不正疑惑の 印アダニグループと 日本の興和グループ

興和、印アダニと協業 グリーンアンモニアを28年に年100万t販売

詐欺アダニ

興和(愛知県名古屋市)は2022年12月26日、インドのアダニグループと、グリーンアンモニアの販売をはじめとするカーボンニュートラル関連業務を協力して推進すると発表した。


2028年をめどに、フェーズ1として年間100万トンのグリーンアンモニアの販売を目指す。このほか、アンモニア混焼に関する検討の促進、次世代燃料やリチウムバッテリーを搭載した電気推進タグボートの建造、次世代型太陽光モジュールの生産に向けた協力など多岐にわたって連携する。


両社は、主にインドで生産される再エネから作られる、グリーンアンモニアと肥料、メタノールといった派生商品を取り扱う目的で、シンガポールに合弁会社を設立し、日本や台湾を中心に将来的にはアジア市場を視野に入れた販売活動を行う覚書を取り交わした。


インド新興財閥であるアダニグループは、世界最大規模の太陽光発電事業者になることを目指し、今後10年間に700億米ドルの投資を表明し、グリーン水素、アンモニアのバリューチェーン構築を目指している。また2027年までにリニューアブルエナジー会社として世界のフロントランナーになることを目標にしている。


グリーンビジネスの開拓を推進

興和は今回、アダニグループの中核企業で、インド最大規模の太陽光発電事業者であるAdani Enterprises(AEL)、インド民間最大の独立系発電事業会社(IPP)であるAdani Power(APL)をはじめ、Adani Port & SEZ(APSEZ)、Adani Green Energy(AGEL)と、その関連会社と包括業務契約を締結した。今回の契約は、2016年にAELと締結した内容をもとにしている。


同社は現在、健康と環境をテーマに脱炭素社会に貢献する取り組みを国内外で展開している。その一環で、2022年3月、APLとIHI(東京都江東区)と共同で、APL所有の石炭火力発電所で、アンモニア混焼技術の共同検証を実施すると発表した。3社は、このアンモニア混焼に関する検討を、APL所有の他石炭火力発電所やインド国内他石炭火力へ展開することも見据えている。


アダニグループとは2011年に包括的事業提携を結び、日系企業との橋渡しを担ってきた。今後も同グループとの提携を通じて、クリーン燃料として注目されるグリーン水素・アンモニアの多様な利活用モデルなど、再エネを利活用したグリーンビジネスの開拓に取り組んでいくとしている。




アダニと興和、複数の契約で業務提携を強化
編集者のあらすじ
 アダニグループと興和グループは、25 年を超える堅固な事業の歴史を持っています。
興和は最新技術の導入とアライアンス活動の拡大に積極的に取り組んできました。
日本の企業が関与する企業向けにアダニに。
 この協定には、エネルギー、インフラストラクチャー、
将来のカーボンニュートラルの機会に主に焦点を当てた貿易。
 両社は、引取り、販売、販売を行う合弁会社設立に向けた協議を開始する予定である。
インドで生産されるグリーンアンモニア、グリーン水素およびその誘導体のマーケティング
日本と台湾のお客様。


ガウタム・アダニ氏(左) – アダニグループ会長、三輪佳宏氏(右)– 社長兼最高経営責任者(CEO)
興和グループはアーメダバードで「業務提携協定」を締結。
アーメダバード、2022年12月16日。 アダニグループ(アダニ)と興和株式会社(コーワ)がリニューアルしました
カーボンニュートラルの到来に主眼を置いた長年にわたる「業務提携契約」(BAA)
ビジネス/ソリューション、およびこれに関する補足覚書 (MOU)
日本と台湾におけるグリーンアンモニアの引取・販売・マーケティング


アダニグループの数十年にわたる戦略的ビジネスパートナーである興和は、包括的なビジネスを開始しました。
アダニグループとの先進技術、製品、設備、資金の導入における提携
日本。
両当事者は、特に同盟活動を改善するための協定を更新することに同意した。
グリーンエネルギーの供給を含むさまざまな取り組みを通じて、インドと日本のカーボンネットゼロ社会を促進
火力発電所の原料や燃料として使用されるグリーン水素から得られるアンモニア
カーボンを直接置換します。
今年初め、興和はAdani Power Limited(APL)とMOUを締結し、実現可能性調査を実施した。
インドの石炭火力発電所で20%のグリーンアンモニア混焼を達成するための改造。
これらの取り組みは、インドと日本が発表した「日印クリーンエネルギーパートナーシップ(CEP)」に沿ったものです。
日中エネルギー協力促進を目的として、2022年3月19日に日本政府が発表
インドは、それによって両国のエネルギー安全保障を確保する。
BAAに基づき、興和とアダニグループはグリーンアンモニアとグリーンのマーケティングを特定しました。
アダニグループが日本および台湾市場への供給向けに製造した水素誘導体をクリーンなものとして提供
鉄鋼、肥料、その他の産業用途向けの燃料とグリーン原料。


興和グループについて
興和は1894年に日本の綿織物問屋として創業し、世界的な企業へと積極的に成長してきました。
医薬品・医療品の研究から製造・販売まで様々な事業活動を行っております。
機器、食品、光学製品、省エネ・創エネ製品の取引をはじめ、幅広い商品の取引を行っております。
商品、繊維、容器、機械、化学品など。 同社は次への旅に乗り出しました。
持続可能な環境およびインフラストラクチャのソリューションを顧客に提供します。
詳細については、www.kowa.co.jp/eng/をご覧ください。
アダニグループについて
Adani Group は、7 つの上場企業で構成されるインドの多角的な組織です。 作成しました
インド全土に存在感を示す世界クラスの交通および公共インフラのポートフォリオ。 アダニグループ
本社はインドのグジャラート州アーメダバードにあります。 アダニグループは長年にわたり、
輸送物流およびエネルギー公益事業ポートフォリオ事業において市場リーダーとしての地位を確立
インドにおける大規模インフラ開発に焦点を当て、O&M慣行を世界基準に準拠
規格。 4 つの IG 格付け企業を擁する同社は、インドで唯一のインフラ投資適格発行会社です。
詳細については、www.adani.comをご覧ください。
https://www.kowa.co.jp/eng/news/press221226e.pdf


興和グループの親会社




医薬品メーカーは白い粉も作るよね😎



モディ政権がアダニ・グループに5億ルピーの巨額資金を提供

政府は経済特区に関する規則を密かに微調整しており、その新しい規則は特にアダニ・グループに有利なものとなっている。


モディー


頭が良いねー!モディー😁👆



これでドミノが崩れ日本もお陀仏


ナムナム🙏🙏🙏



世界長者番付2位に急浮上したインドの富豪、ゴータム・アダニ

フォーブスアダニ


インドの新興財閥アダニ・グループ会長のゴータム・アダニは9月16日、一時的にイーロン・マスクに次ぐ世界第2位の富豪となった。現在60歳の彼の保有資産は、ジェフ・ベゾスやビル・ゲイツらを上回っている。


フォーブスの計算で、アダニの保有資産は米国時間16日午後の時点で1522億ドル(約21.8兆円)で、マスク(2701億ドル)とLVMHのベルナール・アルノー(1547億ドル)に次ぐ世界3位だが、彼の資産はアダニ・グループ傘下の上場企業数社の株価の急上昇により16日朝に一時的にアルノーを上回った。


インドのインフラ王として知られるアダニは大学中退後の1988年に輸出会社アダニ・エンタープライジズを創業し、港湾管理や発電、不動産などさまざまな分野にビジネスを拡大した。彼のコングロマリットは現在、インドで上場企業6社を抱えている。彼はまた、2020年にはムンバイ国際空港の株式の過半数を取得していた。


自らを内向的な性格と称するアダニは、2008年に初めてフォーブスの世界の長者番付に登場していた。


アダニ・グループ傘下の上場企業の株価の急上昇によって、アダニは、今年2月にアジアでトップの富豪に躍り出た。同グループは現在、輸送大手のAdani Ports & Special Economic Zoneや再生可能エネルギー提供会社のAdani Green Energy、電力会社のAdani Transmission、天然ガス大手のAdani Total Gasなどを保有している。


アダニは、誘拐とテロ攻撃という、2つの死と隣り合わせの出来事を生き抜いた人物としても知られている。インドのメディアTimes Nowによると、1997年に彼は銃を突きつけられて誘拐され、150万ドルの身代金を要求された後に解放された。アダニは、事件について多くを語らないが、2013年にフィナンシャル・タイムズ紙に、誘拐は彼の人生における「2つか3つの非常に不幸な事件」のうちの1つだと述べていた。


アダニはまた、レストランで食事中にテロ事件に巻き込まれた経験を持つ。2008年に、ムンバイのタージマハルパレスホテルのレストランで食事をしていた彼は、テロリストがその店を占拠したために出られなくなった。しかし、その後兵士たちが建物に突入し、客たちは解放された。




ワタベウェディング、「コルゲン」「キャベジン」で知られる興和の傘下で再建なるか?



億万長者ゴータム・アダニ氏の複合企業、新たな株式操作疑惑に直面

アダニ・グループの上場企業の株価は木曜朝、同社の海外投資家とインドの複合企業の億万長者の創設者ゴータム・アダニ氏の家族との密接な関係が新たな調査報告書で明らかになった後、同グループが「厚かましい株価操作」に関与した疑いに直面してから数カ月後に急落した。」


アダニ新たな不正


アダニ氏はイスラエルに到着し、この港湾協定に署名したと述べた - 地中海の貨物輸送に大きな変革をもたらすだろう

インドの実業家ゴータム・アダニ氏がイスラエルを訪問中。この間、彼はイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相と会談した。一方、ネタニヤフ首相はハイファ港をアダニ・グループに引き渡した。この合意の後、アダニ氏は、エイブラハム合意は地中海の物流にとって大きな変革となるだろうと述べた。


イスラエルとアダニ

https://www.aajtak.in/world/story/gautam-adani-reached-israel-signed-haifa-port-deal-prove-game-changer-for-logistics-mediterranean-sea-israel-pm-netanyahu-ntc-1627386-2023-01-31




Adani Group: Adani Group は港湾事業で大躍進し、イスラエルで最も人気のある港の 1 つであるハイファ港を買収しました

Adani Group: Adani Group はまた大きな成果を上げ、イスラエルで最も人気のある港の 1 つであるハイファ港がこのグループの名前になりました。



アダニー港






アダニ港の麻薬事件:なぜアダニ港自体が麻薬密輸の拠点になりやすいのでしょうか?

アダニ港の麻薬事件:ナレンドラ・モディ首相の親友ゴータム・アダニ氏のマンドラ港が再びニュースになっている。3億7650万相当のヘロインが回収された後、ATSの捜査が再び行われている。


麻薬