ビタミンD サプリメントの落とし穴

骨の強さと免疫の健康を強化することで知られていますが、ビタミンDの話は単純ではありません。

ビタミンDサプリメントの副作用
ビタミンDも、脂溶性ビタミンのため過剰摂取による健康障害が知られています。 ビタミンDをとりすぎると、高カルシウム血症が起こり、血管壁腎臓心筋などに多量のカルシウムが沈着します。 そのため腎機能障害食欲不振嘔吐神経の興奮性の亢進などの症状が現れます。


ビタミンDサプリの注意
ビタミンDの過剰摂取は、吐き気や便秘などを引き起こすことがあります。 また、カルシウムの濃度が上がることで錯乱や不整脈が現れる可能性も考えられます。 サプリメントを取り入れる際は、目安量を守りましょう。


ビタミンDサプリは毎日飲むべき?
栄養学の観点から、用量が50μgまたは100μgのビタミンD製剤の毎日の摂取は必要ない。 一方、連邦リスク評価研究所は、このような高用量製剤を時折摂取するだけであれば、健康障害が生じる可能性は低いとの見解を示しているが、長期間にわたって毎日摂取する場合には、健康へのリスクが上昇することが最新の研究により指摘されている。


サプリメントの知識不足

一般的にはビタミン剤なら何でも飲んで大丈夫と思ってしまう落とし穴
知らないとアレルギーにもなってしまう。大きな病気にもなってしまう


西洋から日本に入って来たサプリメントの製造工程をご覧になられたことはありますか
いま自分が飲んでいるサプリメントは何から作られているのか?ご存知ですか


サプリメントが安全だと言い切れるのであれば製造工程現場の衛生状態知識があり
そのサプリメントが何から作られているのかをご存知な訳です。




もしも食品の野菜でしたら産地や製造者など実際に見ることも出来ます。
野菜を洗って食べないと農薬が付着しているから。など多少なりとも知識があります。


しかしサプリメントの知識で製造工程、衛生状態、何から作られているのかなど
我々は知りませんよね!


ただサプリメントのボトルを見て信用しているだけ。


ワクチンも同じく信用しているだけ。
成分も知らないで受け入れていたのです。



サプリメントの危険性はビタミンDだけではありません


種類も豊富なサプリメントですが危険性も豊富
サプリメントの知識不足により逆に病気になる可能性もあります


ここではビタミンDについて何から作られているのか

ハイ!
これが👇ビタミンDです。

ビタミンD

羊の毛を精製したものがビタミンDです
知ったら気持ちが悪いですよね


羊毛を精製してサプリとして飲んでいる🤮🤮🤮


事実を知ったら、まだまだ飲めないサプリメントはあります
西洋から入って来た薬やサプリメントは危ないですよ
嘘だと思うのでしたら是非自分でも調べてくださいね


ビタミンD摂取者にとっての予期せぬ現実

予期せぬ現実



アメリカ人の5人に1人は定期的にビタミンDサプリメントを摂取していますが、ほとんどの人は自分がビタミンだけでなくホルモンも摂取していることに気づいていません。


骨の強さと免疫の健康を強化することで知られていますが、ビタミンDの話は単純ではありません。神話と確立された科学の融合により、その真の性質と影響を詳しく調べることができます。



ビタミンD:その二重の役割を理解する

ビタミン D は、栄養素の世界で傑出した存在です。これは、栄養素とホルモンの両方として機能する太陽由来の物質です。多くの体の機能を調整するホルモンは通常、ビタミンのようなサプリメントとして摂取されないため、この二重の役割は重要です。


ビタミンDの第一人者である内分泌学者のマイケル・ホリック博士は大紀元に、「ビタミンDが日光から自然に合成される場合、標準的なサプリメントの用量と比較して、体はより効果的にビタミンDを利用します」と語った。この違いは、ビタミン D の健康上の役割とホルモン補充の複雑さを理解する鍵となります。


ほとんどの栄養素とは異なり、ビタミン D のホルモン的性質は、骨の健康だけでなく、免疫機能、細胞の成長、炎症の制御にも影響を及ぼし、全身に広範囲に影響を与えることを意味します。この理解は、サプリメントの潜在的なリスクと利点を含め、サプリメントの使用に対する医学的アプローチを導く上で非常に重要です。


骨の健康を超えて


ビタミンDは、骨の健康と免疫システムを強化するだけではありません。体内でのその多面的な役割は、気分の調節から心臓血管の健康に至るまで、あらゆることに影響を与えます。


その核となるビタミン D は、腸でのカルシウムの吸収に不可欠であり、骨の強度と健康にも不可欠です。「十分なビタミンDがなければ、体はカルシウムの10~15パーセントしか吸収できません」と有力な内科医で予防医療の専門家であるアレックス・フォックスマン博士は大紀元に語った。カルシウムが不足すると、骨が弱くなり、骨折のリスクが高まります。


さらに、ビタミンDは免疫の健康にとって極めて重要です。ホリック博士は、「ビタミン D 受容体は免疫細胞を含むほぼすべての細胞に存在する」と述べています。適切なレベルは、バランスの取れた免疫応答と自己免疫疾患の予防にとって不可欠です。


統合癌医師であり、アリゾナ州スコッツデールの統合癌治療センターであるブリオメディカルの所長であるネイサン・グッドイヤー博士は、免疫機能におけるビタミンDの重要な役割と、癌などの慢性疾患に対するビタミンDの影響を強調しています。同氏は、「ビタミンDが最適でない場合、免疫システムはうまく機能しません」と説明し、免疫力が重要である癌におけるビタミンDの役割を強調しています。



黒色腫の研究を含む最近の研究では、現在推奨されている1日あたりの投与量が不十分であっても、ビタミンDの補給が治療反応を高め、がん患者の生存期間を延長できることが示されています。



ビタミンDは心臓の健康にも重要な役割を果たします。研究では、ビタミンDレベルの低下と心臓病のリスク上昇が関連付けられています。ビタミンDが欠乏している人は、高血圧、心不全、脳卒中を経験する可能性が高くなります。



メンタルヘルスは、ビタミン D が重要な役割を果たすもう 1 つの分野です。公認心理療法士のキンバリー・パーカー氏は大紀元に、「ビタミンDレベルの低下とうつ病や気分障害の発生率の上昇との間には明らかな関連性がある」と語った。



また、季節性感情障害、季節の変化に関連したうつ病の一種にも影響します。「私の患者がビタミンDの摂取量を一定にし始めると、症状が軽減するのを私は見てきました」と彼女は報告する。


ビタミンDの太陽光から細胞発電所への旅

ビタミンDは健康に不可欠であり、さまざまな形で存在し、それぞれが私たちの体内で独自の経路をたどります。これらの形態を把握することは、ビタミン D が私たちの体内でどのように機能するかを理解する鍵となります。



ビタミンDは、太陽の光、食事、サプリメントなどを通じて私たちの体に入ると、活性化するように変化します。まず肝臓でカルシジオールに変化し、次に腎臓でその活性型であるカルシトリオールに変化します。ホリック博士は、「カルシトリオールは、私たちの体がさまざまな機能を実行するために使用できる形態である」と明言しています。



興味深いことに、ビタミン D の各形態は体内で同様の変換プロセスを経ます。ビタミン D の供給源は異なるかもしれませんが、私たちの体内でビタミン D が摂取される経路は同じです。



ビタミンDの変換効率は異なる場合があります。皮膚のビタミン D3 生成能力は年齢とともに低下し、皮膚の色素沈着、地理的位置、ライフスタイルの影響を受けます。



ビタミンD検査における論争

体内のビタミン D レベルを測定する日常的な方法は、25-ヒドロキシビタミン D と呼ばれる血液検査です。この測定は、日光、食品、サプリメントからのビタミン D レベルを反映しています。あまり推奨されていない1,25-ジヒドロキシビタミン D 検査では、ビタミン D 貯蔵量を測定できず、患者のモニタリングには効果がありません。



ビタミンDの血液検査は急増しており、メディケアでは8番目に一般的な臨床検査にランクされている。市場レポートによると、2023年の検査市場は6億7,750万ドルに達し、2031年までに10億6,000万ドルに達すると予測されています。



かつてはアボット、シーメンス、クエスト・ダイアグノスティックスといった大手企業が主導していたビタミンD検査市場だが、現在では中小企業による家庭用検査キットが急増している。ホリック博士は、「何年も前、私はクエスト社に、これが一番の売り上げになるだろうと言いました。」と回想します。



「これらの検査は主要な医療機関によって推奨されていないにもかかわらず、米国では年間1,000万件以上のビタミンD血液検査が行われています」と心臓内科医で内科と心臓血管疾患の専門家であるモートン・タベル博士は大紀元に語った。 。同氏は、2020年のバージニア州の医療制度調査に言及しており、そこでは患者の10パーセントがビタミンD検査を受けたが、その多くは医学的適応がないというものだった。



BMJの調査によれば、大人を超えて、子供のビタミンD検査は15年間で30倍に急増しましたが、低いビタミンD診断率に大きな変化はありませんでした。



このビタミンD検査の増加は、無症状で低リスクの個人に対する定期的な検査を一般的に奨励しない医師会のガイドラインとは対照的である。



たとえば、内分泌学会は高リスクグループのみをスクリーニングすることを推奨しています。米国予防サービス特別委員会は、ユニバーサルスクリーニングの証拠が不十分であると見ています。また、「賢い選択」は 、一般住民を含む低リスクグループでの検査を控えるようアドバイスします。



マサチューセッツ総合病院骨密度センターのジョエル・フィンケルスタイン博士は、ハーバード大学ヘルスブログで報告されているように、蔓延するビタミンD欠乏症検査について懐疑的であり、健康な人に対する多くの検査は不必要であると考えている。



「ビタミンDは大々的に宣伝されています」と彼は言う。「ほとんどの健康な人のビタミンDレベルをチェックする必要はありません。」彼は、自然食品中のビタミンDの存在が限られていることと、太陽の豊富な地域でよく見られる色の濃い皮膚での合成の減少に注目し、高ビタミンDに対する進化の必要性に異議を唱えています。



しかし、多くの機能性医学や自然療法医は定期的なビタミンD検査を推奨しています。自然療法医科大学は、日照不足の気候に住んでいる人たちに、より良い健康維持のために定期的に検査を行うようアドバイスしています。



この見解に沿って、グッドイヤー博士は、特に炎症や癌などの慢性疾患に関する検査の関連性を強調しています。同氏は大紀元に対し、「急性でも慢性でも、重大な炎症がある場所ではビタミンDが常に低下している」と述べ、適切な補給のために定期的にモニタリングすることを提唱した。



グッドイヤー博士は、炎症の流れに逆らって遡上するサケに例えて、そのような状況下で血漿ビタミンDレベルを増加させることの課題を説明しています。同氏は、このプロセスを血圧のモニタリングなどの標準的な医療行為に例え、自然療法でも同様のアプローチの必要性を強調し、「そのプロセスは、評価、投与、再評価、そして再投与です」と付け加えた。



「ビタミンCの父」と考えられているライナス・ポーリングの見解を反映して、グッドイヤー博士は自然療法における薬物動態と動態の医学的見落としを批判している。同氏は、医師は薬剤の投与量の正確さを学ぶが、これがビタミンにも当てはまることを忘れがちだと説明する。彼は、ビタミン D 療法において画一的な方法論から離れ、カスタマイズされたアプローチを提唱しています。



最適なビタミン D レベルの定義

米国予防サービス特別委員会によると、「ビタミンD欠乏症の定義や、総血清25-ヒドロキシビタミンの最適レベルについては合意が存在しない」という。



一部の専門家は、25(OH)D レベルが 30 ng/mL 未満であると欠乏していると考えています。一般的な標準では、30 ~ 60 ng/mL で十分であることが示唆されています。しかし、多くの機能的医療従事者は、 50 ~ 80 ng/mL の最適範囲を主張しています。



国立衛生研究所(NIH)による推奨事項:

nmol/Lng/mLカテゴリー
<30<12欠乏
30 から50未満12~20未満
不十分
≥50以上≥20以上十分な
>125>50有害な影響



NIHは、ビタミンDの最適レベルは「人生の段階、人種や民族、使用される生理学的測定法によって異なる」ため、確立されていないことを明らかにしています。


これらのガイドラインとは対照的に、グッドイヤー博士のような声は、現在のビタミンD推奨量が低すぎると主張しています。現在の米国の推奨日当量は「ひどく不十分」だと彼は言う。



グッドイヤー博士は、くる病の予防に従来重点が置かれてきたことで、より高いビタミンDレベルがもたらす広範な健康上の利点が見落とされていると指摘する。この立場はより高い最適範囲を主張しており、現在の基準がビタミンの健康上の可能性を十分に活用していないことを示唆しています。
https://vigilantnews.com/post/unexpected-reality-for-vitamin-d-takers/


サプリメントで良く言われる事は、使用する容量

不足がちな栄養分をサプリメントで補いましょう
👆
この歌い文句に騙される


サプリメントは決して自然な栄養の取り方では無い。
不自然であると言うこと


医薬品では無い。=ヤバイもの
じゃー日本人に使わせましょう!


ドラッグストア大儲け!


タケミサーン うらがねあげまーす