退去命令を受けたクルド人 パリで大暴れ

パリのドゴール空港で騒動。退去命令を受けたクルド人活動家のトルコへの送還を阻止しようと、集団が出発ロビーに入ろうとしたためだという。

ロワシー・シャルル・ド・ゴール空港では、現地の観光客らの失望した視線の下で、全面的な戦闘が勃発した。


混乱の現場は水曜日、パリ空港の第1ターミナルで起きた。クルド人活動家のトルコ追放に抗議するデモ参加者約20人が集まった。


ロワシー・シャルル・ド・ゴール空港では、現地の観光客らの失望した視線の下で、全面的な戦闘が勃発した。


混乱の現場は水曜日、パリ空港の第1ターミナルで起きた。クルド人活動家のトルコ追放に抗議するデモ参加者約20人が集まった。


ヨーロッパ紙によると、抗議活動参加者の中には共産主義の選挙で選ばれた役人も含まれていたという。


暴力的な戦いの画像がソーシャルネットワーク上に出回っている。目撃者の叫び声を聞きながら、何人かが殴り合いに来たり、スタッフが物を持って身を守ろうとする様子が見られる。


現場にいた兵士の介入が必要でした。この口論で一部の警察官も軽傷を負った。


捜査が開始され、クルド人活動家は最終的にフランス領土から追放された。



クルド人



クル土人は日本からも出て行けー!