パリの凱旋門からの覚書 エトワール

エトワール凱旋門(エトワールがいせんもん、フランス語: Arc de triomphe de l'Étoile)は、フランス・パリのシャンゼリゼ通りの西端、シャルル・ド・ゴール広場にある戦勝記念碑である。



凱旋門

凱旋門には不思議なことは山ほどあるが、調べている時に気が付いたことを書いておこう。



エトワールは別名何と呼ばれていますか?
別名「しあわせホルモン」とも呼ばれ、脳内にセロトニンが増えると 気持ちが安定し、幸福感に満たされていくそうです。 エトワールでは、この「おひさまの光」が持つ力を活かした 自然光撮影にこだわっています。



セロトニン(せろとにん)
必須アミノ酸トリプトファンから生合成される脳内の神経伝達物質のひとつです。 視床下部や大脳基底核・延髄の縫線核などに高濃度に分布しています。 他の神経伝達物質であるドパミン(喜び、快楽など)やノルアドレナリン(恐怖、驚きなど)などの情報をコントロールし、精神を安定させる働きがあります。



セロトニン どうやって出す?
セロトニンの分泌には日光を浴びることが欠かせません。 運動に関しては一定のリズムで行う運動がセロトニンの分泌を高めてくれます。 リラックスして朝、太陽の光に当たりながら毎日15分程度のウオーキングを楽しむといった方法が良いでしょう。
幸せホルモンセロトニンを増やすには起床したらカーテンを開け、しっかり日差しを浴びて脳を起こしましょう。 朝の時間帯にウォーキングをしたり、徒歩や自転車で通勤したりすると、よりセロトニンの分泌を促しやすくなります。




セロトニンが少ない人の特徴は?
自己肯定感
セロトニンの不足の身体的症状として、便秘・消化障害・光や痛みに過敏になる・糖質(炭水化物)の異常摂取・不眠症・片頭痛などです。 精神的症状では、気分の落ち込みなどの鬱症状・認知機能の低下・意欲の減退・自己肯定感の低下などがあげられます。 これらの症状が現れたら、セロトニン不足の可能性が考えられます。




脳のセロトニンを増やすには?
セロトニンの分泌を促すには


一定のリズムを刻む運動を反復して行うと、セロトニン神経を刺激して覚醒状態を高める効果があります。 さらに、人との触れ合い(グルーミング)もセロトニンを増やすには効果的です。 食事もセロトニンの分泌に大きく影響しています。 その栄養素はトリプトファンという必須アミノ酸の一種です。




セロトニンが増えすぎるとどうなる?
セロトニンが過剰になると、不安・錯乱・発汗・心拍数の増加・発熱・体の震え・筋肉のけいれん・吐き気・頭痛・昏睡など、様々な症状が出てきます。 いわゆる「セロトニン症候群」と呼ばれるものです。





ドーパミンが少ない人の特徴は?
ドーパミンは体の運動を調節している神経に命令を送る神経伝達物質なので、これが不足すると、ふるえが出る「安静時振戦」、筋肉がこわばる「筋固縮」、動きがゆっくりとなる「動作緩慢」、バランスをとるのが苦手になる「姿勢反射障害」といった特徴的な症状が出現します。




幸せホルモンを出す食べ物は?
このセロトニンの原料となるトリプトファンは、人間の体内では合成できないため、食べ物からとる必要があるそうです。 肉以外にトリプトファンを多く食品としては、豆腐・納豆・大豆・味噌、などの豆製品や、ごま・アーモンド・落花生・くるみなどのナッツ類、牛乳・ヨーグルト・チーズなどの乳製品、卵、魚などがあげられます。


【ハチミツ】幸せホルモンとは?

蜂蜜





蜂蜜は偽物が多いので買う時には注意が必要です

なるべく国産で瓶に詰めてあるものが良いでしょう。価格の安いものは偽物です。
現在はミツバチがインターネット開通によって電磁波の影響を受け少なくなっています。
ADSLが始まったころからミツバチは既に激変しています。


またアカシアの花専用の蜜を取るミツバチにも電磁波に影響されてしまい、いろんな花の蜜を取るようになってしまいました。現在アカシアの純粋な蜜は非常に少ないはずです。いろんな花の蜜は色が濁ります。


海外の蜂蜜は、ほぼ信用出来ません、マヌカハニーも偽物だらけです。



凱旋門から蜂蜜になり面白いですよね
いろんな調べ方がある
興味を持って何気に調べると新な発見がある