日本の豆腐が危ない食べ物になっている

シリコンとシリコーンは違うから問題ない!とか言ってる人居るけど、そもそも豆腐にそんなもの要らねぇんだよ


良く見て!イオン・千葉👀


シリカについては以前にも記事にしましたよね
お菓子などに入って居るシリカ、食べられない乾燥剤

シリカとシリコンとシリコーンの違い

シリカは砂の主成分で、石英(水晶)はシリカでできています。 
ケイ素はケイ素樹脂の原料となっています。 


半導体材料に使われるシリコンは、原料の珪石を還元、精留させて、ケイ素の純度を高めたもので、暗灰色をした金属です。
シリコーンは、ケイ素樹脂のことです。


ケイ素樹脂の用途
耐熱性ゴム・高温用電気絶縁材料(電線被覆)・防水加工剤・耐熱塗料・接着剤・成形品、医療用器具などに用いられる。 絶縁材料として高温や水中で利用するモータなどに用いたり、酸素をよく通すので人工腎臓やコンタクトレンズなどにも利用される。


そんなものがスーパーで販売される お豆腐に入って居る🤮


ケイ素樹脂の発がん性
発がん性については結晶性シリカの微粒子の吸入により肺に沈着して塵肺の一種である珪肺を罹患する状況で、肺がんのリスクが高まる。 非晶性といわれた珪藻土も特に焼成品は結晶を含むため粉塵の吸入は肺がんリスクが高まる。 経口や皮膚接触等では見られていない。

ケイ素樹脂の発がん性


体内にシリコンが入ったらどうなるのでしょうか?
シリコーン塞栓症は、通常は美容インプラントからのシリコーンが血管に入り、閉塞を引き起こすときに発生します。
シリコーン塞栓症候群は、血管内に 1 つまたは複数の塞栓が形成される場合です。
この非常にまれな症状は、呼吸や循環に影響を与える可能性があります。
治療せずに放置すると致命的になる可能性があります。


シリコーン塞栓症


お豆腐の原料

豆腐の原料は、基本的には大豆とにがり(凝固剤)だけ。 一晩水にさらした大豆を砕いて煮たら、布を敷いた容器でこして絞ります。 このとき絞った液体が豆乳。 布に残ったものが「おから」です。


とうふ




いかに日本の食品が危険なのかがわかる事例ですよね


シリコーンが安全とか言う前に
そもそも豆腐にそんなものいらねぇ~んだよ!


ケイ素樹脂の発がん性があると調べると出ている
日本では人体に無害だとして出ています


日本人の癌患者の推移は増える一方です

肺がん

これだけ多くの日本人が癌になり死亡している
気を付けることが山の様にあると言うこと
食べてはならない物が売られているのか?
注意をしなければ仲間入りです。



全てネットに出ているのを記事に出しているだけです

私が言っている訳ではありません
どう思うのか?は個人の判断です


シリコーン入りのお豆腐を食べたければ自由です
肺がんになって死のうが勝手です
パクパク何でも自由に食べれば良いです


危ない豆腐だな。と思えば良く見て購入しましょうね😘👌