mRNA注射がこんなにも早く死ぬなんて知りませんでした

「血栓は異常なほど多かった」とコーダーは指摘する。「こんな血栓は見たことがなかった。


コーダー



mRNA注射
「mRNA注射が普及する前は、人間がこんなにも恐ろしい形で、こんなにも早く死ぬなんて知りませんでした...何日も患者は発作を起こし、どんな薬も止めることができず、結局...彼らはdown."




このインタビューでは「ゾーイ」とだけ呼ばれている病院の医療コーダーが、Children's Health Defense(@ChildrensHD)のために、COVIDワクチン接種の展開後に目撃した恐ろしい出来事について語った。想像を絶する致命的な病気の中には、脳炎、脊椎壊疽、血栓、脳卒中、多臓器不全などがあった。



「mRNA 注射が普及する前は、人間がこんなにも恐ろしい形で、こんなにも早く死ぬなんて知りませんでした。狂気の沙汰でした。あんなのを見たことがありませんでした。最悪の場合、敗血症と呼ばれていましたが、それは即座の多臓器不全のようでした。数時間で、患者は肝臓、肺、腎臓などの機能不全で亡くなりました。 ..."ゾーイは CHD に語ります。彼女はこう付け加えます。「彼ら(注射被害者)を発見した救急隊員の記録によると、彼らの体はあらゆるものを拒絶しようとしたようで、家族が 30 分前に現場に到着したのに、1 時間以内に亡くなっているというケースもありました。」



ゾーイは「今まで見たこともないような発作を起こした患者が来院した」と述べ、病院のスタッフは「一部の患者を制御できなかった」と付け加えた。コーダーは「何日も患者は発作を起こし、どんな薬も止めることができず、結局は… down."



「彼らはそれを脳炎、あるいは脳症と呼び、その後、コード化組織でさえも…[それを] COVID-19関連脳炎と呼ぶようになりました」とゾーイ氏は言う。



「血栓は異常なほど多かった」とコーダーは指摘する。「こんな血栓は見たことがなかった。心臓介入や頸動脈へのステント(ステントは通常、金属合金またはポリマーで作られたチューブ)挿入(脳卒中の場合)ができるスコープを持って現場に赴いた介入放射線科医でさえも、通常は複数のステントが挿入されることは稀だが、彼らは一度に複数の場所を記録していた。心臓発作の症例では、これまで必要のなかった大量のステントが必要になったこともあった」




ゾーイさんはさらにこう語る。「20代でハイキングをしたり、マラソンを走ったりしていた健康体だったのに、腰から足にかけて巨大な血栓ができ、救命不能となり、突然足を切断しなければならなくなった人もいたんです。」




「一晩で脊髄壊疽になるケースもありましたが、これは今まで見たことがありませんでした」とコーダーは付け加えた。「そして、ご存知のように、脊髄が壊疽になった場合、脊髄を切断することはできません。通常は、そのようにして死滅しつつある組織を切除して、さらなる感染を防ぐのですが、どうしたらよいか分からなかったのですdo.彼らにできる唯一のことは、基本的に、脊髄のその部分をインプラントで置き換えることだけでした。それが彼らにできる最善のことでした。 do...それは本当にひどいものでした。」




こうした恐ろしい出来事に対する医師の反応について、ゾーイは「彼らは困惑し、点と点を結び付けられなかった」と語る。しかし、彼女は「ワクチンによる障害の潜在的な症状はわかっていたため、今述べたような症状はすべて 100% ありました」と付け加えた。その知識にもかかわらず、「医師は患者に決してそんなことは言いません。ただ『脳卒中だ。心臓発作だ。血栓だ』と言うだけです。そして、その 2 つを結び付けることは決してありません」。



この女性は医療コーダーとして、患者の医療記録に含まれる情報を保険用のデータベースに転送します。


彼女の仕事は医師が報酬を得るために重要です。この衝撃的なインタビューで彼女は、新型コロナウイルス感染症プロトコルの背後にある真実と、PCR検査や医薬品の背後にあるインセンティブとの関係を明らかにします。彼女は、病院が患者が実際に陽性であるかどうかを調べる検査を行う前にウイルスの治療を行う理由を説明し、医療スタッフが人工呼吸器の設定に致命的な欠陥があると警告されたときのことについて語ります。 CHD.TV で、このような医療内部告発者へのインタビューをご覧ください。