男性がガスの蓄積を和らげて苦しむ子牛を救出 #膨満感

牛などの動物は、胃内のガスにより危険な #膨満感に悩まされることがあります。膨満感とはワクチン接種による アナフィラキシーの危険信号

獣医師は「チュービング」または「タッピング」と呼ばれる処置を使用します。動物の胃にチューブや針を挿入してガスを放出し、動物を重大な危害から守ります。



私も検査を受け、投薬治療に入りました。症状としては、慢性疲労感、睡眠障害、腹部膨満感、肩こりや頭痛などだそうです。


膨満感


吐き気無し。空腹感も無し。膨満感有り。


いつも何か喉につかえたような食欲がわかない常時膨満感を訴える方など、症状の種類が増えてきてるようです。


バファリン飲んで少し緩和されたけど
膨満感あり。


15分の待機中、接種した個所から腕に膨満感


今日ワクチン1回目撃ったのだけど、もとい! 打ったのだけど、副反応に胃の膨満感ってアリ?


膨満感とはワクチン接種による アナフィラキシーの表れ。生命の危険信号⚠



つまりあなたの身体は、やめてくれー!
そんなの打たないでくれ!と悲鳴を上げている。


だけど自分の生命よりも日本政府の方を大切に選んでしまっているから何回何回も打ってしまう。死んでも仕方がないよね。


アナフィラキシーの兆候と症状は何ですか?


アナフィラキシーとは何ですか?
アナフィラキシーは、全身に影響を及ぼす重度の、生命を脅かす可能性のあるアレルギー反応です。アナフィラキシーは、蜂刺されやピーナッツなど、アレルギーのあるものにさらされてから数秒または数分以内に発生する可能性があります。


アナフィラキシーは「アナフィラキシーショック」という用語でよく使われます。アナフィラキシーショックが発生すると、血圧が急激に低下し、細胞や臓器の機能が失われます。このショックはアナフィラキシーによって引き起こされます。


このプロセスは免疫系で発生し、異物から防御する抗体が生成されます。これは通常、特定の細菌やウイルスなどの異物が有害な場合に適しています。しかし、一部の人々の免疫システムは、通常はアレルギー反応を引き起こさない物質に対して過剰 に反応します。


ヘイリー・オーバーストリート博士は、アナフィラキシーの原因と治療法について次のように説明しています。


アナフィラキシーはどれくらいの速さで起こりますか?

アナフィラキシーは非常に急速な反応であるため、数秒で始まる可能性があります。通常、3分から30分の間に重篤な症状のピークに達します。遅延反応が起こることはあまり一般的ではありません。


アナフィラキシーの一般的な引き金は何ですか?

あらゆる物質がアレルゲンとなる可能性がありますが、アナフィラキシーを引き起こす最も一般的なアレルゲンは次のとおりです。


・食物アレルギー:牛乳、卵、魚、貝類、ピーナッツやクルミなどのナッツ、イチゴなどの特定の果物など。


・薬:抗生物質(特にペニシリン)、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)、全身麻酔時に使用される筋弛緩薬。


・虫刺され:特にスズメバチとハチに刺されます。


・ラテックス: 手袋やチューインガムなど。ほとんどの病棟やクリニックでは非ラテックス手袋が使用されています。


場合によっては、患者に既知のアレルギーがない場合、アナフィラキシーの明らかな原因が見つからないことがあります (「特発性アナフィラキシー」として知られています)。 アレルギー検査を受け、何がアナフィラキシーを引き起こす可能性があるかを知ることが重要です。


アナフィラキシーの症状や反応は何ですか?

アナフィラキシーの反応速度は速いため、その兆候や症状を知ることは非常に重要です。
症状には次のようなものがあります。


症状には次のようなものがあります。


蕁麻疹、かゆみ、
皮膚の
低血圧(低血圧)
気道の狭窄と舌や喉の腫れは、喘鳴や
呼吸
弱くて速い
脈拍
吐き気、嘔吐、
下痢
めまいや
失神
症状は等級付けシステムでランク付けできます。グレード 1 が最も低く (軽度の症状)、グレード 4 が最も高く (重度の症状) となります。


グレード 1:症状は通常、皮膚に関係しており、皮膚の発疹、かゆみ、皮膚の腫れ、蕁麻疹などがあります。

グレード 2:症状にはグレード 1 の兆候が含まれますが、他の症状も含まれます。たとえば、鼻水、嗄れ声、呼吸困難が発生する場合があります。けいれんや嘔吐、低血圧、速い脈拍、不規則な心拍が発生することもあります。

グレード 3:症状には、下痢や膨満感などがあります。体は臓器に十分な血液を供給できないため、ショック状態に陥り、意識を失う可能性があります。皮膚が青みを帯び、呼吸困難が起こることがあります。

グレード 4:症状には、上記のすべての症状と、呼吸が停止する呼吸停止が含まれます。また、血液が体全体に循環しなくなってしまう循環停止を経験することもあります。


アナフィラキシーの治療方法

アナフィラキシーは急速に重症化する可能性があるため、行動計画を準備することが重要です。


食べ物や虫刺されに対してアレルギー反応が出た場合、医療従事者はエピネフリン (アドレナリン) 注射を処方します。これらのショットは、アナフィラキシーの症状を回復させるために迅速に作用します。アナフィラキシー反応が起きた場合は、通常は大腿部に薬を注射します。5 ~ 15 分経過しても症状が改善しない場合は、2 回目の注射が可能な場合はそれを行ってください。自己注射後は、医師の診察を受けるか、911 に電話してください。アナフィラキシー反応が発生した場合は、医学的評価が必要です。


緊急医療は、アナフィラキシーに陥ってもエピネフリン自動注射器を利用できない人々の命を救う可能性があります。ベナドリルなどの抗ヒスタミン薬は最小限の緩和しか提供しないため、緊急治療を受けることが不可欠です。人によっては数時間以内に症状が再発することがよくあるため、専門家の監視が必要になることがよくあります。


アナフィラキシーを防ぐ方法

アナフィラキシーを防ぐ最善の方法は、この重度の反応を引き起こす物質を避けることです。


緊急事態が発生した場合の行動計画を作成します。


すべての医療従事者に薬の反応について必ず警告してください。


刺す昆虫にアレルギーがある場合は、その周囲に注意してください。長袖シャツとズボンを着用してください。草の上を裸足で歩かないでください。明るい色を着ないでください。香水、オーデコロン、または香りのよいローションを着用しないでください。屋外で開封済みの炭酸飲料の缶を飲まないでください。刺す昆虫の近くにいるときは、落ち着いてください。ゆっくりと遠ざかり、虫を叩きつけないでください。


食物アレルギーがある場合は、購入して食べるすべての食品のラベルをよく読み、どのような成分が含まれているかを確認してください。アレルギーのある食品は少量であっても重度の反応を引き起こす可能性があります。外食するときは、どんな食材が使われているのか、どのように調理されているのかを聞いてみましょう。