フィリピンの議会 コロナワクチン生物兵器 問題視

フィリピンの議会は、生物兵器であるコロナワクチンを用いて詐欺が行われたことを問題視している。

フィリピンでは、ワクチン接種後、莫大な超過死亡が発生し、1万3千人を超える人々がワクチンの副作用で苦しんでいる。議員たちは、超過死亡の原因の調査を求め、問題のあるワクチンの責任の所在を明らかにしようとしている。


議員たちの話の概要:
世界中が恐ろしいインフォデミックに巻き込まれた。米国の議員たちは、パンデミックがインフォデミックだったことを知っていて、団結して戦っている。我々も立ち上がらなければならない。


憂慮すべき超過死亡が発生している。


フィリピンは、コロナのリスクを煽られてロックダウンを強行した挙句、「元の生活に戻るため」、という理由で人々は皆んなワクチンを打たされた。


政府は、ワクチンの調達に必至になって、ファイザー社などの製薬会社から押し付けられた疑わしい秘密契約を結んだ。この契約は、製薬会社を守るためのものである。契約には、法的な欠陥があり、不透明な手続きについては調査が行われている。


1万3千人を超える人々がワクチンの副作用で苦しんでいる。製薬会社に責任を取らせるために、ワクチン契約の内容を変更する必要がある。


医師たちや医療関係者たちの理解も得られているが、このような痛ましい超過死亡の問題を無視することはできない。このようなパンデミックの過ちが再び発生してはならない。



超過死亡のデータは、単なる数字ではない。1つの数字は1つの命の重みである。フィリピンでは、健康な若者たちが実験的なコロナワクチンを接種後、すぐに命を落とした。


フィリピン議会

フィリピン



フィリピンの議会は、その命の重みを受け止めようとしている。


遺族の声:
「健康な息子は、働くために、ワクチンを接種したら、数日で死亡した」