ムラゴン ブログ お問い合わせフォームの作り方

TOP

お問い合わせフォームの作り方を教えて欲しいと言う質問が来ましたので記事にしてご案内致しますね



初心者でもメールアドレスひとつあれば、簡単にお問い合わせフォームが作れるサイトはフォームズと呼びます。



有名な無料ツールですがフォームズを知らない方も多くいらっしゃります。


フォームズは、こちらです。


無料で使えますが広告は入ります。




フォームズに登録をするとお問い合わせフォームが簡単に作る事が出来ます。


一般的にネット上にメールアドレスを直書きをしてしまうとスパム送信されてしまう恐れがあります。


また、自動的にメールアドレスを収集するプログラムのターゲットにもなります。



ホームページなどの評価は、著しく低下をしてしまいます。



もしもムラゴン ブログ で ネットビジネスなど、どうしても連絡を取りたい場合などの時には、お問い合わせフォームならばメールアドレスを公開しなくとも連絡を取る事が可能となります。


フォームズに登録をしますと、左側に機能の一覧が表示されています。


お問い合わせフォームで一番シンプルな必要な部分だけのフォームの作成であれば


  1. メールアドレス記入欄
  2. お名前記入欄
  3. コメント記入欄

このぐらいですよね!必要最小限で充分です。


フォームの名前、ムラゴンお問い合わせフォーム


あとは、携帯の時に対応・スマホに対応ぐらいですよね
左のアイテムを見て携帯にチェックを入れる
(スパム対策認証)設定
デザイン変更
完了
最後に設定保存します


フォームを作られた後から変更も可能です。



フォームが作られると自動的にメールが届きます


URLや設定方法などが記載されたメールが到着します。


フォームの設置方法はこちらです。





リンクをクリックして別ウィンドウで開く方法


メールで届いたレスポンシブ対応のURLを入力してボタンを押します。するとタグが自動的に出力されるのでコピーをします。


< a href = " https://ws.formzu.net/dist/S12345678/ "  target= "_blank" >メールフォーム< /a >


メールフォーム】文字はHTMLにして追加しても大丈夫です。 
  ↑こんな感じにリンクになります。



これは、ムラゴンのページで記入する時には、HTMLにしてコピペです。



ヘッダ・記事・フッタなどへの自由文章の記入は、そのまま貼り付けても良いです。



ページ内に埋め込む方法もありますが、ムラゴンはリンクで充分だと思います。



リンクをクリックして別ウィンドウで開く方法であれば、「×」でページを閉じれば
戻りますからね。(;^ω^)




フォームズは、昔からあります。
多くの方が利用されている有名な無料で使える便利ツールです。




有料もありますが無料で充分だとは思います。
広告が気になる様でしたら有料を選んでみては如何でしょうか?




メールアドレスさえあれば、アカウントが取れて無料でいくつものフォームが作れます。
また、ショッピングカートの様にして注文を受ける機能にも対応して使えます。




ムラゴン ブログも レスポンシブ対応ですからお問い合わせにも大変便利です。



個人でもお問い合わせフォームが対応されている。と言う事は信用が増すと言えますのでGoogleのアドセンスにもそれなりに評価はされるはずです。


ムラゴンでもお問い合わせは受け付けていますが両方が対応されていれば、信用があると評価される部分だと思います。


ブログの構造化と言われる部分においても、詳しく記述を追加対応されていると高評価される部分でもあります。


この辺りは、専門的な部分のお話になりますので控えめに致します。




個人でも連絡が取れると素敵な方からラブコール💕も来るかも知れませんよ。
(≧∇≦)




真剣なお話しですが、この機能は覚えた方が良いですよ~



ネットビジネスになりますからね。(・∀・)b


賢い方は、どんどん活用されております。




個人でもお問い合わせに対応する事は、とても良い事なんですよ


ブログを読んだ方でも安心しますよね。それだけ信用がある!って事です。


ムラゴンでビジネスされていらっしゃる方には特に必要とされる部分ですからね。




ムラゴン ブログ ヘッダへの自由文章の使い方


一般的にもヘッダには、あまり多くの文字を記入するのは私は良いとは思いません
検索エンジンのロボットがクロールする時に一番最初に読み取る重要な部分ですから控えめに活用された方が良いと思えます。



現在、わたしのヘッダにはサンプルで表示しています。



ヘッダは、こんな使い方ならば良いかなと思います。
モバイル表示を意識して記入

ヘッダ


こちらは、ペイジャーの下にあるフッダです。
同じく記入してあります。
3つもあれば充分です。

フッタ


いろんな活用方法ももちろんありますが、綺麗にまとめることが良い方法と思います。


お得情報 (^^♪
★キーワードのリンクを入れると良いです。★




今回は、初心者でも作れるお問い合わせフォームの作り方と
ヘッダとフッダを綺麗にまとめる方法でした。





いかがでしたか?便利な物って意外にあるんですよ


使ってみて体験するのも良いですね。




( ^^) _旦~~ お疲れ様でした。





(´,,•ω•,,)ノ″マタネェ♪