コロナmRNAワクチン がん増殖を刺激する成分が含まれている

確認済み:新型コロナウイルスmRNAワクチンには、免疫反応を抑制しがんの増殖を刺激する成分が含まれている


新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた人にとっては良くないようです。👇
https://vigilantnews.com/post/confirmed-covid-mrna-vaccines-contain-component-that-suppresses-immune-response-and-stimulates-cancer-growth/

がん

この記事はもともと The Gateway Punditに掲載され 、許可を得て再公開されました。


Jim Hoftによるゲスト投稿


科学者の国際連合による包括的なレビューにより、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)mRNAワクチンの安全性プロフィールについて深刻な懸念が生じた。


レビュー記事は、特定のトピックに関する現在の研究を要約したものです。文献レビューや二次資料と呼ばれることもあります。


レビュー「N1-メチル-プソイドウリジン (m1Ψ): 癌の味方か敵か?」 Science Direct に掲載された論文では、免疫抑制とがんの増殖に役割を果たす可能性のあるワクチン成分である N1-メチル-プソイドウリジン (m1Ψ) の潜在的な影響を詳しく掘り下げています。


m1Ψは、有効性を高めるためにファイザー・ビオンテックの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)mRNAワクチンに組み込まれた。


このコンポーネントは、インビトロ転写(IVT)を通じて大量の修飾型 SARS-CoV-2 スパイク mRNA を生成する手段として mRNA ワクチンに導入されました。この修正は、パンデミックの真っ最中にワクチンを迅速に開発し展開する上で極めて重要でした。


しかし、この総説論文は、特にワクチンと身体の免疫反応との相互作用や潜在的な発がん作用に関して、この改変の長期的な影響に疑問を投げかけている。


レビューの要約によると、証拠は、mRNAワクチンが重篤な疾患の転帰を軽減するのに「効果的」である可能性がある一方で、滅菌免疫を提供しない可能性があり、個人が再発感染しやすくなることを示唆している。


さらに重要なことに、このレビューは、mRNA ワクチンに m1Ψ を含めると主要な免疫学的経路を阻害し、体の初期のインターフェロンシグナル伝達を損なう可能性があることを強調しています。


インターフェロンは 、体の免疫システムが感染症や癌などの他の病気と戦うのを助ける天然物質です。


この免疫抑制は、スパイクタンパク質の効率的な合成を確保し、免疫活性化を最小限に抑えることを目的としており、誤ってがんの発生や転移を促す環境を助長する可能性があります。


対照的に、この修飾を行わない mRNA ワクチンは逆の効果を示しました。


「この説得力のある証拠に基づいて、今後のがんや感染症の臨床試験では、免疫抑制を避けるために100%m1Ψ修飾を含むmRNAワクチンではなく、より低い割合のm1Ψ修飾を含むmRNAワクチンを使用すべきであると我々は提案する」と研究者らは述べた。

🚨速報:国際的な研究チームによって発表された新しい研究は、一部の医療専門家が18か月間疑っていたことを裏付けています。
N1-メチルプソイドウリジンを含むCOVID mRNAショットは免疫系を抑制し、癌の成長を刺激します!

以下は、mRNA COVID ワクチンによって引き起こされる「血管内大細胞型 B 細胞リンパ腫 (IVLBCL)」と呼ばれる恐ろしい癌について説明した別の論文です。
https://tandfonline.com/doi/full/10.1080/25785826.2024.2338594?src=exp-la
正直に言うと、これらのワクチンは世界中の何億人もの人々の健康に大混乱をもたらしました。