中国共産党 軍高官の連続解任の分析

外交・軍高官の連続解任の分析:中国共産党の政治的・法的監督は整備されていない

上層部

この1年で多くの外交・軍高官が相次いで解任された。


今年、中国の軍事・外交システムの多くの高官が粛清され、国際的な注目を集めているが、習近平は本当に汚職と闘っているのか、それとも汚職を反体制派の粛清に利用しているのか。評論家らは、一連の高官解任の過程から判断すると、これは組織的な汚職撲滅ではなく、法に対する人間の支配であり、中国共産党の監督制度の深刻な問題を浮き彫りにしていると考えている。


今年、中国の政治・司法制度の多くの高官が汚職などの理由で失踪、あるいは解任されたが、大きな波紋は広がらず、当時の秦剛外相が長期間公の場に姿を現さなかった。 6月25日以降に注目を集めた。中国の全人代常務委員会は7月25日、秦剛氏を外相の兼務から外し、 70歳近い王毅氏を外相に再任することを決定した。秦剛氏が依然として国務委員の地位を維持しているということは混乱を招く。


人民解放軍では高官の異動のニュースが絶えず、8月初旬に突然司令官と政治委員が同時血の交換を発表し、王厚彬氏と徐喜生氏が将軍に昇進した。空軍はロケット軍司令官と政治委員をそれぞれ引き継ぎ、これは元ロケット軍司令官の李玉超氏と政治委員の徐仲波氏がともに辞任したことを意味するが、新たな役職については発表しておらず、まだ公表されていない。多くの異常な事件が外部から多くの憶測を呼んでいるが、「汚職との戦いは常に進行中だ」。


実際、ロケット軍副司令官呉国華氏の謎の死を受けて、過去2か月の間に、中国共産党ロケット軍司令官李玉超氏、副司令官劉光斌氏、そして前者のロケット軍の副司令官であり、現在は中国共産党中央軍事委員会の統合参謀である張振中副参謀長が、汚職を理由に捜査のために連行された。


今週木曜日(14日)まで、海外メディアは米国情報筋の話として、リ・サンボク国防部長官が汚職容疑で捜査を受けており、解任されたと伝えていた。


香港の政治評論家劉瑞氏が指摘、秦剛氏や軍高官に加え、多くの政治・法制度当局者も事件に関与しており、中国共産党が組織的な腐敗防止活動を行っているのか、それとも選択的な腐敗防止活動を行っているのか疑問が生じていると指摘した -腐敗。


劉瑞祥: 以前は、中国共産党の現在の反汚職キャンペーンには見えなかった、組織的な反汚職の要素がいくつかあったことがわかりました。彼は現在、党の規律を第一に考え、次に国家法を優先しており、まず党の規律を使って党への影響を測定し、次に国内法を使ってそれに対処しているが、このやり方は国民に一人の人間に支配されているような感覚を与えている。言い換えれば、彼は選択したのですが、これは本当の腐敗防止ではありません。


同氏は、秦剛から李尚福に至るまで多くの高官が巻き込まれた事件は、中国共産党体制の深刻な問題を反映していると信じている。


劉瑞祥氏は「これは中国共産党が自らの政治制度改革や法的監督において十分な努力をしていないことを示している」と述べた。発生する問題自体は、汚職防止について話し続けるにつれて、事件はますます大規模かつ深刻になり、関与するレベルはますます高くなっているということであり、これは実際に観察する価値のある問題です。


劉瑞祥氏は、たとえ李尚福に何かが起こったとしても、中国共産党は薄熙来のときのように大したことはしないだろうと信じている。なぜなら、それは自らの体制の不完全性を暴露するだけだからだ。同氏は、こうした倒れた役人たちに何か問題があるに違いないと指摘したが、情報が不足しており、その理由を気軽に推測することはできない。先ほどと同様、華春瑩外務次官補が米国に家を買ったなどと何かあったと報じられましたが、彼女はまだ上級職にあります。



緊急差し替え 中共上層部に再び異変で駐日米国大使がツイート


09-14 緊急差し替え 中共上層部に再び異変で駐日米国大使がツイート





動静不明の中国国防相、当局が取り調べか 解任との報道も


行方不明

[東京/北京 15日 ロイター] - 米欧の一部メディアは15日、動静が2週間以上途絶えている中国の李尚福国防相が当局の取り調べを受けていると報じた。


李氏は8月29日に北京で開催したアフリカ諸国との安全保障フォーラムで演説して以降、動静が公になっていない。


英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は15日、米当局者の話として、李氏が当局の調査を受けていると米政府は考えていると報じた。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は李氏が先週、取り調べのために連行され、解任されたと報じた。いずれも理由については言及していない。


エマニュエル駐日米大使は15日、李氏が自宅軟禁下に置かれているのではないかと疑問を呈した。


「まず李氏はこの3週間消息不明だ。次にベトナムへの外遊に現れなかった。そして今度はシンガポール海軍総司令官との会談を欠席した。自宅軟禁されているからか」とX(旧ツイッター)に投稿した。


この投稿には「#北京のビルでのミステリー」というハッシュタグが付けられ、「デンマークは何かが腐っている」というシェークスピアの戯曲「ハムレット」からの引用も添えられている。



中国共産党ロケット軍はスキャンダルにさらされており、元副司令官の訃報は死後21日まで発表されなかった



死後


小池

小池と握手なんてするからダメなんだよ😜👆