ムラゴン ブログ 始め TOKYO!

2024 みんなおいでよ ムラゴン ブログへ! 日本人のための新しい日本を作ろう


仲間のフリをする 九条の会・幸福の科学・参政党には要注意!文春。。。ヤバ過ぎではないかしら😱今迄 気付か無かった!調べ無かったが正しいかしら💦庭野日敬(にわのにっきょう)、長沼妙佼(ながぬまみょうこう)によって創立された在家仏教団【法華経】😱😱でしたわ。/////// 労働者不足と言うのはウソです。ハローワークは行列

計画的子育て団体、中絶胎児組織販売の新たな疑惑に直面

「新たな証拠は、家族計画が連邦法に違反して後期中絶された赤ちゃんの体の一部を、これまで議論されてきたよりもはるかに高額な金額で販売していることを示しています。」


中絶された人間の胎児

新たに公開された文書は、研究特許のために中絶された人間の胎児の「採取と販売」から利益を得るために、家族計画とカリフォルニア大学サンディエゴ校が提携した疑いがあることを明らかにした。


「家族計画の全国本部は、政府資金による研究補助金の一部として貴重な検討として、中絶された赤ちゃんのこうした販売を承知しており、承認しました。」カリフォルニアに本拠を置き、公記録請求を行った医療進歩センターの創設者兼所長であるデビッド・ダライデン氏は述べた。


文書には、家族計画が、大学の特許とそれを使って実験して開発された知的財産の所有権と引き換えに、「貴重な対価」として明示的に中絶された胎児の体の一部をカリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)に譲渡していることが示されている。


疑惑の取引の詳細は、サンディエゴ家族計画局の「専有資料」である「胎児および胎盤組織」への「アクセス」をUCSDに許可する編集された「生体物質譲渡契約書」に詳述されている。その見返りに、この協定では、「素材」を使った実験を通じて開発された「特許」と「知的財産」に対する非営利の権利が認められることになる。



子供が生まれて来ると産婦人科では臍帯血を寄付してください。と言われます

さい帯血(臍帯血)移植とは
妊娠中のお母さんと赤ちゃんを結ぶさい帯と、胎盤の中に含まれる血液をさい帯血といいます。 さい帯血と胎盤は、赤ちゃんが生まれた後は不要で捨てられていたものです。 そのさい帯血の中には、赤血球、白血球、血小板といった血液細胞をつくり出す造血幹細胞がたくさん含まれています。


基本的には臍帯血はそうなのですが、もしかすると売られている可能性もありますよね
我々は、一般的にもその後の行方は知らないから寄付をしますが何か悪い事に使用されている可能性もありますよね。
そんな事がたまに気になっていたのです。


無料で寄付された献血の血液が販売されて居たり、実際には思っていたことと違って利益を得ていたなどあります。


川崎の味の素の工場の異臭は人間の血液なのかな?と思って見たりします
異常に悪臭がすごい。あの悪臭は味の素だけでしか嗅いだことがありません
臭いからして、とても自然のものとは思えません
何か変なものを使用しているのは間違いないと思います。


薄暗くて気持ちが悪い場所で人気も無い。悪臭が凄くて1時間もいられないほどです
無料で土地をくれても住みたくはありません。幽霊が出そう。
味の素の工場は場所的にも日本人では無いな。とは思います。


中絶した赤ちゃんが売られているぐらいですから、何かしらルートがあるはずです
痴呆症になる日本人が増えている。しかも世界でも
となると食品が考えられます。味の素は怪しいですね
冷凍食品やコンビニ食品やファミリーレストラン


マツモトキヨシなどのドラックストアが日本で売れる様になった

良く科学論文などの記事を調べると変なものばかりです
普通は一般的に薬品を調べないですよね
しかし、問題になるものが平然と並べてあるのが実態です


先日、記事にしたムーニーパンツシャンプー生理用品介護パンツサプリメント
これらは、ごく一部ですが自分で調べるべき商品です
なぜ日本で子供が出来ないのか?わかるはずです


調べると言ってもどうするんだ?
👇こんな感じ


衣類にしても自分も気が付かなかった偶然に調べていて気が付いた

デュポン(Du Pont)は、アメリカ合衆国・デラウェア州・ウィルミントンに本社を置く化学メーカー。正式社名はデュポン・ド・ヌムール(DuPont de Nemours, Inc.)。
日本法人はデュポン ジャパン株式会社。ニューヨーク証券取引所上場企業(NYSE: DD)。


規模はアメリカで第4位(世界最大はBASF)[7]。石油会社を除けば時価総額ベースでは世界で四番目に大きい化学会社である。メロン財閥、ロックフェラー財閥と並ぶアメリカの三大財閥と称されることもある。後者とは閨閥である(Du Pont family)。
第一次世界大戦・第二次世界大戦では火薬や爆弾を供給し莫大な利益を得て「死の商人」と呼ばれたが、マンハッタン計画に参加した際は「死の商人」と呼ばれる事を嫌い金銭は受け取らず、ワシントン州ハンフォード・サイト、テネシー州のオークリッジ国立研究所でウラニウムの分離・精製やプルトニウムを製造して原子爆弾の開発に貢献をするなどしてアメリカの戦争を支えた。
👇



デュポン・東レ・スペシャルティ・マテリアル㈱
デュポンと東レの関係は?
デュポン・東レ・スペシャルティ・マテリアル
新生の東レ・ダウコーニング株式会社は、2019年4月1日に、米国デュポン社と東レ株式会社の合弁会社として新たにスタートし、さらに12月1日にデュポン・東レ・スペシャルティ・マテリアル株式会社に社名変更しました。


デュポンと農薬の関係
👇


ここで、あったか下着や抗菌靴下など化学繊維が作られるのです


わかりますかね?
農薬やプルトニウムなどを作る会社が化学繊維を作っている


だから日本の男性のパンツが変わりましたよね~~
伸びチジミする格好良いスパンデックスパンツに
でも、前立腺がんが増えちゃった。
なぜだろうな~~


スパンデックスとは、ポリウレタン弾性糸のことを指します。 ポリウレタンは1940年ごろドイツで開発された化学繊維のひとつで、ゴムのような性質を持った珍しい繊維です。 伸縮性が非常に大きく、ゴムのように約5~8倍も伸びる性質を持ちます。


スパンデックスとは何?ポリウレタンですが覚えていますか?


リン酸鉄リチウムイオンバッテリー
👇

スパンデックスはナメクジ退治の農薬にも使用
👇
その正体はリチウムイオンバッテリーでコバルトです。
👇
詳しくはこちらで