コロナ 毒ワクチン の 解毒方法 STAP細胞に有り!

コロナワクチンの開発には恐らくSTAP細胞に隠されている。解毒には日本の企業であるヤマサ醤油「シュード・ウリジン」にヒントが存在する。

スタップ細胞


日本を、いや!世界を救うのは小保方さんのSTAP細胞です


これは、裏では犯罪が起きたのです。恐らくファイザーの株を買っている宗教法人が事件を起こした感じもします。


私の予想では、ネイチャーに発表されたので小保方さんのSTAP細胞技術が盗まれてしまったのです。大きな組織が働いて技術を奪われてしまった。しかもマスコミもその仲間であると言えます。ノーベル賞とかを良く調べると技術を盗み受賞している人が多い感じがします。ま、それは置いといて。
彼女は事件後、うつ病になってしまいホームページも動いていませんね
STAP HOPE PAGE 翻訳版


ワクチン接種者の帯状疱疹の細胞を集めて染色したら、スパイクタンパクだらけだった


帯状疱疹の周りには「スパイクタンパク」つまりは「スパイクタンパクが帯状疱疹を作っていた」というわけだ。「スパイクタンパクが」すぐになくなるわけでない理由は、mRNAワクチン自体が「異性体」を組み込んで作った自然界にまれなmRNAの「人工ワクチン」だからで、免疫がそのタンパク質をやっつけようとしても、「異性体」なのでおいそれと倒せない。結局は毒として分解されずに残り続ける。


何度もスパイクタンパクの「毒矢」を接種すれば、どんどん体に蓄積する。ナノ粒子も同じだ。ここにコロナという風邪にかかれば、弱った体に追い打ちというわけだ。


しかしコロナを厚労省は存在を認めてはおらず、ある物だとしてコロナ対策を行って居る
厚生省の役人、ほとんどがワクチンを打っておらず国民には推し進めて来たわけだ。危険だと知りつつ。
そもそも免疫をシャットダウンしてしまえば、軽い風邪でも重症になってしまうのである。
そもそもコロナと言うウィルス自体が存在しないのである。


初期のころ、製薬会社は免疫が数年残るから大丈夫と言っていた。毒も残るから、そのとおりだ。STAP細胞とは、正式には「刺激惹起性多能性獲得細胞」と言う。
人為的な操作によって様々な細胞になれる能力をもつようになった多能性細胞のことです。 最終的な細胞に分化した後の体細胞を取り出して、簡単な操作を加えるだけで、多能性幹細胞へと戻るというわけです。 多能性細胞といえば、ES細胞やiPS細胞があります。


「コロナワクチンは、通常の「mRNAワクチン」に「シュードウリジン(Ψ)」を置換して作っている」


以下は論文👇
https://labchem-wako.fujifilm.com/jp/category/docs/03069_catalog.pdf
またまた富士フィルム。👀


シュードウリジンは、ヌクレオシドであるウリジンの異性体です。リボース環とウ
ラシルの間の N-グリコシド結合の N-C 結合が C-C 結合に置き換わった構造を有します。
新しい創薬モダリティとして注目される mRNA ワクチン / 医薬品において欠かせない重
要な構成要素の一つです。


世界的に混乱を招いた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、mRNA ワクチンの大きな可能性が見出されています。可能性=❔👀

富士フィルムは、中国企業?

連結子会社の持分譲渡実行中止のお知らせ

異性体は薬剤や材料ではよく使われるテクニックで、マーガリンの毒も製造工程で少量できるものに依存する。これをかき集めて作ったのが新型ワクチン。


「mRNAワクチン中のウリジン(U)をシュードウリジン(Ψ)に置換することで*自然免疫を回避タンパク質の合成効率を向上させている。」
(つまり、免疫を通過する新コロワクチンは劇薬)
シュードウリジン(Ψ)を 1-メチルシュードウリジン(N1mΨ置換)に変更すると、*より多くのタンパク質の合成ができる。ことが分かっている。


mRNAスイッチの性能を大幅に向上させることのできる修飾塩基を発見



この機構に気が付いたのが、日本人、大阪大学、つまりはお仲間
日本RNA学会 - <走馬灯の逆廻しエッセイ> 第29話「これからのワクチンは分子生物学mRNAワクチン」
(小保方さんと一緒で、金だけ奴らにとられる)


翻訳反応を最大化するための合成 mRNA の分子設計
https://www.jstage.jst.go.jp/article/dds/37/3/37_196/_pdf




STAP細胞* そしてシュードウリジンは調子にある日本企業、ヤマサ醤油が世界を救うのである!!



醤油の「ヤマサ」が製造する、核心物質「シュード・ウリジン」が... 新型コロナ・ワクチンの必須原料だった!


毒薬を作るのも治療薬を作るのも企業が選び方ひとつ変わる世界




醤油の「ヤマサ」が製造する、核心物質「シュード・ウリジン」が... 新型コロナ・ワクチンの必須原料だった!


ヤマサ醤油と言うと韓国での噂でも話題ですがね


どうなるのか?と言った世界です。


技術を持っていても正義になれるのか?


なにせ千葉ですからね(;^ω^)


YouTubeで消されていない動画ですしどうかな。


逆に考えたら毒ワク開発に関係しているのかも知れませんがね


調べてみましょう。


大泉洋&マツコ・デラックス、昭和歌謡調のデュエット披露 CMで念願の初共演



あーあ!やはりブラックでした。笑


ヤマサ


しかし答えはシュードウリジンと出ている訳です


どこの企業が研究開発を進めるのか?ですね


【2022年版】ウリジン メーカー7社一覧



これら全て全滅です。😭😭😭