ムラゴン ブログ 始め TOKYO!

2024 みんなおいでよ ムラゴン ブログへ! 日本人のための新しい日本を作ろう

岸田首相、池田大作氏死去に「深い悲しみ」 追悼コメントを投稿

岸田首相最後まで嘘つき!池田大作氏死去ってとっくに居ないよ

岸田


すると統一教会自民党も終わりの予告だと言う事だよね
良かった良かった。


いちいちただの宗教団体にコメント出す方もおかしいと言われています
深い悲しみ?どんなお付き合いだったのでしょうかね


岸田さんも逮捕じゃないのかな?
みんな居なくなーれー!


麻生さんもとっくに居ないって噂が流れてた。
東京都知事みどりのタヌキも居なくなったらしいって聞いたぞ


真実はどうなんだろうな~


全てが終わり
新しい日本に生まれ変わる時期では無いのかな
そんな気がしてならないけど
🤪


心配ないからね 君の想いが誰かにとどく明日がきっとある 
どんなに困難でくじけそうでも信じることを決してやめないで.




Aiwa Katsu


ネイビーシールズ、ペドスから誘拐された子供たちを救出

米国海軍特殊部隊は水曜日、オレゴン州北東部の地下刑務所の入り口を警備していた正体不明の傭兵との激戦の末、14人の子供を救出したと、エリック・M・スミス将軍事務所の関係者がリアル・ロウ・ニュースに語った。


同氏によれば、信頼できる情報源からの情報により、洞窟口と地下50フィートに下り、花崗岩を切り出した長方形の部屋で終わるトンネルが発見されたという。部屋には毛布と枕が置かれ、13人の少年少女がいた。擦り傷を負った足首には鋼製の足かせと5フィートの長さの鎖が結びつけられ、もう一方の端には何者かが空気圧で洞窟の壁に打ち込んだ鋼​​製ボルトが取り付けられていた。毛布のほかに、子どもたちの唯一の暖かさの源は、部屋の中央に置かれた3台の石油ストーブでした。


私たちの情報筋は、予想屋が連邦政府の第5コラムニストであったかどうかについては明らかにしていない。



「私たちに密告した男について私が言えることは、これらの人身売買業者はディープステートと提携していないと彼が言ったことだけであり、現時点ではそうでないと証明することはできません。彼は、ワロワ・ホイットマン国有森林付近の大まかな位置など、直ちに作戦を開始するのに十分な情報を提供した。彼は時間が短い、子供たちはすぐに移動するだろうと言いました」と我々の情報筋は語った。



第5特殊部隊グループ司令官ブレント・リンデメン大佐は、スミス大将が命を狙う事件を受けて調査研究を受けている間、ホワイトハットの活動を監督しており、海軍特殊戦司令部(USNSWC)の同盟者たちと話し合い、シールズチームがこの主張を迅速に調査できるかどうか尋ねた。 、脅威を無力化し、子供たちがそこにいた場合は救出します。USNSWCは、その夜には地面にブーツを置くだろうと述べた。



時間は極めて重要であり、ヘリコプターを投入するには距離が長すぎるため、USNSWCはシールズがC-130に乗ってオレゴン州に移動し、危険な高高度低開口部(HALO)で3キロメートルの危険な地形にジャンプすることを決定した。トンネルから。その後、彼らは脅威を打ち破り、陣地を確保し、地上からの援軍が子供たちを逃亡するのを待ちます。


我々の情報筋によると、シールズ隊員は22,500フィートから飛び降り、指定された区域内に安全に着陸したという。彼らはシュートを収納し、戦闘に備えて武装した。彼らは丘陵地帯や岩が露出した場所を駆け抜け、戦術的なペースに減速し、暗視ゴーグルで周囲を監視しながら座標とされる場所に近づいた。



彼らは洞窟の入り口を発見し、その横にモジュール式のオフィス用トレーラーと3台のランドローバーが駐車されていた。シールズチームの半数がトレーラーを取り囲むと、くぐもった声が聞こえ、トンネルから黒い戦術服を着た男が現れた。シールズ隊員が旋回し、サイレンサーを備えたAK36アサルトカービン銃を発砲し、男性の頭に2発命中した。彼は倒れて死んでしまった。シールズはトレーラーを急襲する準備ができていたが、そのときトレーラーの中から発せられる、紛れもない子供の悲鳴が聞こえた。



シールズ隊員はライフルの尻で窓を割り、割れたガラスにフラッシュバン手榴弾を打ち込んだ。2人のシールズ隊員がドアを蹴破ってトレーラーに乗り込み、膝をついて耳を手で覆った4人を選択的にはぎ取った。彼らは、ズボンを腰の下まで引っ張られ、性器が露出した少年を殴るのを避けた。震える子供はズボンを引き上げ、膝をついて隅にうずくまった。彼は約10歳で、シールズは彼を救うために来たと彼に保証した。少年の震える声は、さらに13人の子供とさらに4人の誘拐犯が地下にいるとシールズに告げた。シールズは、洞窟口で撃墜した男が4人のうちの1人であると判断し、残りの3人が子供たちを守った。



死亡した男性のベルトに留められていたラジオがパチパチと音を立てた。「ビル、救援はいつ来るの?彼らはもうここにいるだろうと思った。彼らは遅れていますか?と声がした。


シールズチームの司令官は、応答する声がビルのものではないことに話者が気づいていた可能性があるため、電話に応答する際に大きなリスクを負った。"少し遅れて; ただ待機してください」とシールズのリーダーは答えた。



それから彼は衛星電話でUSNSWCに電話し、敵の増援が間もなく到着するため計画を修正する必要があると述べた。撤退を待つ代わりに、ランドローバー1台につき1人のシールズが乗務し、子どもたちを最寄りの都市オレゴン州ユニオンまで車で送って撤退を待つことになる。残りのシールズは規模も強さも未知数の部隊と戦う代わりに、徒歩でAOを離れることになるだろう。



シールズ隊員は傾斜したトンネルに入り、暗視装置を外した。トンネルは、けたたましいディーゼル発電機によって駆動される一連のライトで照らされており、彼らの足音を隠していたからである。その底には、この記事の冒頭で説明したような子供たちと、肩にライフルを担いだ3人の警備員が見えました。シールズはさらに閃光弾を放ち、警備員を気絶させて、武器を放つ前に突撃して殺害した。


彼らは死んだ警備員から拘束具の鍵を見つけ、子供たちを解放した。子供たちは全員アメリカ人で、流暢な英語を話した。シールズは死亡した男性のポケットをかき回したが、誰も財布や身分証明書を持っていなかった。トンネルから急いで出た後、シールズは子供たちを3台のランドローバーに押し込み、最終的にユニオンにつながる狭い未舗装の道路に沿ってその地域から猛スピードで出発した。



シールズチームの残りのメンバーはDNA分析のために死者から髪の毛と皮膚の削り取りを収集し、敵のバックアップが到着する前に撤退した。



「子供たちは安全です。彼らはまあまあ健康です。打撲傷、打撲傷、擦り傷などはありましたが、多少の脱水症状を除けば、命に関わるものは何もありませんでした。私たちは彼らを特定し、家に連れて帰ることができるようにしています。これらの不快で病気のペドについては、私たちは彼らの身元を特定したいと考えています。私たちが懸念しているのは、こうした小さな巣窟が全国各地に存在する可能性があるということです。少なくとも可哀想な子供たちはすぐに両親のもとに戻るだろう」と情報筋は語った。