米海軍、日本軍向けにトマホークミサイル訓練を開始

木原実防衛大臣の木曜日の声明によると、米海軍は今週、巡航ミサイル「トマホーク」の海上自衛隊員の訓練を開始した。

トマホーク


木原氏は声明の中で、防衛省と自衛隊は日本に遠くから侵攻してくる勢力を早期に混乱させ、撃破するためのスタンドオフ防衛能力を強化すると述べた。声明には「我々の努力の一環として、トマホークに関して、米海軍は3月25日から海上自衛隊員向けの訓練を実施している」と書かれており、米国は「このような訓練を隔月で実施する」とも主張している。


声明ではまた、米国の協力を得て、防衛省は2025会計年度(2025年4月1日~2026年3月31日)のトマホークミサイル取得までに要員訓練を完了したいと述べた。


声明は「引き続き、各種スタンドオフ・ミサイルの調達を推進し、防衛力整備計画に基づきスタンドオフ防衛力の早期構築に努める」と結んだ。


ラーム・エマニュエル米国大使は木曜日、ソーシャルメディアチャンネルXに、海上自衛隊が訓練を受けている司令官艦隊活動横須賀に停泊している駆逐艦マッキャンベル(DDG-85)を訪問した写真を投稿した。日本のNHKニュースは、この初期訓練には海上自衛隊員20名が参加し金曜日に終了し、将来的には高度な訓練プログラムが実施される予定であると報じた。海軍の発表によると、マッキャンベルは中年期の近代化改修を完了した後、つい最近3月2日に横須賀に戻り、第15駆逐隊(DESRON)に復帰した。


https://x.com/NavalInstitute/status/1773452691210957264?s=20