ムラゴン ブログ 始め TOKYO!

2024 みんなおいでよ ムラゴン ブログへ! 日本人のための新しい日本を作ろう

バーン博士、脳死は嘘です

私が特別ケア保育園とカーディナル・グレノン小児病院を1963年に設立し、私たちは人工呼吸器の発明に貢献しました、血圧の高い赤ちゃんの治療法を発明しました、私たちは地域社会の分野のリーダーでした

脳死は嘘


脳死は嘘で、新鮮な臓器を手に入れるために嘘をついて生きている人間から
臓器を摘出している。

新鮮な臓器は生きている人の臓器からでないとならない
意思を示さない事と脳死とは別である


医学文献に発表しました。その中に論文があり、米国医師会では論文とターゲット法の優れたレビューがありました。85ページに244の脚注があります。


移植されるすべての臓器は健康な臓器であり、生きている人からのみ健康な臓器を得ることができます。


ドイツ系アメリカ人医師会と1919年から1920年にかけて、ドイツで医師たちが何をしていたかを書いた医師とドイツ人の記事をドイツ系アメリカ人医師会と1919年から1920年に見つけた。この医師たちを止めるためにドイツで第二次世界大戦が起きたが、その後何が起こったのかというと、彼らの記録は


ところで、すべてはロシア人の手に渡ってアメリカに行きました、彼は選挙で選ばれ、その後独裁者になりました、それで、そうです、それはドイツで起こっていたことと非常に似ています、そしてそれはドイツの医師たちの間で起こりました。



これは嘘だということについて話し続けてきたのです、私はアメリカ中と話してきました、私は多くの国と、そしてこのテーマについて話してきました、そしてそれを続けています、そしてそれが別の原因です 


これは事実ですが、一度真実から逸脱すると、最初はそれは偽りですが、人々が彼の偽りに気づき、それが生きているとき、3日後に彼らは第二の心臓を作りました



衝撃的な内容の動画です
YouTubeの動画、これは消される可能性が高いです。


とても長い動画ですので博士の論文PDFを👇に


Dr Byrne, Brain death is a lie.


https://epublications.marquette.edu/cgi/viewcontent.cgi?article=2203&context=lnq


「脳死」は嘘だ

による


ポール・A・バーン医師


そして


ジョージ・M・リンコウスキー牧師


オハイオ州トレドの新生児科医バーン博士は、


オハイオ医科大学の小児科。


神父様 リンコウスキーは教区の仕事から引退し、引き続き活動を続けています。


道徳的な問題について相談するだけでなく、いつでも対応できるようにする


重篤な患者には司祭が必要です。


最近 Howsepian i によって出版されたものを含む多くの記事


ダイヤモンド2


、「脳」という個人的な意見を裏付けるために書かれています。


「死」は死です。彼らは特異なアプローチで防御を続けます。


「全脳死」、「脳幹死」、皮質、新皮質、または大脳


「脳」としての非機能、機能、機能、活動または活動など


死。"


死の問題を探求することで、これらすべてが明らかになります。


あるがままのことをする方法を見つける方法ではなく、事実と一致する真実


希望。 私たち3


、4、5、およびシューモン、6 トゥルーグ/などを含むその他多数


サイフェルト氏は、「脳死」に関する多くの虚偽に対して反論してきた。 どちらでもない


死や「脳死」の虚偽を明らかにすることは「些細な問題」である


トレンドを追いかけたり、今あることをやったりすることが問題であってはなりません。


普及、または移植のための臓器の調達。


ダイアモンド博士2は、論文の終わり近くで次のように述べています。


標準または新しいシューモン標準は、実質的にすべての 90% を終了します。


人間の臓器移植、またはおそらく不対の重要な臓器の 100%


移植。 これは、次の場合に支払うべき代償ではないでしょう。


その結果、人命の尊厳に対する社会的尊重が回復されるだろう


それは、全脳死を受け入れることでどういうわけか失われていた。


人の死に等しい。 「ここでダイアモンド博士はこう述べている(ように見える)」


私たちが真実を書き、述べてきたことを。 そして、さらに付け加えます。




「脳死」という死亡宣告フィクションの現状は
死の文化の一部です。
尋ねるべき重要な質問は、「その人は死んだのか?」ということです。 もし答えが
いいえ、その場合、その人は生きており、そのように扱われなければなりません。 分からない場合
答えは、私たちは自由に臓器を摘出したり、研究を実施したりすることはできません。
生きていれば人を殺す。 答えが「はい」の場合、質問は次のとおりです。
死亡を判定するために一連の基準が使用されたのか?」
脳関連の基準は、次のような場合に有効となるデータに基づいていません。
真に科学的な目的。 ハーバード大学の基準9
なしで出版されました
患者データはなく、基礎科学報告書への言及もありませんでした。 の
ミネソタ基準は 25 人の患者の研究から発展しました。 脳波検査は
これらの患者のうち9人のみに実施された。 9 人のうち 2 人には「生物学的活性」があった
脳死の時点で」彼らの結論:もはや脳死の必要はない
脳神経外科医は死亡判定に脳波を使用する -
科学的にはほとんど有効ではありません! 英国基準」にも含まれていません。
脳波。 British Medical Journal'2 で、英国の医師らが次のように報告した。
イギリスはミネソタの医師に大きな影響を受けた
脳波検査を必要としない人。 NIH 基準は研究から導かれました
共同研究として知られています。 3 1977 年に NIH 基準は次のようになりました。
大規模な臨床試験が推奨されていますが、まだ実施されていません。
14
1978 年までに 30 を超える基準セットが発行されました。 15 1 セット
最近出版された文献では、参考文献が I、II、または III のカテゴリーに分類されています。
重要性に応じて。 6 最も重要なのはカテゴリー I のものでしょう。
しかし、このカテゴリには参考文献が 1 つもありません。 参考文献の半分が入っています
最も重要度の低いカテゴリ III。 他にもたくさんのセットが出版されています
医師、病院、移植センターは誰でも自由に利用できます。
これらのセット。 したがって、患者は 1 セットで死亡と宣告される可能性がありますが、そうではありません。
別の。 これは非常に大きな警戒の元となるはずです。
真実は、人は死ぬまで生きているということです。 誰も変えることはできない
この真実は、「機能の不可逆的な停止」または「
脳幹を含む脳全体の機能」または「不可逆的な
大脳活動の停止」、またはその他のあらゆるものは死です。
この人の地上での人生は終わりました。つまり、人生が地球から離れたときです。
遺体は残骸だけになる。 以下のことが役立つかもしれません
これの一部を理解してください。
すべての人々の利益のために神によって確立された 3 つの科学があります
人類、農業、医学、そして民政。 神が任命するのは、
水、食料、衣類、住居を供給するすべての人への配慮の仕事
農業科学。 これらの定番を否定する人にとって、evi I は
「私から離れなさい」という言葉によって永遠の死に宣告される
(マタイ 25:41)。 医学科学が発見した今、
以前にはなかった生命を保護し、生命を維持し、寿命を延ばすための方法




民政府の義務は、保護と正義の保障を保証することである。
生命、自由、幸福追求の権利の保護。 全て
国家構成員のその他の権利は、これらの基本的権利から派生します。
人間の創造そのものによって確立されました。
科学というのは専門用語です。 科学は確かで明白です
原因を通して物事を知ること。 癒しと死を防ぐ援助
そして危害を避けるためには、最終的には次のような確実かつ明白な知識が必要になります。
怪我、傷、ショック、病気、そして最善の方法の発見
医療と患者のケア。
医学という科学は、生命を守るために神によって任命されています。
生命を維持し、寿命を延ばし、生活の質を向上させます。
生命の尊厳。 これはまさに科学の定義を構成します。
薬。 医師であるキリストは道であり、真理であり、命であり、
「私が来たのは、あなたが命を持ち、さらにそれを得ることができるようにするためです」
医学には生命が属しています。
「脳死」を考えると無視される傾向があります。
それは患者である人であるという事実。 評価されるのは脳ではない
治療。 その人は唯一無二の存在であり、自由の権利を持っています。
自由とは自己決定の権利です。 自由の権利というのは、
いかなる場合でも善を行い悪を避ける力によって生命を守る
インスタント。 これに加えて、自由は未来を予測する権利です。
次の瞬間、そして未来へ、幸せを追求します。
民政はその存在理由そのものによって設計されており、
生命、自由、幸福追求の権利を確保する。 正義というのは、
民政府の仕事、つまり国家のすべての構成員が次のことを行うことを保証すること
正義によって受けるべきものを受け取る。 政府の本質は、
それぞれに義務があるもの。
人は権利の主体です。 その人は住んでいます
自分の人生の責任を負う。 人生は魂と魂の結合の実質的な事実です
体。 人は生きているものであり、脳の命は存在します。
生きている人のために受け取られ、永続します。 魂は命そのものです
体のことも、人のことも。 魂は霊的なものなので、部分はありません。
知性とは、理解し推論する力です。 意志は、力として、
魂とは、物事を遂行する際に自由を行使する能力(ハビリタス)です。
行為。 人生の本質的な事実はまさに魂と知性の行使である
そして、成り、生き、理解する意志。 これはまさに、
生命、自由、幸福追求の権利。
魂は実体的な形であり、全体として完全なものです。
人、全体、体の各部分、脳、心臓、肺の全体
そしてそれぞれの細胞。 これが可能なのは、魂には部分がないからです。 言葉
神経叢を使わずに単に意味を適用します。
「脳死」という概念の架空の適用または侵入は、




~をするために人の生活に侵入する計画的な虚偽。
臓器移植による殺人の悪。 人の自主性というのは、
臓器移植という悪に侵される。 この悪は基本を侵すものである
生命、自由、幸福追求の権利。 民事の総合力
被統治者の同意を得て政府が設立される
これらの権利を確保します。
医学の科学の目的は生命を守り、長生きさせることです
生活の質と生命の神聖性を高めるために。 記事
Howesepian I と Diamond2 は詐欺的です。 [詐欺: "法律:
他人に貴重品を手放すよう誘導するために、意図的に真実を歪曲すること
自分の所有物を譲り渡すか、法的権利を放棄するかだ」(ウェブスター氏)
辞書)]
脳を身体の生命の場所または場所として考えること
それは人の魂や人生についての誤解です。 魂というのは、
体の寿命。 その人は世界のどこかに存在する挿入物ではありません。
体の限界。 魂と人生の現実は、完全かつ完全なものです。
それぞれの部分の魂と全体と全体。 魂には、それ以外の部分はありません。
魂と体で形成された人には部分があります。 を描写するより良い方法
魂の軌跡とは、魂が閉じ込められているのではなく、魂を含んでいることを認識することです
体の中で。 魂は部分のない霊的なものであり、本当の意味で単純なものです。
この言葉 (聖トーマス I の要約参照、P. Q. 75、a.3、Q. 118、a.2、そして実際には
75 から 118 までのすべての質問)。 に集中しているようです。
「脳死」における脳は、臓器の採取に関連した策略です。 がある
人体の誤った再構築と身体の変化における不誠実
処分する権利を持つ所有権を引き受ける人間の定義
部品。 正義や個人の権利は考慮されていない
合理的な性質の物質。 患者であるまさにその人が、
生命を保護し、自然に分離するまで生命を維持するための配慮に値する
魂と体、それがこの地球上の生命の終焉です。
医学科学の目的とすべての人々の取り組み
医師は生命の始まりを守り、最後まで生命を維持することです。
魂と肉体は自然に分離します。 「死ぬ」という概念はない
人。 人は死ぬまで生きます。 「死にかけている」という 3 番目の状態はありません。 (St.
アウグスティヌス、神の都市、第 13 巻、第 1 章。 II)。
「脳死」という概念を忘れて、脳死の人生に集中してください。
人、人全体の中で全体と全体、そしてそれぞれの中で全体と全体
人の一部。 人生とその継続について考え、理解してください。
生命は多くの臓器やシステムの相互依存に依存しています。
体の一体性を保ちます。 心臓がなければ脳は機能しません
鼓動しているため、循環はありません。 肝臓や腎臓も同様に、
循環系と呼吸器系が機能していない場合に機能します。
その他を含む「脳死」に関する議論と論文



脳機能の不可逆的な停止などの言葉、機能、
機能、脳の活動、脳の機能、その他何であれ、決してそうなることはありません。
決して死を示すことはできません。 人は死ぬまで生きます。 その人の人生
デザイナーから来ています。 生命が肉体から離れた後、
残っているのは遺跡です。 生命が身体から去ったと言うには、
心臓の鼓動、正常な血圧、正常な体温、正常な色
は誤りです。 皮膚に圧力がかかると、皮膚が白くなるだけです。
圧力が解放され、膝が緩むと、通常の色に戻ります。
タップすると、ニージャークが発生します。 他にも生きている証拠がたくさん
「脳死」と宣告された人でも継続する。
一般的な言葉で「脳死」というのは真実ではありません。
死。 自分が虚偽を述べていると知ることは嘘である。 いくらでも
誰かまたは何らかのグループによる操作により、何かが偽りのものになる可能性があります。
真実。
参考文献
I. Howesepian、AA、「死の全脳定義の擁護」、リナカー
1998 年季刊。 65(4):39-61。
2. ダイヤモンド、EF、「脳に基づく死の判定の再検討」、リナカー
1998 年季刊。 65(4):71-80。
3. ペンシルベニア州バーン。 オライリー、S; クエイ首相: 「脳死 - 反対の視点」
自工会 1979; 242 : 1985~90年。
4. ペンシルベニア州バーン。 オライリー、S; キー首相。 サルシッチ・PW・ジュニア:「脳死 - 患者、
医師と社会」、ゴンザガ法レビュー、1982/83; 18(3):429-516。
5. エバース、JC; ペンシルバニア州バイレン: 「脳死 - 未だに論争中」、The Pharos o./ Alpha
オメガアルファ、1990年。 53(4):10-12。
6. シューモン DA、「『脳死』からの回復: 神経科医の謝罪」
リナクレ季刊誌 1997 年。 64(1):30-96。
7. トゥルーグ、RD、「死を放棄する時期ですか?」 ヘイスティングスセンターレポート 1997;
27(1):29-37。
8. ザイフェルト、J、「『脳死』は本当に死か?」 モニスト 1993;77(2): 157-202。
9. 香港ビーチャー、「不可逆性昏睡の定義。アドホック報告書」


ハーバード大学医学部の脳の定義を検討する委員会
死」、JAMA 1968;205:3337-3340。
10. Mohandas & Chou S、「脳死: 臨床病理学的研究」、J
脳神経外科 1971 ;35:211。
I I. 米国の王立医科大学とその施設の会議
キングダム、脳死の診断、8MJ 1976;2: 1187-1188。
12. ジェネット、B; グリーブ、J; ウィルソン、P: 「3 つの脳神経外科ユニットでの脳死」
8MJ 1981 :282:533-539。
13. 国立神経・コミュニケーション障害・脳卒中研究所
モノグラフ No. 24、N.I.N.C.D.S. 脳死に関する共同研究 (NIH)
パブ。 No. 81-2286) 1980: 1-203。
14. 「脳死の基準の評価: 要約声明: A」
共同研究」、JAMA 1977;237:982-986。
15. ブラック, 首相 ; 「脳死」、NEJM 1978;299:338-344、393-401。
16. ウィディックス、イールコFM; 「成人の脳死の判定」神経学
1995 ;45: 1003-1011