今日の#ウクライナ のオデッサでは恐ろしい吹雪の状況です

ウクライナのオデッサは吹雪で停電。ガスも無い、ウクライナは冬が勝負だと言っていた。


ウクライナでは深刻な悪天候が猛威を振るっており、高速道路の交通が遮断されており、救助隊員らは装甲兵員輸送車の輸送も余儀なくされている。写真とビデオ

ウクライナの冬

ウクライナでは2日目も悪天候が続いた。大雪と強力な突風により 雪の吹きだまりが形成され、高速道路では交通が麻痺し、多くの集落で送電線が切断された。救助隊と道路作業員は継続的に活動しており、道路の除雪には装甲兵員輸送車も参加し、電力技術者らはウクライナ人の家に明かりを取り戻している。


同時に、気象予報士は11 月 27 日に多くの地域で気象状況が悪化すると予測したため、国民は必要な場合を除いて旅行しないよう求められました。一部の地域では、さらなる緊急事態の発生を避けるために道路が封鎖されました。


ウクライナには、道路上の緊急事態の影響を処理するための 24 時間体制の本部があります- ホットライン+ 38 067 400 60 80。OBOZ.UA はオンラインで国内の気象状況を監視し、天候の写真やビデオを公開しています。


地方では何が起こっているのでしょうか?


オデッサ地域が最も被害を受け、悪天候により死傷者が出た。07:00の時点で、地方警察署には71件の交通事故の報告があり、そのうち9名が負傷した。死亡者や入院者はいない。
👇