ナットウキナーゼ スパイク蛋白を破壊 ワクチン 解毒

機能性食品ナットウキナーゼ(NK)は新型コロナウイルススパイクタンパクやインフルエンザウイルスヘマグルチニン(HA)タンパクを分解する抗ウイルス作用をもつ

top




薬理と治療

最近、健康食品である納豆の抽出物が、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2型(SARS-CoV-2)や牛ヘルペスウイルス1型(BHV-1)などのウイルスの感染を防ぐという報告があり、その実態解明を目指しました。この抽出物の抗ウイルス作用。この研究では、ナットウキナーゼ(NK)が納豆エキスの主な分解活性の原因である実際の要因であると仮定しました。


この目的のために、まず納豆に含まれるNKを納豆菌の培養液から精製した。この精製NKをin vitroで組換えSARS-CoV-2スパイクタンパク質に作用させたところ、抗SARS-CoV-2スパイクタンパク質抗体を用いた電気泳動とウェスタンブロット法によりウイルスタンパク質が加水分解されることを証明しました。また、組換えSARS-CoV-2変異株S1 RBD(N501Y)が分解されていることもわかりました。


一方で、NKは、100℃で10分間の熱処理(HI-NK)後にウイルス分解効果を失いました。セリンプロテアーゼ阻害剤 AEBSF の存在下でも、その分解は特異的に阻害されました。インフルエンザウイルス感染に関与するウイルスHAもNKにより同様に分解され、HI-NK処理によりその分解が抑制された。このことから、NKには新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザウイルスの感染を防ぐ抗ウイルス作用があると推測されました。


(日本薬理ゼア 2022;50:781‒7)NKには、新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザウイルスの感染を防ぐ抗ウイルス作用があると推測されました。(日本薬理ゼア 2022;50:781‒7)NKには、新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザウイルスの感染を防ぐ抗ウイルス作用があると推測されました。

機能性食品ナットウキナーゼ(NK)は新型コロナウイルススパイクタンパクやインフルエンザウイルスヘマグルチニン(HA)タンパクを分解する抗ウイルス作用をもつ


ナットウキナーゼ

オリヒロ ナットウキナーゼ 60粒
オリヒロ ナットウキナーゼ 60粒
オリヒロ
Drugstore


日本ナットウキナーゼ協会


オリヒロ ナットウキナーゼ 60カプセル 2点
オリヒロ ナットウキナーゼ 60カプセル 2点
オリヒロ
Drugstore

ナットウキナーゼ



wikiでは、都合が悪くなると適当なこともあるのでそれを承知して見ると良いです


ナットウキナーゼ(nattokinase)は、納豆の発酵過程で納豆菌が産出する酵素である。
須見洋行らにより1980年に発見され、1986年に発表された。俗に「血液をサラサラにする」と言われているが、納豆またはサプリメントを摂取した場合の有効性について信頼できる十分な情報は見当たらない。


見当たらないだけです。( ´艸`)


科学
275個のアミノ酸からなる分子量約27,700のたんぱく質(ポリペプチド鎖)である


ナットウキナーゼという名称は、納豆(natto)に酵素を表わす接尾辞「-ase(-アーゼ)」をつけたもの。納豆菌が生産する酵素であることに由来する。尿から取れる酵素「ウロ(尿)キナーゼ」にちなんで名付けられた。キナーゼ(kinase、リン酸化酵素)ではなく、枯草菌(Bacillus subtilis)が産出するサブチリシンファミリーのセリンプロテアーゼ(タンパク質分解酵素)である。以前はサブチリシンNAT(Subtilisin NAT)と呼ばれていた。


納豆菌という名の菌は学術的には存在せず、納豆を製造するときに使われる枯草菌の一部を便宜的に納豆菌と呼んでいる。日本の納豆製造には宮城野株が使われることが多いが、各メーカーは枯草菌から選別した様々な納豆菌の性質の違いを生かして製品を開発している。


タイの大豆発酵食品トゥア・ナウから分離される枯草菌が産出する酵素の方が、宮城野株のものよりも活性が高かったという報告がある。韓国のチョングッチャン、中国の豆豉、インドネシアのテンペなど、他の伝統的な大豆発酵食品にも同様のフィブリンを分解する酵素が含まれている。


フィブリン(Fibrin)とは


創傷部位に結合した血小板とともにしっかりした凝血塊を形成するために凝固因子が働きあい、フィブリノゲンから形成された線維状のたん白です。



フィブリンは、血液の凝固に関わるタンパク質である。繊維状タンパク質で、傷などが原因となって血小板とともに重合し、血球をくるみこんで血餅を形成する。止血や血栓形成の中心的な役割を担っている。繊維素あるいは線維素とも呼ばれる。


一方ナットウキナーゼには、直接フィブリンに作用して溶解する働きがあります。
ナットウキナーゼの血栓溶解作用が、血栓症(脳梗塞、心筋梗塞、肺塞栓、深部静脈血栓症など、血管が血のかたまりで詰まることによって起こる疾患)の予防に役立つと言われています。ナットウキナーゼには、血栓を予防して血液をサラサラにする作用のほか、血圧降下作用も認められています。そのため、ナットウキナーゼの摂取が高血圧症の予防にもつながると考えられています。
ナットウキナーゼは加熱に弱く効果が低くなるため、加熱せずに食べることが勧められています。納豆は夕食時に食べるとより効果的だとされています。


ナットウキナーゼで血流改善!コロナ禍で急増のなんとなく不調を改善


納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」が血栓を溶解


今日1/20『血栓予防の日』




最後の情報: スパイクタンパク質の破壊!


スパイクタンパク質を破壊するための非常に重要な最新情報


覚えておくべき良いニュースが日本から直接届き、ナットウキナーゼが vaxx Covに含まれるスパイクタンパク質を破壊し、それが体のすべての細胞で複製され、伝染病の侵入に対する免疫防御を破壊することを思い出させます.


ナットウキナーゼは、1000年以上にわたって消費されてきた日本の伝統的なチーズである納豆に自然に存在する酵素であることを思い出してください. この納豆は、特定の菌株である枯草菌の働きで大豆を発酵させることによって製造されます。なと。


このナットウキナーゼがフランスでなかなか見つからない場合は、含有量が多いApoticariaのSERRACORに頼ることも可能です。




ワクチンを接種した方はナットウキナーゼを早目にね!

血液サラサラで健康になってください。

オリヒロ ナットウキナーゼカプセル【3本セット】
オリヒロ ナットウキナーゼカプセル【3本セット】
オリヒロ
Drugstore


オリヒロ ナットウキナーゼ 60カプセル 2点
オリヒロ ナットウキナーゼ 60カプセル 2点
オリヒロ
Drugstore


日本文化の和食はやはり凄い


最近はワクチン解毒の情報をフルパワーで探しているのです。(;^ω^)
そんな中でやっと見つけた情報はナットウキナーゼです


日本には世界各国の料理が入って来ている。しかし日本人は徐々に西洋の食生活を取り入れてしまいました。逆に海外では和食に人気があります。


日本は島国なので海の幸を消化吸収ができる体質なっています。腸の長さが違うらしいのです。
健康食品である発酵食品の味噌や納豆などは基本的に毎日摂取すると良いですね。


日本人である我々の食文化は、和食から変わってしまうと病気になり易くなるかも知れません。生まれ育った体質だからだと思います。
子供のアレルギーが増えているのも食生活における変化が何か関係があるかもしれませんね。


米国人は。鶏肉を多く食べるので富士山に登っても半袖だったりします。
生まれ育った体質もあると思います。
米国人が日本の海苔を食べると消化吸収が出来ないと言われています。


日本人が何を食べても良いでしょうが、やたら西洋の食生活を取り入れることは、日本人である私たちの身体に本当は良くは無いのかもしれませんね。


海外勤務になった時のことも想い出させます。
不思議と味噌汁や納豆が食べたくなるのです
そしてお風呂もゆっくりと湯舟につかりたくなります。
日本のスーパーマーケットに行くとあるのですが高いです。


ダックダックゴーでナットウキナーゼ スパイク蛋白をご自分でも調べると良いと思います



発酵食品の味噌汁や納豆は健康に良い日本食文化の宝なのでしょうね。


まさか納豆のナットウキナーゼがそんなに凄いとは思いもしませんでした。


世界に注目される日本の納豆。さて、株はどうなるかな?笑


納豆を使った人気の簡単レシピ・メニュー 


長芋オクラの3色納豆

オクラ納豆

長芋オクラの3色納豆のレシピ・つくり方 | キッコーマン | ホームクッキング

納豆サラダ【ポン酢で手軽な副菜】

納豆サラダ【ポン酢で手軽な副菜】のレシピ・つくり方 | キッコーマン | ホームクッキング


僕は納豆は朝がほとんどですが夕食でも食べます。納豆は好きですからね
納豆を加熱しては食べた事はありません。
手頃な価格で食べれる発酵食品の納豆は私たち日本人を守っていてくれていたのかも知れない?そう思うと凄いなと思います。


日本人である我々からしたら和食は普通のことですが、良く考えられている食文化だと思います。洋食も良いですが基本は和食をもっと育て守る文化に考えるべきだと思います
醤油や日本酒の製造技術など日本の技術を奪われ海外で作り販売されてしまっています。



こちらの記事も宜しければ読んでみてください