクチンとSIDSに関する)を出版した後、編集者は二度にわたって記事を撤回するよう求めました[原文どおり]。ロバート・ケネディ・ジュニア弁護士の働きだけがこの要請を止めた。」


「[論文:] 乳児突然死および子宮内突然死症候群における新たな化学物理的解剖調査」 (ここをクリック)


「参考までに、あらゆる困難にもかかわらず、私たちは現在、非常に重要なテーマに取り組んでいます。自然流産した乳児、簡易ベッドで死亡した乳児の脳の分析(乳児突然死症候群、別名SIDS)、乳児からの落下物の分析などです。空(例:最近見たことのないひょう)、食べ物など。これらすべては個人的な信用を失うことによってのみ戦うことができます。」


「私たちは長い間政権からの訪問を受けていません。彼らにとっては、私たちのコンピューターと電話を監視するだけで十分です。残りは「ボランティア」によって行われます。他の科学者に関しては、私たちのテーマを完全に扱っている人は誰もいません。そうすることは、明らかに取らない方が望ましいリスクを意味することを認識しなければなりません。」


「私たちができる限り、私たちは仕事を続けます。しかし、スポンサーが現れなかった場合(無駄なおしゃべりや空約束は役に立たないだけでなく、時間の無駄です)、我々には敗北を宣言する以外に選択肢はありません。この敗北は全世界に属するものであり、そして何よりも、苦しむ運命に値しない子供たちへ。」


「…財団のナノ診断について詳しく説明します 

(ここをクリックFondazione Nanodiagnostics ETS)


可能であれば、上記の Web サイトでガッティ博士の重要な活動に寄付をお願いします。


ガッティ博士のワクチン汚染研究に関する私の元の記事は次のとおりです。


多くのワクチンを汚染する危険なナノ粒子:画期的な研究


「肺」第 2 版: 「ナノ粒子は細胞内構造に匹敵するサイズであり、生体系への容易な組み込みを可能にします。」


世界的な大手企業が製造した15種類の従来型ワクチン44種類を対象とした2017年の研究では、これまで報告されていなかった非常に厄介な事実が明らかになった。


ワクチンはさまざまなナノ粒子でひどく汚染されています。


粒子の多くは金属です。



購読する


私たちは、HPV、インフルエンザ、豚インフルエンザ、B型肝炎、MMR、DPT、破傷風などの従来のワクチンについて話しています。


ワクチン中の汚染ナノ粒子の破壊的な影響の一部を理解するために、2017 年の画期的な研究を以下に示します。


国際ワクチンおよびワクチン接種ジャーナル 第 4 巻 第 1 号 2017 年 1 月 23 日 ワクチンに関する新しい品質管理調査: マイクロおよびナノ汚染 Antonietta M Gatti および Stefano Montanari (論文はこことここにアーカイブされています)

ワクチンに関する新しい品質管理調査: マイクロおよびナノ汚染 - MedCrave オンライン


「実施された分析の結果、検査されたワクチンにはすべてのサンプルに、生産者が申告していない非生体適合性および生体持続性の異物が含まれており、いずれの場合も生体が反応することが示されました。この新しい調査は、ワクチンの安全性を評価するために採用できる新しい品質管理を表しています。私たちの仮説は、この汚染は意図的ではなく、おそらくワクチン製造に使用される工業プロセス(濾過など)の汚染されたコンポーネントまたは手順によるものであるということです…」


研究著者らは、汚染が意図的である可能性に対して扉を開いたままにしているのでしょうか?


「検出された異物の量と、場合によってはその異常な化学組成に私たちは困惑しました。同定された無機粒子は生体適合性でも生分解性でもない。つまり、それらは生体持続性であり、注射直後、または投与から一定時間後に明らかになる効果を誘発する可能性がある。粒子 (分子ではなく結晶) は生物にとって異物であり、そのように振る舞うことを覚えておくことが重要です。より具体的には、それらの毒性は、それらを構成する化学元素の毒性とはいくつかの点で異なり、その毒性がさらに増し、炎症反応を誘発します。」


「注射後、これらの微粒子、ナノ粒子、凝集体は注射部位の周囲に留まり、腫れや肉芽腫を形成する可能性があります…しかし、それらは血液循環によって運ばれることもあり、最終目的地が何になるかを推測する試みから逃れることができます…すべての外国人に起こることですが、特に粒子が小さい場合、粒子のほとんどは分解できないため、慢性的な炎症反応を引き起こします。さらに、タンパク質とコロナの効果は…ナノバイオ相互作用により…望ましくない方法で免疫系を刺激する可能性のある有機/無機複合粒子を生成する可能性があります…ワクチンでよく観察されるサイズの粒子は、次のような可能性があることを付け加えないわけにはいきません。細胞核に入り、DNAと相互作用します…」


「場合によっては、例えば鉄や一部の鉄合金で起こるように、それらは腐食し、その腐食生成物が組織に影響を及ぼす毒性を発揮する可能性があります…」


「ヒト用ワクチンのすべてのサンプルで観察された汚染を考慮すると、これらのワクチン注射後の悪影響は可能性があり、信頼できるものであり、汚染物質が血液循環によって運ばれる場所に依存するため、ランダム性の性質を持っています。同様の量のこれらの異物が、子供のような非常に小さな生物に対してより深刻な影響を与える可能性があることは明らかです。筋肉内にそれらが存在すると…筋肉の機能が大きく損なわれる可能性があります…」


「さまざまな汚染源によって引き起こされた環境汚染の事例を研究すると、分析したワクチンに含まれるものと同様の化学組成を持つ粒子が見つかります。ほとんどの状況において、検出される組み合わせは非常に奇妙です。なぜなら、それらは技術的な用途がなく、どの材料ハンドブックにも記載されておらず、廃棄物を燃やすときなどに発生するランダムな形成の結果のように見えるからです。いずれにせよ、その起源が何であれ、ワクチン、特に乳児用のワクチンにはもちろん、いかなる注射薬にもそれらが含まれるべきではありません。」


この 2017 年の研究は、まったく新しい分野、つまりまったく予想されていなかったワクチン中のナノ粒子の研究を切り開きました。


このような粒子は、いかなる意味でも薬ではありません。


多くの法的および科学的「専門家」は、国家にはワクチンを義務化し、国民に強制する権利があると主張している。しかし、これらの汚染ナノ粒子はワクチンや医薬品ではありません。国家が注射する権利を擁護するのは狂人だけだ。


以下は 2017 年の調査の別のセクションです。ワクチンの商品名とナノ粒子汚染物質の組成が示されています。深呼吸してシートベルトを締めます。


「…マイクロ、サブマイクロ、ナノサイズの無機異物(100nmから約10ミクロンの範囲)のさらなる存在がすべてのケース[44ワクチンすべて]で確認されたが、その存在はワクチン接種時に配布されたリーフレットには宣言されていなかった」商品のパッケージが…」


「…単一粒子、マイクロおよびナノ粒子(100nm未満)のクラスター、および凝集体…アルミニウム、シリコン、マグネシウム、チタンの破片。鉄、クロム、シリコン、カルシウムの粒子がクラスターを形成し、アルミニウムと銅の破片が集合体を形成しています。」


「…粒子は生物学的基質に囲まれ、埋め込まれています。分析したすべてのサンプルで、鉛 (Typhym、Cervarix、Agrippal S1、Meningitec、Gardasil) またはステンレス鋼 (Mencevax、Infarix Hexa、Cervarix、Anatetall、Focetria、Agrippal S1、Menveo、Prevenar 13、Meningitec、Vaxigrip) を含む粒子が特定されました。 、スタマリル・パスツール、Repevax、MMRvaxPro)。


「…プレベナーとインファリックスの滴中にタングステンの粒子が確認されました(アルミニウム、タングステン、塩化カルシウム)。」


「…Repevax (シリコン、金、銀) と Gardasil (ジルコニウム) で見つかった特異な破片。」


「タングステンやステンレス鋼でできた金属粒子も確認されました。ジルコニウム、ハフニウム、ストロンチウム、アルミニウムを含むその他の粒子 (Vivotif、Meningetec)。タングステン、ニッケル、鉄 (Priorix、Meningetec); アンチモン (Menjugate キット); クロム (メニンゲテック); 金、金、亜鉛 (Infarix Hexa、Repevax)、プラチナ、銀、ビスマス、鉄、クロム (MMRvaxPro)、鉛、ビスマス (Gardasil)、セリウム (Agrippal S1) も見つかりました。唯一のタングステンは 8/44 ワクチンに含まれ、クロム (単独、または鉄とニッケルとの合金) は 25/44 ワクチンに含まれます。調査により、一部の粒子が生物学的基質、おそらくタンパク質、エンドトキシン、細菌の残留物に埋め込まれていることが明らかになりました。粒子がタンパク質流体と接触するとすぐに、ナノバイオ相互作用…が発生し、「タンパク質コロナ」が形成されます…ナノバイオ相互作用により、生分解性ではなく、悪影響を引き起こす可能性があるより大きなサイズの化合物が生成されますなぜなら、それは身体によって自己として認識されていないからです。」


「…これらのナノバイオ相互作用の例。メニンギテックでは鉛の粒子を含む凝集体(安定した複合体)が見られます...ステンレス鋼(鉄、クロム、ニッケルなど)の粒子、サーバリックスでは銅、亜鉛、鉛の粒子が含まれています...状況は異なりますが、同様の凝集体(白血病または白血病に苦しんでいる患者)クリオグロブリン血症)については、すでに文献に記載されています。」


ワクチン製造上の問題は「まれ」であるという公式の保証を読んだことがあると思います。これらの宣告を他の医学上の嘘と一緒に提出することができます。


「ライ麦のヘヴィメタルサンドイッチをお願いします。それをお皿に盛る代わりに、注射してもらえませんか?」


この 2017 年の調査結果から、答えを求める重要な疑問がいくつか生まれました。


これらのナノ粒子の一部は意図的にワクチンに含まれているのでしょうか?


従来のワクチンの標準的な製造プロセスは、必然的に危険で破壊的なナノ汚染を引き起こすのでしょうか?


新しいナノテクノロジーはすでにいくつかのワクチンの作成に使用されており、おそらく「有効性を向上させる」とされています。実はRNA型新型コロナウイルスワクチンはナノタイプです。この製造プロセスには、ナノ粒子汚染物質のハリケーンを引き起こす避けられない影響が伴いますか?


ナノ粒子汚染の入り口には、小児期の脳損傷や自閉症のケースが何件あるでしょうか?


そして最後に、これらの汚染されたワクチンはどこで製造されているのでしょうか? 上記の研究はこれを発見しようとしたものではありません。それは研究の範囲外でした。たとえば米国の場合、ワクチンやその成分が多くの場合国内で生産されていないことは周知の事実です。これは安全性の制御をどこに置くのでしょうか? たとえば、製品の汚染に関連した医薬品スキャンダルが数多く起きた中国では?


ワクチン開発機関は、これらの質問のいずれにも答えることにまったく関心を示していません。彼らは質問が存在しないふりをするのに忙しいのです。


体制を信頼するのは自殺行為だ。


-- ジョン・ラポポート


<個人的に思うこと>
海外では多くの訴訟が行われファイザーは何度も罰金を支払っている。と良く見ます。
実際にはどうなっているのか?良くわかりません


現在、これだけワクチン被害の問題で騒ぎとなっている
なのに何故、こんな堂々とやれるのでしょうか?
例え安全だとしても、ワクチン被害はあるのに


そんなことも気にせずに首相官邸が出せるのでしょうか。いくら何でも非常識ですよね。馬鹿丸出し。🤣🤣🤣


新型コロナワクチンの有効性や安全性についてご理解いただいた上で


首相が打ったから安全だと言わんばかり。
これではワクチンの安全などわからないです。


ワクチンの安全は成分表などの全てのデータを公表することですよね
地検で行った詳細な情報提供などです。
いつ死んでも良い野郎にワクチンを打ったから安全だ?

  • 舌先三寸の統一教会に騙されたくない。
  • ワクチン偽物かも知れない。
  • インチキドクターかも知れない。
  • 人口削減かも知れない。
  • 無料には必ず訳がある。

問題となったロット番号調べ政治家全員
多くの国民の目の前で国民が指定したドクターワクチン公開接種
少しは安全が確認できる。


有効性ってどこでわかるんだ?
ワクチン接種した自衛隊はバタバタと倒れた。
有効性など全く無い



ワクチン接種による流産・死産

流産・死産


なぜ私たち国民が安全や有効性を調べなければならない。
国民の税金で国民の安全を守るのが政府の仕事。


日本の税金に集るカルト政治家集団
本当に気持ちが悪い


トランプ大統領事務所テレグラムでもワクチン被害を取り上げるほどのツイート

日本の岸田なんて時代遅れも良いとこ


「これまで見たことがない」:キンバリー・ビス博士が「新型コロナウイルスワクチンによる傷害公聴会」で驚くべき出生率データを共有


「私が見たところによると、2020 年の月ごとの平均流産率は 4% でした。これは普通のことでした…私の流産率は年々 100% 上昇しました。2021 年の平均流産率は月々の割合は 7 ~ 8% でした。何らかの理由でその年の 11 月にピークに達しました。実際、その時、非臨床スタッフのメンバーが私のところにやって来てこう言いました。「ビス先生、私たちがこれまでにないことをご存知でしょう」 「今月は8回流産しました。」これは、20人から25人の患者を出産する診療所において、これは膨大な数です。2022年の平均月次率は15%でした。今、それは11月までのことでした。 13