日本の内閣が戦闘機の輸出を承認

日本の内閣は火曜日、英国とイタリアと開発中の次世代戦闘機の輸出を許可するため、軍事装備品の厳格な移転規則を緩和した。



3カ国は最先端の空戦技術のノウハウを結集してジェット機を開発しており、2035年までに完成させることを期待している。


林芳正政府報道官は、今月初めの連立与党の合意を受けて、内閣が日本の武器輸出規則の変更を承認したと述べた。


以前は第三国への軍需品の輸出は禁止されていたが、近年は一部例外も認められている。


林氏は記者団に対し、「我が国の防衛が損なわれないよう、我が国の安全保障に不可欠な性能を備えた戦闘機を作る計画は実現されなければならない」と述べた。


「パートナー国以外にも防衛装備品を移転し、英国やイタリアと同等の貢献ができる体制を整備する必要がある」


この飛行機は、活発な紛争に関与しておらず、国連憲章に従って武器を使用するという国際誓約に署名した国にのみ行くことができます。


個々の輸出には内閣の承認が必要となるが、これは「平和国家としての基本原則を維持することを日本と世界の人々に示すことを可能にする」「厳格な制度」であると林氏は述べた。


日本の戦後憲法は、軍事力を表向きの防衛手段に限定している。


それでも、同国は近年安全保障政策を全面的に見直し、中国がもたらす課題を明確に示している。2027年までに国防支出をNATO基準のGDP比2%まで増額する計画だ。

https://insiderpaper.com/japans-cabinet-approves-fighter-jet-exports/


裏金スパイのくせして😤