なぜ日本は声高に宣伝しないのか?

【視点】ロシアからの穀物輸入が激増 なぜ日本は声高に宣伝しないのか

言われちゃったよ

穀物


首脳を含めた日本政府は定期的に、ロシアはエネルギー分野における日本の重要なパートナー国であり続けていると表明している。さらに、日本の財務省の最新のデータによれば、日本は今年上半期、ロシアからの穀物の輸入を509.7%も増加させている。つまり、対露制裁が発動されている中、この品目の貿易がロシアと日本の関係において重要な役割を維持していることはまったく明らかである。ロシアは日本にとって、天然ガスや石油といった部門だけでなく、農産品に関しても、戦略的に重要な経済パートナーになったと断言することはできるのか。そして、もしそうであるなら、日本はなぜ経済における「穀物の収穫」をこっそり得ながら、これを声高に宣伝しようとしないのか。スプートニク通信が専門家に話を聞いた。



一方で、ロシアと欧米諸国との間で結ばれた穀物輸出合意は、ロシアに対する義務不履行を理由に中断されている。
ロシア科学アカデミー中国・現代アジア研究所の学術研究モニタリング部を率いるオレグ・カザコフ部長は、日本のロシア産穀物の輸入は、実際、ロシアと日本の2カ国関係において非常にポジティブな要素となっていると指摘している。


「しかし、日本は、現在の欧米とロシアとの対立を背景に、このことを公にはしていません。というのも、(ウクライナ危機を原因とした)政治的な対立が強まった場合、この日本にとって有益な貿易が中断されてしまう恐れがあるからです。




一方で、ロシア産の穀物の日本への輸出が継続され、さらには大幅に拡大しているということは、日本にとってこの品目の輸入がきわめて重要なものであることを証明しています。しかも、ロシアからの穀物輸入が重要なのは、日本にとってだけではありません。現在、多くの国々で悪天候を理由に穀物の収穫が少なくなっていることから、この問題は国際レベルのものとなっています。世界は穀物供給の減少に直面しており、価格の大幅上昇が予想されています。そこで日本は代替の国を探す必要に迫られています。つまり、穀物供給に関する空白を埋めることのできる取引相手が必要なのです」



【視点】政情不安の中、困難な状況 日本の漁業関係者はどのような条件で日本のEEZ内でロシアのサケ漁を行うのか

漁業

日本とロシア連邦の代表者は、2023年に日本の漁師が日本の排他的経済水域内(200海里)で行うサケ・マス漁の操業条件に関する協議を開始した。日本の水産庁が20日に発表した。漁業情報局のアレクサンドル・サヴェリエフ局長は、ロシア側と日本側が操業条件や、漁獲に関して物議を醸す恐れのある問題点に合意するかどうかについて、スプートニクで語っている。



サヴェリエフ局長によると、従来、漁業分野における露日関係について語る場合、1984年と1985年の2つの協定に言及する。
1984年の協定は、両国の排他的経済水域(EEZ)内の水生生物資源に関するもの。この協定では、日本とロシアが有償ベースで、それぞれの海域でお互いの漁獲割当量を決定している。1985年の協定は、太平洋のサケ資源の開発に関するもの。サヴェリエフ氏は、この協定ではマスについては言及していないと強調している。ロシア由来のサケ漁業は、長年にわたって両国の漁業協力の中で最も重要な分野だった。




「別の問題として、現在、政治状況が不安定であり、我々の関係や法的基盤が変形しつつあるということです。特にロシアは、日本の漁師がクリル諸島地域で漁業を行うことを禁止しています。 しかし、日本のEEZの話であれば、量(割当)と支払額について合意していればよいだけです」


【解説】クリル諸島周辺海域での日本漁船の操業条件に関する協議をロシアが拒否 日本の水産物市場に打撃

ねこ


海洋生物への危害をめぐる論争


サヴェリエフ氏は、日本の漁業関係者は通常、流し網でサケを獲るが、ロシアはこれに反対していると述べている。 ロシアでは流し網漁が禁止されているからだ。流し網は数キロ、数十キロにも及び、海洋生物に甚大な被害を与えるためだ。
「廃棄されたり、紛失された流し網はさらに恐ろしい出来事を引き起こすのです。海洋生物がその網に巻き込まれて死んでしまいます。 しかも、網は合成繊維でできているため、分解に非常に時間がかかるのです」
そのため、サヴェリエフ氏によると、交渉の場で日本人は「ロシアを刺激しないように、意図的にこの言葉(流し網)を使わない」ことが多いという。




「しかし、ロシアの漁師にも罪もあります。日本人や米国人が海でサケを獲るのに対し、ロシアの漁師は、強力な冷凍装置がなかったソ連時代の伝統に従って、鮭が産卵に向かう河口で主にサケを獲っています」



【視点】ロシアからの穀物輸入が激増 なぜ日本は声高に宣伝しないのか - 2023年7月21日, Sputnik 日本



日本はこう言ったロシアの情報を隠したい。汚い手を使う

都合の良い記事だけを出すようにしているので、書き方を工夫しないと駄目です。😂👆
国民がもっと問題意識を持つ。言いたいことを記事にしないと漁師にも影響するでしょうね

オージーやカナダやアメリカなどの商品よりもロシアの方が安全では無いのかな?とも最近は思うようになったのですよ!


国産もマヨネーズとか危なくなって来たし。
💉💦🐽💉💦🐄💉💦🐔💉💦🍉🍈✂🧬🍎
👆ロシアではあまりやらないと思った。マックとかも拒否しているしね。

なんだかロシア産が買いたいな。
食品は無頓着ではいられない、安全第一だよね。


近いしロシアに旅行にでも行ってみようかな?🤔🤔🤔


ネットでロシア人の友達も出来たし良いかも知れないな😀


なんかね日本のジャガイモ・瓜系・パイン・バナナ
特に安い物がダメみたいですね。


トマトの遺伝子組み換えは半分に横に切るとわかるんです。


トマト


遺伝子組み換え


タネからダメみたいだから食べては危険だと思うよ😃👆
こんなの気持ちが悪いよねー😰


ジュースになったらわからない☠🧬🍅🍹
カ5メなんてーぐんまー🤪



📢製薬会社の工場は次々と爆破🔥

速報!ルイジアナ州プラクミンにあるダウ化学工場で爆発が報告された。
アイバービル教区で複数の爆発が発生し、緊急事態当局が現場に向かっている。ブレット・スタッシ保安官によると、それはダウ・ケミカル工場の近くにあるようだ。


きっと日本の工場もぶっ壊れるんじゃないのかな~🤪🤪🤪👆