製薬会社は現在、借りた時間で生きているということだ

ニュース速報 - 新型コロナウイルスワクチンの混入 w

 30 日以内



見る価値あり。
ここでは、異物混入製品の影響に関する多くの法的および生物学的な議論が行われます。


ケビン・マッカーナン、バイラム・ブライドル、クリス・マーテンソン、スティーブ・カーシュ@stkirsch@chrismartenson@Kevin_McKernan@DJSpeicher


このビデオでは、なぜこれらの専門家がワクチンに異物が混入していると信じているのか、なぜ製薬会社が意図的にSV40プロモーター配列の存在を規制当局から隠蔽していると信じているのか、どのようにして汚染規格違反を巧妙に回避したのかを初めて知ることができます。測定対象に応じて 2 つの異なる測定技術を使用することで、カナダ保健省はワクチンに有効成分が含まれていることを認めたにもかかわらず、ワクチンの存在を知らされておらず、それがどれほど有害であるか全く分かっていないにもかかわらず、ワクチンを中止するために「何も*しなかった」のか、どのようにして健康に害を及ぼさなかったのか、


世界の権威者は製薬会社に「では、誰がSV40プロモーターのラベルを図から削除したのか、そしてなぜそれを行ったのでしょうか? ") 」のような質問さえしており、規制当局は誰も「なぜ * なのか」という質問をしませんでした。あれ*が入っている」(ワクチンには医学研究を行うために多くのものが含まれている。なぜなら、ワクチンはより早く市場に出すために研究で使用される既製の製剤を使用したようだから)、どうしてマスコミは沈黙を保っているのか、なぜ議会は何の質問もしていない、


FDAがこれから何をするつもりなのか、ファイザーとモデルナがどのようにして救済するのか(あるいはしないのか)、被害はどれほど深刻なのか、ケビン・マッカーナン氏は検査キットを何社の研究所に出荷したのか、何には回復不能な危害の可能性、なぜ世界中の保健当局があなたのDNAに回復不能な損傷を与えるかどうかの研究に資金提供しないのか、どのメディアがこのニュースを取り上げているのか、この事態はどう終わるのか、血液中の単球検査が発見する最良の機会である理由信号などなど!


肝心なのは、製薬会社は現在、借りた時間で生きているということだ。   今から 30 日以内に検査結果が出る予定です。


これらのワクチンによる取り返しのつかない害がデータで示されれば、すべては終わりです。


砂上の楼閣が崩壊するdown.


乞うご期待。


FDAは「不正な」ファイザー製新型コロナウイルスワクチンを回収すべきだ:ロバート・マローン



東京理科大学の村上泰文名誉教授


「ワクチンがDNAに汚染されているのはほぼ確実。DNAを含むmRNAワクチンはターボがんを引き起こす」


東京理科大学の村上泰文名誉教授「ワクチンがDNAに汚染されているのはほぼ確実。DNAを含むmRNAワクチンはターボがんを引き起こす」村上教授はターボがんのメカニズムを説明する:新型コロナワクチンにはmRNAのみが含まれると予想されている。しかし、ワクチンには、存在すべきではない相当量の DNA やその他の物質が含まれていることが証明されています。今ではそれについて疑いの余地はありません。


DNA は長さに関係なく、非常に簡単に人間の細胞に侵入することができ、あらゆる場所の細胞に侵入することができます。重要な遺伝子の中心にDNAが入り込むと、重要な遺伝子は機能しなくなります。問題の一つは、ファイザーのmRNAワクチンにはSV40と呼ばれるがんウイルスのプロモーター配列が含まれていることだ。この配列はヒトゲノムに侵入し、休眠中の発がん性遺伝子を目覚めさせて活性化させる可能性があります。その結果、がんの発症リスクが高まります。


mRNAワクチンは免疫を抑制する一方で、がんの発症リスクを高めます。ワクチン接種を受けると、ワクチン接種を受けていない状態に比べてがんを発症するリスクが大幅に増加します。ワクチン接種を受ける人が増えれば増えるほど、がんにかかる人も増える可能性があります。ワクチンはあらゆる種類のがんのリスクを高めるようです。白血病の症例数が増加しているという信頼できる情報があります。ワクチン接種により、がんウイルスのプロモーター配列が白血球に侵入し、あらゆる場所の赤血球に付着します。その結果、白血病の報告がますます増えています。大量のmRNAのスパイクが生成されます。


スパイクは破壊から最も保護されるでしょう。おそらく、長いスパイク遺伝子はそのまま残っているのでしょう。つまり、長いスパイク遺伝子がそこに残っていれば、遺伝子発現は常に行われ続けることになります。つまり、スパイクは永久に発生し続けます。DNAが幹細胞に入ると、DNAはどんどんスパイクを作り続けます。その結果、IgG4抗体が誘導されます。スパイクを作る細胞の数は減らず、スパイクを作る細胞を取り除くことができなくなります。その結果、細胞内にスパイクが存在するのが常態化します。生成されたスパイクは血流に流れ込み、さまざまな健康上の問題を引き起こします。したがって、IgG4 を誘導するワクチンは欠陥のあるワクチンとみなされ、今後は製造されるべきではありません。


通常、がん細胞はゆっくりと生まれ、成長します。しかし、ワクチンは免疫を抑制するため、がん細胞が増殖しやすくなります。ワクチンはターボがんを引き起こします。免疫力の抑制はターボ癌の主な要因です。IgG4 抗体の増加により、がん免疫が抑制されます。ワクチンに含まれる DNA が多いほど、ワクチンによって引き起こされる炎症はより激しくなります。DNAは細胞にとって異物です。そのため、DNA は重度の反応を引き起こし、細胞の免疫システムを殺します。ワクチンに含まれる DNA が多いほど、ワクチンによって引き起こされる副作用はより重篤になります。ワクチンにはさまざまな不純物が含まれている可能性がありますが、可能性の 1 つは DNA である可能性があります。そもそもDNAは体の細胞の中に入れるべきではないものです。




IgG4 抗体
IgG4は、細菌やウイルスなどの病原体に対して身体が抵抗するためのシステム「免疫」に関わるタンパク質です。 身体に侵入した病原体や、病原体に既に侵された細胞などと結合し、病原体を無力化したり、白血球などの免疫細胞が病原体を攻撃する際の目印として働いたりする物質をまとめて抗体と呼びますが、IgG4もこの抗体の一つです。



原因不明の難病「IgG4関連疾患」における臓器障害のメカニズムを解明~IgG4抗体と細胞傷害性T細胞の相乗効果で炎症が増悪~

東京理科大学生命医科学研究所分子病態学研究部門の久保允人教授らの研究グループ*1は、肝臓、すい臓、腎臓などの臓器や、血管、涙腺、唾液腺など、全身の様々な組織に腫れや炎症を生じる原因不明の難病「IgG4関連疾患」について、臓器に強い炎症が生じるメカニズムを明らかにしました。


IgG4は、細菌やウイルスなどの病原体に対して身体が抵抗するためのシステム「免疫」に関わるタンパク質です。身体に侵入した病原体や、病原体に既に侵された細胞などと結合し、病原体を無力化したり、白血球などの免疫細胞が病原体を攻撃する際の目印として働いたりする物質をまとめて抗体と呼びますが、IgG4もこの抗体の一つです。


IgG4関連疾患の患者では、臓器に腫れがみられるほか、血中のIgG4の濃度が正常値と比べて高くなっており、IgG4を産生する「IgG4陽性形質細胞」が異常に増えて臓器に浸潤しています。逆に言えば、この三つを除いて患者同士で共通する特徴はあまりありません。炎症が起こる臓器は患者によってまちまちで、起きた臓器や炎症の程度によって自覚症状も異なります。ステロイド剤など免疫を抑える薬で症状が改善する場合が多いことから、自己免疫疾患であると考えられていますが、疾患の発生、進行などのメカニズムには不明な点が多く、治療法の開発のためにもメカニズムの解明が待たれていました。


久保教授らのグループでは、マウスを使った実験で、血中にIgG4抗体が存在すると、免疫系の細胞の一つで異物を破壊する能力を持つ「細胞傷害性T細胞」による、組織傷害の程度が大きくなり、組織の炎症が増悪することを発見しました。血中にIgG4抗体が存在すると、T細胞と同じく免疫系の細胞の一つであり、体内に侵入した異物の特徴を他の細胞に提示する「樹状細胞」の働きが促進され、そのことによって細胞傷害性T細胞が活性化しやすくなっていました。これらのことから、IgG4関連疾患に特徴的な強い炎症はIgG4抗体と細胞傷害性T細胞の相乗効果によるものである可能性が示唆されました。


今回の成果について、久保教授は「IgG4関連疾患の標的治療として、IgG4抗体を減らすこと、細胞傷害性T細胞の機能を落とすことの2つの可能性が考えられるようになりました。今後はこれらの治療応用への可能性を探っていければと思います」と抱負を語っています。


*1 本研究は、東京理科大学 生命医科学研究所 分子病態学研究部門 久保允人教授らの研究チーム(佐々木貴紀、矢島泰生、島岡達朗、小川修平(敬称略))、慶應義塾大学医学部 リウマチ・膠原病内科 竹内勤教授、理化学研究所 生命医科学研究センター 免疫シグナル研究チーム 斉藤隆チームリーダー、北里大学医学部 膠原病・感染内科学 山岡邦宏教授の共同研究として行われました。


IgG4関連疾患


全文は東京理科大学👇




医薬品としてのモノクローナル抗体には

  • マウス抗体
  • キメラ抗体
  • ヒト化抗体
  • 完全ヒト抗体👌

種類があります。


ヒトの抗体
ヒトの免疫グロブリンには、IgG、IgM、IgD、IgE、IgAという5つのクラスがありますが、これまでに承認されている抗体医薬品は、全てIgG由来の配列を持つものです。


抗体は、特定の異物にある抗原(目印)に特異的に結合して、その異物を生体内から除去する分子です。
抗体は免疫グロブリンというタンパク質です。 異物が体内に入るとその異物にある抗原と特異的に結合する抗体を作り、異物を排除するように働きます。
私たちの身体はどんな異物が侵入しても、ぴったり合う抗体を作ることができます。


遺伝子工学の手法を用いて、抗原に結合する先端の部分だけ🐭ねずみの抗体を残して、
残りはヒトの抗体に変えた
キメラ抗体やヒト化抗体が開発された。👈🐭


マウス抗体は🐭ねずみの抗体であるため、ヒトの体内に入ると異物と認識されてアレルギー反応を起こしたり、効果が弱まったりします。 そのため、ヒトの抗体に近い方がより安全性が高いと考えられ研究が進められてきました。
😎👆
抗原にあるたくさんの目印(抗原決定基)の中から1種類(モノ)の目印とだけ結合する抗体を、人工的にクローン(クローナル)増殖させたものをモノクローナル抗体といいます。