これは英国議会で起こったばかりの出来事です。

数時間前、英国議会で行われた過剰死亡に関する議論の最中、議長はアンドリュー・ブリッジェン氏との共同演説で、ケビン・マッカーナン氏のDNA汚染研究を引用し、力強い演説を行った。


「ケビン・マッカーナンは偶然の発見をした。彼は[mRNAバイアル]がプラスミドDNAで汚染されているのを発見して衝撃を受けた」と彼は続けて、「他の科学者もこの発見を確認している」と述べている。


- 「これは、それらがワクチンではなく、全く異なる規制条件の対象となるべき遺伝子組み換え生物であり、ワクチンとして分類されるべきではないことを意味します。」


- 「彼はその記事をこう締めくくっている。『もしも』『しかし』はもう許されない。すべてのmRNAワクチンは今すぐ中止されなければならない』」


この講演者は、すでに mRNA ワクチンを 2 回接種したことを述べた後、次のように述べている。「ワクチン接種の価値は大きく損なわれました。個人的には、率直に申し上げます。私は mRNA ワクチンをもう 1 度も接種しません。そう思っているのは私だけではありません。」



超過死亡と新型コロナウイルスワクチンに関する歴史的議論が英国議会を揺るがす

「私たちは、記憶に残る、そしておそらくこれまでで、この国最大の医療スキャンダルの目撃者です。」


スキャンダル



4月18日、英国下院で、 ノースウェスト・レスターシャー州選出のアンドリュー・ブリジェン議員 (無所属)は、自身が提起した議論について、妥協のない厳しい演説を行った 。 」


昨年10月、私のレポート「超過死亡をめぐる沈黙のベールを貫く」では、下院で超過死亡に関する30分間の散会討論を確保した後のブリジェン氏の演説を取り上げた。


しかし、この討論は2時間以上続き、クリストファー・チョープ卿、ダニー・クルーガー氏、ニール・ハンベイ氏を含む他の国会議員も、超過死亡とmRNA COVID-19注射との関連についての懸念について意見を述べ、このグループは効果的に以上のことを行っている。話題の沈黙を突き破る





10月20日の討論会と同様、わざわざ出席した国会議員はおよそ12人だけだった。


これらには、クリストパー・チョープ卿、フィリップ・ホロボーン、キーラン・ミュラン博士、ダニー・クルーガー、ウェラ・ホブハウス、ニール・ハンベイ、スティーブン・メトカーフ、アンドリュー・グウィン、グラハム・ストリンガー、ピーター・ボトムリー卿、保健社会保障担当国務次官マリアが含まれていた。コールフィールド。


超過死亡と新型コロナウイルスワクチンに関する歴史的議論が英国議会を揺るがす – Vigilant News Network