キュウリ メロン スイカ 酸化グラフェン

Cucumis melo 酸化グラフェン 瓜系には注意

  • ネット販売は買わない
  • 種から食べられる。キャッチフレーズに注意
  • 瓜系が狙われています


メロン・スイカ・キュウリ・かぼちゃ


Cucumis melo graphene oxide

酸化グラフェン


高性能スーパーキャパシタ用の電極材料としての、アベルモシャス・エスクレンツスおよびキュウリの皮からのバイオマス由来還元酸化グラフェン


https://www.researchgate.net/publication/354582838_Biomass_Derived_Reduced_Graphene_oxide_from_Abelmoschus_esculentus_and_Cucumis_melo_peels_as_electrode_material_for_High_Performance_Supercapacitors


メチシリン耐性黄色ブドウ球菌に対する効果的な抗菌システムとしてのクルクミンを配合した酸化グラフェンフレーク


メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA) は世界中で深刻な院内感染の原因となっており、世界的な公衆衛生問題を代表しています。ターメリックの主成分であるクルクミンは、MRSAに対して効果がありますが、細胞毒性のある濃度でのみ、または抗生物質と組み合わせた場合にのみ効果があります。クルクミンベースの治療における主な問題は、この疎水性化合物の溶解度の低さと、高用量での細胞毒性です。この論文では、クルクミン (CU) と酸化グラフェン (GO) で作られた複合ナノ粒子 (以下、GOCU) の MRSA 感染症治療における有効性について説明します。GO は、表面積が大きく、薬物担持能力が高いナノマテリアルです。GO には、主に細菌の膜を機械的に切断することにより、抗菌特性もあります。この物理的な作用メカニズムにより、微生物がこのナノ材料に対して耐性を発現する可能性は低いです。この仕事で、-1。さらに、GOCU は線維芽細胞に対して低い毒性を示し、赤血球の溶血を回避します。我々の結果は、GOCUが抗生物質耐性MRSAに対する有望なナノ材料であることを示しています。






酸化鉄ナノ粒子とセレンの補給は、ヒ素ストレスを受けたキュウリの抗酸化システムとクロロフィルシンターゼ(CHLG)とプロトクロロフィリドオキシドレダクターゼ(POR)の遺伝子発現を調節することにより、成長と光合成を改善する


概要

現在の研究では、キュウリメロンのヒ素(As)誘発毒性の軽減における酸化鉄ナノ粒子(IONP)とセレン(Se)の積極的な役割が明らかになりました。As を添加した土壌 (20 mg kg -1 )で栽培した C. メロ植物As) は、成長、クロロフィル (Chl) 含有量、光合成速度、気孔の伝導率、および蒸散の低下を示しました。一方、IONP または Se の単独施用は、C. メロ植物の成長および物理化学的パラメータを改善しました。さらに、外因性適用 IONP と Se は、C. メロ植物の抗酸化酵素とグリオキサラーゼ システムの活性を相乗的に改善しました。さらに、IONP と Se を一括処理すると、As ストレス下での C. melo 植物の As 取り込みが減少し、光合成速度が向上し、ガス交換特性が増加しました。IONPとSeの相互作用効果は、As汚染土壌に曝露されたC.メロ植物の還元グルタチオン(GSH)、酸化グルタチオン(GSSG)およびアスコルビン酸塩(AsA)含有量を調節した。IONP と Se 処理は呼吸バーストオキシダーゼホモログ D (RBOHD) 遺伝子の発現も調節しました。クロロフィルシンターゼ (CHLG) およびプロトクロロフィリド酸化還元酵素 (POR)。したがって、IONP と Se を組み合わせて処理すると、As ストレスが軽減され、作物の成長が促進される可能性があります。



👇👇👇👀




お腹痛い


👇アメーバからのアクセス多いから更新したよ😂



もっとヤバイの見つけちゃったし


まとめちゃうぞ~~~😁👆



👇👇👇👀