ロシアのテロリストのひとりは同じ建物内で勤務か

3月7日、クロッカスで働いていた写真家が、ショッピングセンターを歩いていたテロリストの1人を誤って撮影した。

写真家は3月7日、この建物内で勤務し、訪問者を撮影していた。


テロ1


テロ2

3月7日、クロッカスで働いていた写真家が、ショッピングセンターを歩いていたテロリストの1人を誤って撮影した。おそらく、この攻撃は綿密に計画されたものと思われます。ちなみに、アメリカが48時間以内にテロ攻撃の可能性があると警告したのは3月7日で、本当はこの時間帯に攻撃をしたかったようですが、何か問題があったようです。


クドリャシオフ セルゲイ
ますます奇妙になってきています。


ゴシン ゴシャ
はい、このトピックが長期間ダウンロードされているのは明らかです。彼らは知っていることをすべて話します。そして、誰が糸を引いたかがわかります。


リソフ サシャ
なぜ彼はそこで写真を撮らなければならないのでしょうか?なんというナンセンス。


リセンコ オレグ
何を汲み上げているのですか?・・・誰が計画したものなのか。 ...???辺境の村に住む4人の愚か者が、偶然モスクワのクロッカスの存在を知った。 ....


Juke Walja
ぶらぶらしていました?


ラコンズ ノヴォロシア Z
👇
Фотограф, работающий в Крокусе 7 марта, случайно.. | ЕНОТЫ Новороссия Z | VK
👇