自動車用プラスチックの毒性 フタル酸エステル

自動車の車内の安全性を考えた事はありますか?車のシートの素材や計器類のパネルのプラスチック類。実は有毒なフタル酸エステルで車内は発がん性があります。


フタル酸エステル類とは、フタル酸(オルト体)とアルコールのエステルの総称です。 フタル酸エステルは樹脂の可塑剤の1種として、広く一般に使用されています。 可塑剤とは樹脂の硬度を調整するための添加剤で、樹脂と混合することにより柔軟性を持たせます。 フタル酸エステルはヒトへの有害性への懸念から様々な国内外の規制があります。


とても赤ちゃんを安心して車内に乗せられる環境ではありません
有毒なフタル酸エステルは発がん性物質です。


車の中

フタル酸エステルはシリカ
シリカは、ケイ素(Si)の酸化物で「二酸化ケイ素(SiO2)」を指します。


TOYOTA



自動車用プラスチックの毒性についてメディアが誤った主張を報道してから何年も経ちました。何だと思う?彼らはまた挑戦している。ダッシュボードをしなやかにし、ビニールを柔軟にする可塑剤の「危険性」を世界に警告する準備ができています。


ABC の The View と National Geographic Magazine (2006 年 10 月) はどちらも、総称してフタル酸エステルとして知られるこれらの化学物質を大きく取り上げました。これらのプラスチックがなければ、あらゆる車内に、装甲を強化した軍用仕様のハンビーの魅力と快適さがすべて備わっています。


デビッド・ユアン・ダンカンの「内なる汚染」が本格的に始まる前から、ナショナル ジオグラフィックの小見出しは自動車プラスチックと毒性を結び付けています。「現代化学のおかげで…SUV は 6 秒で 60 点に達します。しかし、そのような便利さには代償も伴います。


よく知られた毒素から効果が未知の新しい化合物まで、現代の生活に充満している化学物質は私たちの体内に蓄積し、場合によっては何年もそこに留まることがあります。」本編では、ダンカンはフタル酸エステル類を毒素と呼ぶことを慎重に避けている。それらは「懸念される化学物質」です。しかし、その意味するところは明らかです。フタル酸エステル類は有毒です。


フタル酸エステル類は、シャンプーボトル、医療機器、おもちゃ、食品用ラップ、化粧品、水筒、大人のおもちゃなど、幅広い日用品に含まれています。プラスチックが熱くなるとフタル酸エステルが浸み出します。フロントガラスの内側を覆う曇りは、内部のプラスチックから「蒸発」し、ガラス上に集まったフタル酸エステルで構成されています。


長期にわたるフタル酸エステルの損失は、ダッシュボードがますます脆くなり、割れてしまう原因となります。フタル酸エステル類は、新車の臭いや、太陽の下に放置されたペットボトルの水の変な味の原因にもなります。


人体は、皮膚、経口、または肺を通じてフタル酸エステルを吸収します。


シリカゲル

ケイ素ナノシリカ=農薬

農薬


ナノシリカ 前立腺がん カーシート

カーシート


やった!ランキング1位

#最近の学びは騙される科学繊維 「エステル」「ナノシリカ」 と オーガニックコットン

1位