サウジ皇太子が日本訪問

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子が5月20日から23日まで日本を訪問し、天皇や首相と会談する予定であると東京が金曜日に発表した。


サウジ皇太子



サウジ皇太子が日本を訪問 天皇や首相と会談する予定 | テレグラムニュース速報



サウジアラビアは日本への主要な石油供給国であり、同国の政府系ファンドはこの分野への大幅な参入の一環としてゲーム大手任天堂の株式を保有している。


イニシャルMBSで知られるサウジアラビアの事実上の指導者による日本訪問は、2019年以来初めてとなる。


政府によると、徳仁天皇に謁見し「宮廷昼食会」を開き、岸田文雄首相とも会談する予定だという。


林芳正政府報道官は記者団に対し、岸田首相は二国間協力や中東や国際社会に影響を与える「広範な」分野について話し合う予定だと述べたが、詳細は明らかにしなかった。


ムハンマド皇太子は「コール オブ デューティ」に熱中する熱心なゲーマーと言われており、2017年に38歳の皇太子が王位継承順位第一位になって以来、サウジアラビアはこの分野に多額の投資を行っている。


2022年、皇太子は潤沢な政府系ファンドである公共投資基金(PIF)が所有する王国のサビー・ゲームズ・グループへの380億ドルの投資戦略を発表した。


昨年6月の提出書類によると、PIFは2023年に任天堂の株式8.6%を保有する最大の外部株主となる。


「コール オブ デューティ」メーカーのアクティビジョン・ブリザード、エレクトロニック・アーツ、「ストリートファイター」メーカーのカプコンの株式も購入したと伝えられている。


サウジアラビアは、ゲームを制作する国産スタジオを含む業界の「最高の世界ハブ」になるための推進の一環として、今年からeスポーツワールドカップを開催することを目指している。


サウジはまた、日本の漫画「ドラゴンボール」シリーズに基づいた、少なくとも30の乗り物と70メートル(230フィート)のドラゴンの模型を備えたテーマパークも計画している。


この計画は、サウジアラビアを石油から経済的に多様化し、イメージを向上させるためのムハンマド皇太子のビジョン2030プログラムの一環である。


活動家らは、サウジアラビアの反体制派が投獄され、処刑が日常的に行われているという悲惨な人権状況をこの圧力は嘘だと主張している。


サウジアラビアの反体制ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏は2018年、渡航書類を入手するためにイスタンブールのサウジ総領事館に入った後に殺害された。


資源に乏しい日本の石油輸入の90%以上はサウジアラビアや他の湾岸諸国からのものである。


日本のエネルギー企業も、日本の二酸化炭素排出量を削減するための燃料としてこれらのガスを利用することを目的として、湾岸での水素とアンモニアの生産プロジェクトへの投資に熱心である。